やっと来た! 豪華でアシのいい奴!WRX S4 STIスポーツ本日発表!

  スバルとSTIがコラボレーションした最上級のカタログモデル、STIスポーツがWRX S4に加わった。正式発表は2018年9月3日、9月21日から発売される。

 このSTIスポーツ、現在レヴォーグとBRZにラインアップされているが、レヴォーグに追加された時には

全体の販売に占めるSTIスポーツの割合が高額にもかかわらず4割を占めたほどの人気グレードだった。

 さて、WRX S4に追加されたSTIスポーツの中身はどうなのか? ディーラーに配られている販促マニュアルを入手したので、それをもとに解説していこう!

文/ベストカーWeb編集部小野正樹

写真/ベストカーWeb編集部


■ハンドリングと乗り心地をワンランク引き上げた最上級グレード

STI専用パーツにより、さりげない上質感で大人のスポーツセダンを表現している

 S4 STIスポーツはカタログモデルの最上級グレードとして、スバルとSTIが共同開発したもの。大きなポイントは3つある。

 1つは質感の高い内外装と上級装備を採用したこと。エクステリアは、過激なスポーティさではなく、あくまでも大人のスポーツセダンとしてのさりげなさをイメージし、ドアミラー、トランクリップスポイラー、サイドガーニッシュなどをブラックカラード化。

 さらにフロントグリルをダークメタル塗装とし、外観上でほかのグレードとの最大の判別点となる245/40R18タイヤ&18インチ×8.5Jのダークグレーメタリック塗装のアルミホイールを装着している。

あまり目立ちたくない人にとってはピッタリ。羊の皮を被った狼的な感覚で乗れる

ダークグレーメタリック塗装の8.5J×18インチのアルミホール

■上質な乗り心地と俊敏なハンドリングを両立!

車体の動きが小さく思い通りに走れるクルマを目指した。例えば高速道路で車線変更をしてもロールが小さくぐらつかない(100km/h車線変更時のピーク時のロール率15%低減)。荒れた路面を高速で走ってもドライバーの目線の変化が小さいピッチング特性(A5路面140km/h走行時のピッチレートは13%低減)など細部まで走りの質にこだわっている

 2つめは、フラットでダンピングの聞いた上質な乗り心地と、俊敏かつしっかりとしたハンドリングを実現したことだ。「走りの愉しさと上質さのトータルコーディネート」をテーマに、サスペンションのダンバーやコイルスプリング、ステアリングギアボックス・クランプスティフナーなどの専用パーツを採用し、STIがチューニングした結果、サスペンションのストロークが小さな領域でも路面からの入力を緩和することで、走りの上質さを実現。さらに操舵の応答性を向上させることで、上質な乗り心地と走りの愉しさをさらに高い次元で両立させたという。

 具体的にはステアリングを切り始めてからノーズが回答を始めるまでの「ヨー応答時間」とリアが動いて横Gが立ち上がるまでの「横G応答時間」を大幅に短縮させ、WRXシリーズが実現する意のままの走りを高いレベルにまで引き上げたという。

ハンドリング性能のチャート表。WRX S4 STIスポーツはベースのS4 GT-Sからさらに高いレベルにまで引き上げられているのがわかる

■フロントサスにビルシュタイン製ダンプマティックⅡ搭載

レヴォーグSTIスポーツやS208に採用されている可変ダンパー、ビルシュタイン製フロント倒立式ダンパー。リアはSTIチューニングのビルシュタイン製ダンパーを装着している

 上質な乗り心地と俊敏なハンドリングを両立させた立役者はやはり足回りだ。フロントには2つのバルブでオイル流量をコントロールするビルシュタイン製ダンプマティックⅡ(倒立式)、リアにはSTIチューニングによるビルシュタイン製ダンパー採用している。

 通常走行時には減衰力を低減させることで快適な乗り心地を確保し、ハードなコーナリング時など、大きな入力があった場合には減衰力を高めることで車両の無駄な動きを抑え、安定したコーナリングを可能にしたという。

 具体的な効能は、まずフロントのダンプマティックⅡと、ステアリング取り付け部の剛性アップを狙って装着されたステアリングギアボックス・クランプ・スティナーによって、ハンドルを切り増した時の回答性が10%アップし、操舵を繰り返しても車両の挙動が破綻しにくくなり、18mスラロームでは通貨平均速度が1%向上した。

 さらにSTIチューニングによるコイルスプリングと合わせると走りの性能は格段に向上。段差を乗り越えた時の入力が小さく、ハーシュネスが10%低減したほか、荒れた路面のアウトバーンA5を140km/hを走行時のピッチレートは13%も低減しており、ドライバーの目線の変化が小さかったという。

 また100km/h走行時に車線変更してもロール率は15%低減していおり、急な姿勢変化を要する車線変更でもロールが小さくグラつかない走行安定性を実現している。

STI による専用チューニングをフロント&リアのコイルスプ リングに実施し、操縦安定性と乗り心地を向上させている。 さらにSTI ロゴを追加し、STIを象徴するチェリーレッド塗装仕上げとすることで特別感を演出

ステアリングの取り付け剛性を高めるために装着されたステアリングギアボックス・クランプ・スティフナー

■ボルドーとブラックでコーディネートした専用インテリア

RECARO社製のフロントシートを装備。本革(ボルドー色)、ウルトラスウェード(ブラック色)、レッドステッチ+STI RECAROロゴ入り)

 インテリアはボルドーの本革とウルトラスウェードを組み合わせたRECARO社製フロントシートやSTIロゴ入りのマルチインフォーメーションディスプレイ付きルミネセントメーター、ステンレス製サイドシルプレート、レッドステッチ入りステアリングホイールを装備。

 触感の良いレザーや各部のステッチなど仕立てのいいインテリアに仕上げられており、STIスポーツならでは心地よい上質な空間を演出している。

ボルドーとブラックでコーディネートしたSTIスポーツ専用の上質なインテリア

レッドステッチ、ハイグロスベゼル+高触感革を採用した本革巻きステアリング

■走りだけでなく総合安全性能も抜かりはなし

 3つめのポイントは、俊敏なハンドリングと上質な乗り心地と上質なインテリアだけでなく、スバルのカタログモデルだけに、総合安全性能も手を抜いていないこと。アイサイトツーリングアシストをはじめ、衝突安全性はJNCAP新5星のトップレベルを確保している。

■価格は2.0GT-Sから35万6400円高の409万3200円

WRX STIスポーツの価格は409万3200円。WRX S4  2.0GT-Sの本革シート装着車から30万2400円高。373万6800円の2.0GT-Sアイサイトから35万6400円高

 価格はベースとなった2.0GT-Sアイサイトから35万6400円高の409万3200円。400万オーバーかと思ってしまうが、内容を考えるとお買い得な価格設定といえるだろう。レヴォーグSTIスポーツを路面の荒れた首都高速で試乗したことがあったが、段差を乗り越える際、「タ、タン」とすぐに収束。とにかくアシがよく動き、欧州車に近い味付けで感心したのを思い出した。

 まだ試乗していないので走りの内容については言及を避けるが、レヴォーグとほぼ同じ上質な乗り心地で、半端ない操舵応答性……、想像しただけでも乗ってみたくなる。早く試乗してみたい!

【WRX S4 STI Sportの主な装備】

■足回り/メカニズム

245/40R18タイヤ&18インチ×8.5Jアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)

STIチューニング・ビルシュタイン製ダンパー&コイルスプリング(フロント:ダンプマティックⅡ、倒立式)

高剛性クランプスティフナー(左右)付き電動パワーステアリング

■エクステリア

STIスポーツ専用フロントグリル(ダークメタル塗装)

STIエンブレム付きサイドガーニッシュ(ブラックカラード)

STIエンブレム(フロント&リア)

ブラックカラードドアミラー

トランクリップスポイラー(ブラックカラード)

シャークフィンアンテナ(ブラックカラード)

■インテリア

本革巻きステアリング(レッドステッチ+高触感革+STIロゴ入りハイグロス

ブラック加飾パネル)

RECARO社製フロントシート(ブラック/ボルドー、レッドステッチ+STIロゴ入り)

STIロゴ入りステンレス製サイドシルプレート(フロント)

フェルト巻きフロント&リア大型ドアポケット(ボトルホルダー付き)

■ボディカラー

アイスシルバーメタリック/クリスタルホワイトパール(3万2400円高)、ダークグレーメタリック/クリスタルブラックシリカ/ピュアレッド/WRブルーパール

※価格は消費税抜き

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ