天翔けるホンダの翼が累計200機達成! ホンダジェットの凄さとビジネスとしての着地点を探る!!


 ホンダの航空機事業子会社が販売している小型ジェット機「ホンダジェット」の躍進が止まらない。

 小型ジェットは開発や認証等で多額のコストがかかる。市販化寸前で開発を凍結した企業も存在することからも、この事業がビジネスとして難しいことは容易に想像がつく。

 そんななか、ホンダジェットは2021年、累計200機目となる機体を納め、小型ジェット機部門売り上げで5年連続世界ナンバーワンとなった。

 なぜホンダジェットは着実に成長できているのか? そして今後の展望は? 多くは語られることのないホンダジェットのビジネスについて考察する。

文/国沢光宏写真/ホンダ

【画像ギャラリー】飛行中の様子から豪華な機内の様子まで! ホンダジェットをギャラリーでチェック!(16枚)画像ギャラリー

■5年連続小型ビジネスジェットナンバーワンの売り上げ!

 ホンダジェットが快進撃を続けている。

 2021年12月に200機目を納機。2021年は12月16日までに28機を販売し、小型ビジネスジェットで5年連続世界ナンバーワンの売れゆきとなった。こうなると興味深いのが「利益を上げているのか?」という点。

 航空機やジェットエンジンの開発には巨額の費用と歳月を必要とする。三菱MRJなど予算高騰で開発を凍結したほど。果たして何機くらい販売すればいいのか?

200機目となったホンダジェットエリートSの様子

 結論から書くと「社外秘のため不明」というツマらないことになるのだけれど、航空機産業の場合、一般的に400~500機くらいから黒字に転じると言われている。

 ホンダジェットも藤野道格(みちまさ)社長によれば「2019年あたりから年産80~100機を生産し、5年で黒字化する」。実際は新型コロナ禍などの影響で2020年以降の生産台数が伸びなかった。ということから黒字化はしていないだろう。

■ホンダジェットにライバルはいるのか?

 黒字化を急ごうとするなら、現在の2倍ペースの生産規模として3年。2025年くらいになると思う。では厳しい状況かと聞かれたら、即座に「いいえ」と答えておく。

 ホンダジェット、バックオーダーが依然多いうえ、ライバルの登場もなさそう。参考までに書いておくと、ホンダジェットよりさらに小さいクラスには「ビジョン・ジェット」という魅力的な機体があります。

 ビジョン・ジェットはコスパの高い単発エンジンで、航続距離1830km(ホンダジェットの場合は2661km)。最大巡航高度や速度などプロペラ機とジェット機の中間程度。緊急事態に備え、飛行機全体をパラシュートで軟着陸させるという画期的な安全システムを標準装備している。

 この機体が性能向上を目指すと厳しいかもしれないけれど、単発エンジンのままじゃ難しいだろう。

次ページは : ■ホンダジェット飛躍の秘策は新型機にアリ!?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ