トラブルが続出するも総延長830kmの厳しい行程を粛々とクリア! 日野チーム累積総合順位は16位に浮上【ダカールラリー2022】

トラブルが続出するも830kmの厳しい行程を粛々とクリア! 日野チーム累積総合順位は16位に浮上【ダカールラリー2022】

 今日のSS含めた総移動距離は830kmというから、東京から愛媛県松山市よりさらに遠く、今大会最長だ。

 日野チームスガワラは、ターボのブースト圧が上がらない、ゴール手前でパンクするなどのトラブルもあったが、粛々とコースをクリアし、累積順位も16位に浮上した。

 ダカールラリー2022も今日明日が正念場。さらなる高みを目指してHINO600シリーズが走る!

文/フルロード編集部・日野自動車・多賀まりお 写真/日野自動車・ASO

【画像ギャラリー】後半戦2日目は総移動距離830kmの今大会最長コースに挑んだ日野チームスガワラ。累積順位はさらにポジションアップだ!(9枚)画像ギャラリー

後半戦2日目は山間地が舞台

ステージ8は山間地の砂地が舞台。難しい砂丘郡も登場した。写真の車両はリヴァルドダカールチームのルノーC460ハイブリッド。同じハイブリッド車としても日野チームスガワラは負けられない

 後半戦の2日目の行程はアル・ダワディミ~ワディ・アド・ダワシール。途中の山間地で394kmの競技が行なわれた。

 ハイブリッドシステムを搭載した日野チームスガワラのHINO600シリーズは健闘してトラック部門18位で無事ゴール。この日までの累積順位を総合16位に高めて好調ぶりをアピールした。

 ダカール2022の後半戦は中南部に向かい、ルブアルハリ砂漠の北端部にあたるワディ・アド・ダワシール周辺の砂漠が山場と予想される。

 この日のSS(競技区間)はその手前、アル・ダワディミから166.45kmのリエゾン(移動区間)で移動してきた西南部の山間地が舞台となったが、前日に引き続き砂は柔らかく、埃も酷い中での厳しい戦いとなった。

この日も1〜4位を独占する圧倒的強さを見せたロシアのカマズチーム

今大会最長の830kmを粛々と走破!

 標高1000mほどの山間地からSSがスタート。路面は序盤から砂地で小さい砂丘も登場。砂は柔らかく、その後も難易度の高い砂丘が続いた。中盤以降は谷とワジ(枯れ川)の繰り返し。最後はトライアルのような岩場を登ってゴールに到達した。

 SSのゴール後もワディ・アド・ダワシールのビバーク地まで268.94kmのリエゾンがあり、総延長は830.29kmと今大会中最長のステージとなった。

HINO600はブースト圧が上がらないトラブルを抱えながらも、なんとか18位でフィニッシュ

 菅原照仁/染宮弘和/望月裕司組のHINO600シリーズは、ターボのブースト圧が思うように上がらない症状を抱えながらこの日のSSを走行。途中砂丘の頂きで亀の子になりかける場面もあったが、3人が協力して短時間で脱出に成功した。

 ゴール手前約20km地点では右後輪がパンクするなどトラブルもあったが、トラック部門18位の成績で走り終え、累積順位を16位まで高めることに成功した。

 明11日はワディ・アド・ダワシールを基点とするループコースで競技が予定されている。

埃の酷いステージから戻り、整備されるHINO600シリーズ

次ページは : 日野チームのメンバーのコメント

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ