ルノー初のストロングハイブリッドはクーペSUVに! アルカナが日本上陸!!

ルノー初のストロングハイブリッドはクーペSUVに! アルカナが日本上陸!!

 東京オートサロン2022に参考出品されたルノーの新型クーペSUV、「アルカナ」。その導入開始のカウントダウンを迎えた。アルカナはルノーの世界戦略車のひとつだが、クーペSUVやストロングハイブリッドなどの新たな魅力を武器とする新開発モデルとなっている。

 ずばり、ルノーが今まで獲得できていなかったハイブリッド車とスペシャルティカーのニーズ獲得を狙った野心的なモデルなのだ。そんな新型車「アルカナ」について紹介しよう。

文/大音安弘、写真/ルノー・ジャポン

【画像ギャラリー】カッコよくて経済的な新SUV! ルノーアルカナのポイントをチェック!!(15枚)画像ギャラリー

■フランス発お洒落でスポーティなクーペSUV

 ルノー・ジャポンは2022年2月24日、新型コンパクトクーペSUV、「アルカナ」を同年5月26日より発売することを発表した。右ハンドル仕様となり、価格は429万円だ。

ルノーの初となるクーペSUV、「アルカナ」の日本導入が発表された
ルノーの初となるクーペSUV、「アルカナ」の日本導入が発表された

 アルカナは、日産と共同開発したプラットフォーム「CMF-B」をベースとしたコンパクトなSUVだ。プラットフォームから推測すると、Bセグコンパクトを想像するが、このプラットフォームは、Cセグメントまでをカバーするもの。

 実際のボディサイズも全長4570×全幅1820×全高1580mmとなり、現行型日産エクストレイルに近い存在だ。しかも全長はややショートながら、ホイールベースが2720mmと、少しロングとなっているのもポイントだ。つまり、車室内の広さがしっかりと確保されていることを示している。

ルノースポールの由来のキャラクターを持つ「R.S.ライン」のみの展開だ
ルノースポールの由来のキャラクターを持つ「R.S.ライン」のみの展開だ

 スポーティなエクステリアは、SUVの機能とクーペの優雅さを兼ね備えた都市型クロスオーバーとしてデザインに仕上げられている。そのため、全高を抑えた流麗なルーフラインを備えながら、最低地上高200mmを確保。

 その躍動感にあふれたフロントマスクは、新世代ルノー車のアイコンであるCシェイプのランプデザインとF1から着想を得たというフロントブレードは、R.S.モデルとも共通するアルカナのアイコンだ。

 リアテールも、スポイラー内蔵デザインと水平基調のシャープなリアコンビネーションランプが安定感ある走りへの予感とクーペSUVにふさわしいクールなリヤビューを実現している。

■R.S.ラインデザインのコックピット

 インテリアは、ルノーのスポーツフラッグシップである「R.S.(ルノースポール)」由来のR.S.ラインデザインを取り入れたもの。ドライバーを中心にデザインされたダッシュボードとドアトリムには、カーボン調パネルとレッドラインのアクセントが備わり、スポーティな雰囲気を強調。

 レザーステアリングやレザー×スエード調のコンビシートなどがビジュアルと触感の両面で質感を高め、さらにシートベルトにもレッドステッチが施されている。

ドライバーを中心にデザインされたコックピット。R.S.ラインの特徴となるレッドラインなどの装飾がスポーティなキャラクターを際立たせる
ドライバーを中心にデザインされたコックピット。R.S.ラインの特徴となるレッドラインなどの装飾がスポーティなキャラクターを際立たせる

 ダッシュボード中央には、ドライバー側を向いた7インチのタッチスクリーンが備わり、スマートフォンをUSBポートに接続すると、Android AutoとApple CarPlayを介して、ナビゲーション機能などのスマホアプリを活用することが出来る。

 また、ホイールベースもしっかり確保されているため、キャビンも、Cセグメントカーにふさわしい広々した印象だ。

Cセグクラスとなるキャビンは、前後席間もゆとりがあり、広々している
Cセグクラスとなるキャビンは、前後席間もゆとりがあり、広々している

 ラゲッジスペースは、標準で480Lを確保。ラゲッジフロアは、2段式構造となっており、床下収納や荷室高さの調整、6:4分割可倒式リアシートによるラゲッジスペース拡大にも役立つ。

 さらに前後席のカップホルダーを完備し、快適なロングドライブが楽しめるように配慮されている。

次ページは : ■輸入車初となるストロングハイブリッド

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!