WRX S4 STIスポーツ本日発表!やっと来た! 豪華でアシのいい奴!


■フロントサスにビルシュタイン製ダンプマティックⅡ搭載

レヴォーグSTIスポーツやS208に採用されている可変ダンパー、ビルシュタイン製フロント倒立式ダンパー。リアはSTIチューニングのビルシュタイン製ダンパーを装着している

上質な乗り心地と俊敏なハンドリングを両立させた立役者はやはり足回りだ。フロントには2つのバルブでオイル流量をコントロールするビルシュタイン製ダンプマティックⅡ(倒立式)、リアにはSTIチューニングによるビルシュタイン製ダンパー採用している。

通常走行時には減衰力を低減させることで快適な乗り心地を確保し、ハードなコーナリング時など、大きな入力があった場合には減衰力を高めることで車両の無駄な動きを抑え、安定したコーナリングを可能にしたという。

具体的な効能は、まずフロントのダンプマティックⅡと、ステアリング取り付け部の剛性アップを狙って装着されたステアリングギアボックス・クランプ・スティナーによって、ハンドルを切り増した時の回答性が10%アップし、操舵を繰り返しても車両の挙動が破綻しにくくなり、18mスラロームでは通貨平均速度が1%向上した。

さらにSTIチューニングによるコイルスプリングと合わせると走りの性能は格段に向上。段差を乗り越えた時の入力が小さく、ハーシュネスが10%低減したほか、荒れた路面のアウトバーンA5を140km/hを走行時のピッチレートは13%も低減しており、ドライバーの目線の変化が小さかったという。

また100km/h走行時に車線変更してもロール率は15%低減していおり、急な姿勢変化を要する車線変更でもロールが小さくグラつかない走行安定性を実現している。

STI による専用チューニングをフロント&リアのコイルスプ リングに実施し、操縦安定性と乗り心地を向上させている。 さらにSTI ロゴを追加し、STIを象徴するチェリーレッド塗装仕上げとすることで特別感を演出

ステアリングの取り付け剛性を高めるために装着されたステアリングギアボックス・クランプ・スティフナー

■ボルドーとブラックでコーディネートした専用インテリア

RECARO社製のフロントシートを装備。本革(ボルドー色)、ウルトラスウェード(ブラック色)、レッドステッチ+STI RECAROロゴ入り)

インテリアはボルドーの本革とウルトラスウェードを組み合わせたRECARO社製フロントシートやSTIロゴ入りのマルチインフォーメーションディスプレイ付きルミネセントメーター、ステンレス製サイドシルプレート、レッドステッチ入りステアリングホイールを装備。

触感の良いレザーや各部のステッチなど仕立てのいいインテリアに仕上げられており、STIスポーツならでは心地よい上質な空間を演出している。

ボルドーとブラックでコーディネートしたSTIスポーツ専用の上質なインテリア

レッドステッチ、ハイグロスベゼル+高触感革を採用した本革巻きステアリング

次ページは : ■走りだけでなく総合安全性能も抜かりはなし

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ