WRX S4 STIスポーツ発表!豪華でアシのいい奴の実力はいかに??


  スバルとSTIがコラボレーションした最上級のカタログモデル、STIスポーツがWRX S4に加わった。正式発表は2018年9月3日、9月21日から発売される。

このSTIスポーツ、現在レヴォーグとBRZにラインアップされているが、レヴォーグに追加された時には全体の販売に占めるSTIスポーツの割合が高額にもかかわらず4割を占めたほどの人気グレードだった。

さて、WRX S4に追加されたSTIスポーツの中身はどうなのか? ディーラーに配られている販促マニュアルを入手したので、それをもとに解説していこう!

文/ベストカーWeb編集部小野正樹
写真/ベストカーWeb編集部


■ハンドリングと乗り心地をワンランク引き上げた最上級グレード

STI専用パーツにより、さりげない上質感で大人のスポーツセダンを表現している

S4 STIスポーツはカタログモデルの最上級グレードとして、スバルとSTIが共同開発したもの。大きなポイントは3つある。

1つは質感の高い内外装と上級装備を採用したこと。エクステリアは、過激なスポーティさではなく、あくまでも大人のスポーツセダンとしてのさりげなさをイメージし、ドアミラー、トランクリップスポイラー、サイドガーニッシュなどをブラックカラード化。

さらにフロントグリルをダークメタル塗装とし、外観上でほかのグレードとの最大の判別点となる245/40R18タイヤ&18インチ×8.5Jのダークグレーメタリック塗装のアルミホイールを装着している。

あまり目立ちたくない人にとってはピッタリ。羊の皮を被った狼的な感覚で乗れる

ダークグレーメタリック塗装の8.5J×18インチのアルミホール

■上質な乗り心地と俊敏なハンドリングを両立!

車体の動きが小さく思い通りに走れるクルマを目指した。例えば高速道路で車線変更をしてもロールが小さくぐらつかない(100km/h車線変更時のピーク時のロール率15%低減)。荒れた路面を高速で走ってもドライバーの目線の変化が小さいピッチング特性(A5路面140km/h走行時のピッチレートは13%低減)など細部まで走りの質にこだわっている

2つめは、フラットでダンピングの聞いた上質な乗り心地と、俊敏かつしっかりとしたハンドリングを実現したことだ。「走りの愉しさと上質さのトータルコーディネート」をテーマに、サスペンションのダンバーやコイルスプリング、ステアリングギアボックス・クランプスティフナーなどの専用パーツを採用し、STIがチューニングした結果、サスペンションのストロークが小さな領域でも路面からの入力を緩和することで、走りの上質さを実現。さらに操舵の応答性を向上させることで、上質な乗り心地と走りの愉しさをさらに高い次元で両立させたという。

具体的にはステアリングを切り始めてからノーズが回答を始めるまでの「ヨー応答時間」とリアが動いて横Gが立ち上がるまでの「横G応答時間」を大幅に短縮させ、WRXシリーズが実現する意のままの走りを高いレベルにまで引き上げたという。

ハンドリング性能のチャート表。WRX S4 STIスポーツはベースのS4 GT-Sからさらに高いレベルにまで引き上げられているのがわかる

次ページは : ■フロントサスにビルシュタイン製ダンプマティックⅡ搭載