走る極上空間!! これぞ日本の旗艦ぜよ!! 新型センチュリー試乗

 21年ぶりのフルモデルチェンジとなったトヨタセンチュリー。まさに日本のフラッグシップとなる1台だけに、その注目度は非常に高い。

 日本唯一のV12を捨て、5L V8ハイブリッドとなった新型センチュリー。日本の”旗艦”としての存在感もムンムンな外観の評価は高いが、実際乗ってみてどうなのか?

 今回はなぜかハイヤー運転手に扮した自動車ジャーナリスト国沢親方が新型センチュリーに試乗します。

文:国沢光宏/写真:平野陽


■ハイブリッドユニットはどうだ!?

 21年ぶりのフルモデルチェンジを受けて6月22日に登場した新型センチュリーに初乗りです!! 前置きはなしにして、さっそく試乗といきましょう。

 運転席のドア開けてシートに座ると、あらら?  予想していたよりずっとタイトな感じ。悪い意味での「狭い」じゃなく、普通のクルマと同じようなドライビングポジションである。

センチュリーの走りは普通のトヨタ車とは当然ながら異なる。ハイブリッド搭載の新時代フラッグシップの真価は10年後に問われるはずだ

 スタートボタン押すと、一般的なハイブリッド車と同じように起動しスタンバイ完了。ワクワクしながらDレンジをセレクトしアクセル踏む。

 う〜ん!! ほかのトヨタ車と、まったく違う乗り心地ですね!! 重くてドッシリしたボディに、よく動くサスペンションを組み合わせた独特の味わい。

 動き出すと新幹線のような「タイヤの存在を感じさせない」乗り味だ。この方向の頂点はロールスロイスのファントムで、こらもう別格。

 新型センチュリーはファントムほどじゃないけれど、同じロールスロイスのゴーストと比べたら負けていない。

 遮音もバッチリ!! アクセル開度低い時は、エンジンが5m先で回っているような感じ(少し大ゲサ)。

 モーター走行からエンジン併用モードに切り替わる時だって滑らかだ。後で後席に座って判明したのだけれど、気づかないレベルだった。

 どれどれ、とアクセル全開加速してみたら、V8特有の「ぐもももも!」というビートを響かせダッシュを開始。やっぱVIPカーって性能も必要です。

狭いコースながらハンドリングも上々のよう。VIPを乗せるクルマだけに緊急回避性も求められる

 ハンドリングやいかに?  先代センチュリーは谷田部のテストコースで豪快にカウンターあてて走らせたほど優れた限界特性を持っていた。

 残念ながら今日の試乗コース、狭いためチェック不可能。それでも味見程度にクルマを揺すってみたら、なかなかよさそうです。

 接着構造を取り入れたボディはドッシリしており剛性感高い。聞けば豊田章男社長もGRを作ったら自分で乗りたいと言ってるらしい。

■肝心要の後部座席は超極上!!

 運転席のインプレはこのあたりにして、センチュリーで最も大切な後席を試してみましょう。

 座り心地だけれど、トヨタが気合いを入れて開発したのはふかふかのモケット。なんで革じゃないのか、と思う人もいるだろうけれど、センチュリーの哲学かと。

 始祖は馬車。ムカシ、運転手に相当する御者はムチを振るうため、オープンだった。ビニールがなかった当時、雨に最も強い素材は革です。

 よって御者のシートは革。主人はキャビンの中に座り、当時最も高価な素材だったモケットのシート。

 そんなことから、ムカシの高級車の文法だとモケットが上等です。といったウンチクをよく聞く。されど今やファントムだって革シート。

身長183cmの国沢氏でも快適な後部座席。レクサスLSではこうはいかない部分だ

 高級車の本場は伝統じゃなく「その時に最も高価な素材」を重視するのだった。センチュリーの革も座ってみたが、よい。オーナーの好みで決めればよろしい。

 居住性は「超快適!」という文字が一番似合うと思う。絶対的な広さで比べたらアルファードに勝てないものの、人間の身体の大きさなんて決まっている。

 レッグスペースに30cm余裕あっても、30cmの頭上空間あっても意味ないと私は考えます。それより「空間そのものの質感」でしょう。

 なんせクルマ全体の動きからして優雅。「誰が乗ってるんだろう?」という視線も受けるからお行儀よくなる。

 いろんな意味で別格だと思う。1960万円という価格に関しては格別の印象なし。それより高価なクルマだって私ら普通に乗りますから。

 けれど我が国だとセンチュリーというクルマに強い記号性がある。考えてみたら従来型センチュリーのリアシート、数えられる程度しか乗っていない。

 新しいセンチュリーもこれから先、何度か乗る程度かと。いやいや楽しい時間を過ごせました。

 おっと書き遅れました。オーディオに凝ったということで自分のCD持ち込んで鳴らしたところ、こいつが素晴らしい!! レクサスのマークレビンソンを相手にしないです。というかLSだって安いクルマじゃない。

 センチュリーの8割くらいでいいから頑張ってほしい。アコースティックな楽器からシンセサイザーの音まで、バッチリ鳴ります。ぜひお試しを!!

最新号

ベストカー最新号

総勢40台超! 誌上モーターショー2018 ベストカー11月10日号

 2018年10月10日、「ベストカー」最新号(11/10号)が発売。今号は誌上モーターショー2018と題し、イタルデザインが手がけ日本初公開となった「GT-R 50 by italdesign」の生写真、そして国産8メーカーの今後世に出る…

カタログ