最後のガソリン車ロータス「エミーラ」の4気筒モデルが受注開始へ


 ロータス最後のガソリンエンジン車となるミドシップスポーツカー「エミーラ」が東京オートサロン2022で日本初公開され、スポーツカーファンの間で大きな話題となったことは記憶に新しい。先行して受注が開始されていたV6モデルに続き、直列4気筒モデルの正式オーダーが開始された。

 エミーラの導入初期モデルとなる「ファーストエディション」の仕様や価格などの最新情報に加え、V6と直4モデルの違いについてもお伝えしよう。

文/大音安弘、写真/エルシーアイ

【画像ギャラリー】ロータス「エミーラ ファーストエディション」の特徴(9枚)画像ギャラリー

■エンジン車のロータス最後を飾るエミーラに新仕様を追加

 ロータスカーズ日本正規販売輸入総代理店であるエルシーアイは2022年4月22日、ロータス エミーラファーストエディションの受注開始を発表した。同モデルは、新型車であるエミーラに、さまざまなオプションパックを標準化した特別仕様車で、すでに先行して受注を受け付けているV6エンジン搭載モデルの「エミーラV6ファーストエディション」に続く、第2弾の直列4気筒モデル特別仕様車だ。

■侮れない新4気筒のパワートレーン

 まずは先行するV6モデルと直列4気筒モデルの違いを説明しよう。V6エンジンは、ロータスがエキシージとエヴォーラで磨き上げてきたトヨタ製3.5L V6DOHCスーパーチャージャーエンジンを搭載。

 最高出力408ps/6800rpmを発揮。最大トルクは、トランスミッションにより異なり、6速MTが420Nm、オプションの6速ATを選択すると、430Nmに。発生回転数は、ともに2700~6700rpmとなる。

 対する新4気筒エンジンも、ただものではない。なんとメルセデスAMG製のM139エンジンを採用。メルセデスAMGのコンパクトモデル45シリーズのための特別な2L直列4気筒ターボエンジンだが、その特注バージョンなのだ。

 注目のスペックは、最高出力365ps/7200rpm、最大トルク430Nm/3000~5500rpmを発揮する。特筆すべきは、トランスミッションで、ロータス初の8速DCTを搭載している。

 もちろん、ギアシフト設定は、ロータス独自のもので、エキゾーストシステムなど、ロータスによるエミーラ専用のものが作り上げられている。

 注目すべきは、V6と直4の性能差だろう。最高出力は、V6が圧倒的に大きいが、最大トルクは同等を示している。この場合、やはり、記録を比べるほうがわかりやすい。0-100km/h加速は、V6(MT)が4.3秒、V6(AT)が4.2秒だが、なんと直4(DCT)も4.2秒を記録。

 最高速度については、V6が288km/hに対して、直4が283km/hと拮抗する。車両重量では、直4モデルのほうが、53㎏軽いのも効果的なのだろう。ロータスがその魅力を知り尽くしたV6エンジンとAMGによる世界最強の2L直4エンジンは、好みで選んで問題なしといえそうだ。

直4モデルの心臓は、メルセデスAMG製に。イギリスとドイツのコラボは、かなり刺激的になりそうだ

■メカニズムや構造はまったく同じ

 パワートレーン以外の基本的な構造は共通で、ロータスが得意とするオールアルミモノコックシャシーに、ボディはオールグラスファイバーボディ(GFRP)を組み合わせる。前後サスペンションは、ダブルウィッシュボーン式で、ビルシュタイン製ダンパーとアイバッハ製コイルスプリングを組み合わせる。

 ブレーキシステムは、APレーシング製4ポッドアルミ合金キャリパーと2ピースクロスドリルドベンチレーテッドディスクのコンビで、フロント370mm、リア350mmのディスクサイズとなる。

 タイヤサイズは、フロント245/35R20、リア295/30R20となる点も共通だ。但し、装備の一部は、ファーストエディションの特別仕様に起因するものだ。

次ページは : ■装備満載のファーストエディション

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ