超激戦区へホンダが新たな刺客投入!!! ヴェゼルとCR-Vの中間に位置する新型SUV年内登場

超激戦区にホンダが刺客を放つ!!! ヴェゼルとCR-Vの中間に位置する新型SUV今秋登場

 1月11日公開の記事「ノア&ヴォクシーが来る! エクストレイルが来る!! フェアレディZが来る!!! 2022年上半期登場の新型車たち」では、ホンダにサイズ的にはヴェゼルの「下」となる完全新規のSUVが控えていることを報じたが、なんともう1台あった!

 こちらのサイズはヴェゼルとCR-Vの中間に位置するもので、今年秋から年内の登場が見込まれるという。

 一方で、CR-Vについては2022年中の生産終了が報じられている。そうなると今年終わりには上記で報じた「ヴェゼルよりも小さいSUV」と合わせてホンダに3車種のSUVがラインアップされることになるのだが、果たして!!?

●ノア&ヴォクシーが来る! エクストレイルが来る!! フェアレディZが来る!!! 2022年上半期登場の新型車たち

※本稿は2022年1月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年2月10日号

【画像ギャラリー】ホンダのSUVラインナップ、新SUVのライバルたちをギャラリーでチェック!(15枚)画像ギャラリー

■年内生産終了とされるCR-Vの受け皿となる?

 今回お伝えするホンダ新型SUVは、クラス、サイズ的にはヴェゼルとCR-Vの間を埋めるミドルSUV。今年秋頃〜2022年内のデビューが予定されているという。

 デザインはBMWのEVである「iX」のようなイメージという目撃談があり、パッと見た時のインパクトはかなりのものとのこと。

こちらは1月11日公開の記事でお伝えした、今年上半期の登場が見込まれる新型SUV。サイズは全長4100×全幅1695×全高1600mm程度で、ヴェゼルの「下」となるスモールSUVだ(画像はベストカー編集部による予想CG)
こちらはBMWのEV SUV「iX」

 ただし、このホンダSUVはEVではなくエンジン車で、現行シビックをベースに開発されているという。

 シビックは1.5Lガソリンターボだが、今年の5月にはストロングハイブリッドの「e:HEV」が加わることになっているから、この新型SUVもいずれそうなるはず。

 上質な内装と優れた走行性能でライバル多数のミドルSUVのなかで存在感を発揮する。

BMWの電気SUV「iX」を彷彿とさせるデザインとの目撃情報があるホンダの新型SUV。現行シビックがベースのCセグメントSUVとなる(画像はベストカー編集部による予想CG)

 ハイブリッドにもアドベンチャーグレードを追加したRAV4、今年4月にフルモデルチェンジ予定のエクストレイル、そして、改良モデルが登場した直後のCX-5あたりがライバルとなるホンダの新型SUV。

 価格しだいではヴェゼル並みに売れそうだ…!!!

お伝えした2モデルとヴェゼル、CR-Vを上からサイズの小さい順に並べてみたもの。今年の終わり頃にはサイズを絞った3車種のホンダSUVラインナップが完成される?
【画像ギャラリー】ホンダのSUVラインナップ、新SUVのライバルたちをギャラリーでチェック!(15枚)画像ギャラリー