ルノー トゥインゴは個性が光るフレンチコンパクトだ!! これが最後のRRモデルか!?

これが最後のRRか!? ルノー トゥインゴは個性が光るフレンチコンパクトだ!!

 ダイムラーとの提携事業は株式売却後も継続するというルノー。しかし、ルノー車は日産車とのプラットフォームやパワートレーンの共用化が進められている。そのため、ルノーのエントリーモデルであるトゥインゴは、次期モデルでは現行モデルのようなスマートと姉妹車のRRレイアウトではなくなることも考えれる。

 リアエンジン&リア駆動という日本ではほかのコンパクトカーにはない個性が光るトゥインゴ。このRRレイアウトは現行モデルで最後となるのか?

 現行型トゥインゴの魅力、そして今後の動向に、モータージャーナリストの石川真禧照氏が迫った!

文/石川真禧照
写真/ルノー・ジャポン、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】EVにはしないの? ルノートゥインゴを画像で確認!


■トゥインゴはカングーと同じくらい人気の売れてるクルマ

 ルノーのスモールカー、トゥインゴは、現行モデルで3代目。2014年にフルチェンジし、日本では2016年から販売されている。

現行型トゥインゴ。コンパクトボディにRRレイアウトと、街中でバツグンの取り回し性を発揮する構成だ
写真のグレードはGT。2本出しマフラーがスポーティさをアピール

 販売のほうも好調で、「2020年の販売台数はカングーとほぼ同じ位」(ルノー・ジャポン広報)。カングーといえば日本のルノー車販売ではベストセラー。トゥインゴはそのカングーと同じ程度売れている人気車種ということになる。

 実際に2021年に入ってからだけでも2月に3種類のボディカラーが設定された「バイブス」、5月には装備を充実させた「インテンス」「インテンス キャンバストップ」、マニュアルミッションの「S」の3車種を発表している。

「S」は車両本体価格も189万円と、輸入車のなかでもっとも低価格なクルマでもあり、これも人気のポイントになっている。

■突然の暗雲

 しかし、2021年に入ってから、ショッキングな事件がおこったのだ。

 ルノーは日産と資本提携したあと、2010年にダイムラー(メルセデスベンツ)と業務提携している。この時は共同で車両開発するなどの計画があった。

 その時のひとつに次期スマートとトゥインゴという両社のスモールカーを共同で開発しようという動きがあった。スモールカーというのは開発コストがかかる割に、車両価格を高く設定できないので、利益幅が小さい。それを共同で開発することで、少しでも原価低減できれば、ということだった。

 2014年に発売された現行トゥインゴは、それまでのFF(フロントエンジン、前輪駆動)をやめ、RR(リアエンジン、後輪駆動)を採用した。これはスマートと同じ方式。ここでルノーとメルセデスの協業が実現した。

トゥインゴとエンジンやシャシーなどのベースを共用しているスマートフォーフォー。現在新車は購入できず、欧州ではスマートEQという電気自動車になって販売されている

 登場したトゥインゴは、ルノーのかつての名車「ルノー5(サンク)」をオマージュしたスタイリングや、初の4ドア+リアゲート付のコンセプトがユーザーに受け入れられた。

 順調にメルセデスとルノー日産連合の提携がスタートしたかに見えた。日産もスカイラインにメルセデス製のエンジンを搭載した。

 しかし、そこからあとは、ほとんど動きがなくなってしまった。2021年に入り、両社の提携は解消することが決まったのだ。

 そうなると気になるのはトゥインゴの将来だ。

次ページは : ■初代のスタイリングは「トゥデイ」リスペクト

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ