ロータスのスポーツカーが生産終了「エリーゼ、エキシージ、エヴォーラの功績を称える」


 2021年、イギリスを拠点とするスポーツカーメーカー・ロータスが、エリーゼ、エキシージ、エヴォーラ、3車種の生産終了を発表した。

 最後のガソリンエンジンモデル「エミーラ」と、初のフル電動ハイパーカー「エヴァイヤ」の発売の準備が整ったからだとしているが、生産終了の発表以降3車種の販売台数は急増、過去最高を次々と更新するなど、その人気のほどを見せつけている。

 今回はそんなエリーゼ、エキシージ、エヴォーラ、3車種の歴史を踏まえながら、日本のメーカーとも縁深いロータス26年の歴史を振り返る。

文/石川真禧照、写真/ロータス

【画像ギャラリー】ニューモデル「エミーラ」「エヴァイヤ」の姿も! ロータスの歴史をギャラリーで振り返る(26枚)画像ギャラリー

■ロータス誕生から現在までを振り返る

 昨年末、英国のスポーツカーメーカー、ロータスが自社製スポーツカー、3車種の生産を打ち切った。

 理由はロータスが2022年以降に発売する新型車の準備が整ったからだが、生産を終了した3車種への人気はまだまだ高く、ロータスが生産中止を発表した2020年から、販売台数は急増。過去最高を次々と更新するほどだった。

 その3車種とは、エリーゼ、エキシージ、エヴォーラ。日本でも人気がある車種たちだ。ちなみに、ロータスにとって日本市場はアメリカに次ぐ、2番目に大きい市場だ。

 ロータスカーズ自体も日本とは関係が深かった。ロータス誕生から最新モデルまでを振り返りながら、改めてその魅力を探ってみた。

■レースで実力を認められ公道を走るスポーツカーを生産

 ロータスは英国の天才技術者であり、商売人でもあったコーリン・チャップマンが1949年に第1号車を作ったことから始まった。

 当時は既存のファミリーカーを改造し、レーシングカーに作りかえ、レースに出場していた。やがてその実力が認められ、ロータスの名が知られることとなった。

 公道を走るスポーツカーを生産しはじめたのは1957年のこと。1955年に正式に英国の自動車製造社として認められ、本格的に市販スポーツカーの販売に乗り出した。

 この時に開発したのが、ロータスセブンとエリートだった。セブンはオープンホイールで、組み立てキットとしても販売された。

 このスポーツカーはロータスが生産を中止したのちも、その生産設備を受け継いだケータハムやドンカーブートなどがレプリカモデルを作り続けている。

 もう一車種のエリートは、FRPでボディ一体構造にしたクーペだった。

 この2車種はスポーツカーファンの間では評判になったが、生産性がよくないことで、商売としては成功しなかった。

■成功、創業者急死による迷走 日本との関係

商売として初めて成功したロータスエランは日本車にも大きな影響を与えた。エランは年間1万2000台売れるほどの人気であったが創業者の死後、迷走して経営母体が次々に変わった

 商売として成功したのは、1962年に発表されたエランだった。2シーター、リトラクタブルヘッドライトのクーペ/コンバーチブルは、のちの日本製スポーツカーにも影響を与えた。

 トヨタ2000GTはエランが開発したX字型のバックボーンフレームシャシーを参考にした。マツダロードスターは、ライトウェイトスポーツコンセプトを採り入れている。

 エランはレースでも活躍し、1973年までに年間に1万2000台以上が販売された。

 しかし、1980年代に創業者のC・チャプマンが急死したことで、ロータスは迷走する。

 この頃に日本との関係が生まれる。チャプマンが死去する10年ほど前に、ロータスはトヨタと資本関係を結んだのだ。セリカXXの開発にはロータスからの技術提供も行われ、CMにはチャプマン自らも出演している。

 トヨタとの関係はこの時から続いている。生産車ではエクラ、エクセルという高級志向のスポーツカー路線に進出した時、そのパワーユニットは、トヨタ製ZGR-FE型のV6、3.5Lエンジンを搭載していた。

 しかし、この高級路線は成功しなかった。ロータスは次々に経営母体が変わった。

次ページは : ■エリーゼの登場

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ