日産リーフが欧州でマイナーチェンジ! 日本は5月下旬発表! そして新型軽EVサクラは4月21日発表 5月13日発売決定!

日産リーフが欧州でマイナーチェンジ! 日本は5月下旬発表! そして新型軽EVサクラは4月21日発表 5月13日発売決定!

 欧州日産は2月23日、リーフのマイナーチェンジモデルを発表した。となれば、日本で販売されているリーフもマイナーチェンジされる可能性は高い。そして2022年春に発売予定の新型軽EVサクラの動向も気になる。

 今回は、マイナーチェンジ版リーフと、新型サクラについて、今わかっている情報すべてをお伝えしていこう。

文/遠藤 徹
写真/日産、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】登場は『葉桜』の季節か!? 欧州日産が発表したマイナーチェンジ版リーフと新型軽EVサクラ(20枚)画像ギャラリー

■欧州日産がマイナーチェンジしたリーフを日本でも発売

欧州日産で発表されたリーフのマイナーチェンジモデル
欧州日産で発表されたリーフのマイナーチェンジモデル

 日産は5月下旬にも主軸電気自動車「リーフ」をマイナーチェンジし、2022年6月下旬に発売する見通しである。また4月下旬には新型軽EV「サクラ」を発表、5月中旬に発売する予定となっている。

 リーフは欧州日産が2月23日にマイナーチェンジした2022年モデルを発表しており、マイナーチェンジする予定の日本仕様もほぼ同じ内容で仕立てるものと思われる。

 国内の日産販売店に3月上旬までに伝えられている情報は以下の通り。

 「今回のマイナーチェンジではフロントグリルのデザインやロゴの変更、ヘッドライトの形状はシャープになり、アルミホイールは新デザインを採用する。ボディカラーはモノトーンを中心に新色を追加するなどで再編する。

 パワーユニットなどのメカニズムの変更は基本的には行わない」となっている。これらによって約10万円の値上げとなる見込みである。見積書の作成が可能になるのは5月のゴールデンウイーク明けになる見通しである。

 従来モデルはすでにオーダーストップし、在庫一掃セールに入っており、好条件で買える状況にある。グレード、オプションパーツ、ボディカラーなどが次第に絞られつつある。

 3月いっぱいは決算セールの時期であるから大幅値引きによって格安で買えるのと、通常実質金利が4.9%のところを2.9%の特別低金利の残価設定クレジットを設定しており、最終の増販攻勢をかけているところである。

現行型日産 リーフ
現行型日産 リーフ

 現行2代目モデルは2017年9月6日に発表、2021年4月19日には一部改良したが、この時点は小幅の改良にとどめていた。今回はフロントマスクやアルミホイールのデザイン変更、カラーリングの再編などで、前回よりも手直しの内容は大幅となる。

 登録車のなかでは2022年2月の実績だとノート、セレナ、キックスに次いで4番の販売実績であるから、主軸モデルのひとつに名を連ねているといえる。

 2022年1~2月の登録累計は2831台で前年同期に比べて69.9%増と大幅な増加となっている。

 決算期に向けて2.5%の低金利残価設定クレジットの設定による買い得感や、カーボンニュートラルの流れの中でEV志向の強まり、下取り車がある場合最高10万円のキャッシュバックキャンペーンなどが後押ししていると思われる。

 現行モデルの商品ラインアップはすべて2WDでノーマル仕様のカタログモデルが航続距離570km(WLTCモード)で駆動用バッテリー62kwh3タイプ、322km、40kwh5タイプ、スポーツバージョンのニスモが40kwhのみ2タイプ、オーテックは62kwh、40kwh1タイプずつ、合わせて12グレードの構成となっている。

 このうち半分以上の売れ行きなのが40kwh仕様で占められる。航続距離の長い62kwh仕様の方が50万円以上も高く、安い40kwh仕様でも300km程度走れば実用的に十分と考えているユーザーが多いためと思われる。

 首都圏の日産店、日産プリンス店では通常のカタログモデルだと、まだ多くの在庫を抱えている店舗が目につく。ただ特別バージョンのニスモやオーテックシリーズはオーダーストップで売り切り、在庫がほとんどないケースが多い。

 首都圏にある日産店で現行モデルの売れ筋であるXVセレクション(車両本体価格410万7400円)に有料色のブリリアントホワイトパール、フロアマット、ETC、(ナビは標準装備)、プラスチックバイザー、ナンバープレートロック、ボディコート、ドライブレコーダーなど25万円強のオプション&付属品を付けてひいてももらうと、法定、法定外費用を含めて支払い合計金額460万円弱と出た。

 今購入すると下取り者なしで30万円以上の値引きが可能だが、マイナーチェンジ後になると約10万円値上がりした上に15万円程度に引き締まるという。

 これを頭金100万円で5年60回払いの残価設定クレジットを組むと、初回支払い金額4万8000円強、2回目以降毎月4万3000円強を支払い、最終支払い金額は94万円強になる。3月いっぱいは2.9%の特別低金利だが、4月以降になると4.9%の通常金利に戻るので、毎月の支払金額は1万円以上の増額になる見込みである。

次ページは : ■話題の軽自動車規格EV 名称は「サクラ」が有力か

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!