1960〜90年代 これぞ日本のお家芸 日本の名コンパクト5選

 コンパクトカー、時代によって少し見方が変わるのだろうけれど、まあ、排気量1L前後のエンジンを持ち、全長4m前後、といったようなところだろうか。

 「Bセグメント以下」などというよりも、クルマ好きの目線で「心に残る小さいけれど魅力的なクルマ」を選び出してみよう。

 そういいつつ、名前を挙げたらけっこうな数があがる。まずは、選に漏れたクルマを並べてみると、日産Be-1、ダイハツ・シャレード「ディーゼル・ターボ」、ホンダCR-X… …。

 これらはメジャーにはなり得なかったけれど、大いに「心に残る…」存在だ。語らせてくれたらいろいろ書いておきたくなる。

 しかし、それは個人的な好みが強すぎる。もっと一般的なコンパクトカーを選んでくださいよ、といわれるに決まっている。それでは思い直して、年代順に選んだ5アイテムを紹介しよう。

文:いのうえ・こーいち/写真:ベストカー編集部


■トヨタ・パブリカにはじまる日本のコンパクト

 「国民車構想」をトヨタ流に解釈して小型車として仕立てた、元祖コンパクトカーといっていいのがパブリカだ。

 1961年、まだクルマが一般家庭に浸透するまえ、その尖兵の役を果たしたことでも忘れられない。サイズやスペックなど、小型車の公式などない時期。すべてをゼロから考えてつくり出された。

「パブリック・カー」、略して「パブリカ」。1961年登場のパブリカは、その車名のとおり「国民車構想」を具現化する1台となった

 定員4名、最高速度100km/h、350~500ccのエンジンで1Lあたり30kmの燃費などが「国民車構想」として掲げられた要目であったが、パブリカはそれをひと回り越える性能を備えていた。

 空冷水平対向2気筒の0.7Lエンジンは28PSを発揮し、600kgあまりの軽量ボディを最高速度110km/hまで導いた。ホイールベース2130mm、全長3.6m前後というのがパブリカ、元祖コンパクトカーの基本スペックであった。

 できるだけシンプルにして価格を抑える、という方針だったが売れゆきは今いち。装備などを向上させたデラックス・モデルやスポーティなコンヴァーティブルを追加して、初めて販売に火が付いた。

 コンパクトカーであっても、チープだと売れない、というわが国のマーケットの性格はこの時代から、であったようだ。

■1960年代後半、一気にクルマが普及

 1960年代後半になると、一気にクルマが増えてくる。それを象徴的のが「サニーvsカローラ戦争」だ。

 名コンパクトカーという趣旨から、ここでは半年先に発売された日産サニーを推す。1966年4月に発売されたサニーは、「技術の日産」のキャッチのもと、1.0L、56PSエンジン搭載、よくまとまったコンパクトカーとして印象深い。

1966年登場の日産の名コンパクトカーサニー。後にトヨタカローラとの競争になるが、その切磋琢磨こそがコンパクトの成長を促した

 半年遅れて11月に発売されたトヨタ・カローラは、「となりのクルマが小さく見えまーす」のキャッチのもと、1.1L、60PSエンジンを搭載しサニーを挑発した。

 その後も、サニーが1.2Lに拡大すれば、1.4Lにするなど、競いながらどんどんスケールアップ。

 結局、サニーはふたたびコンパクトカーの位置を確保するために1970年にチェリーをデビュウさせたのだった。

 サニー、カローラとほぼときを同じくして、1台のユニークな小型車が姿を現わした。まさしく独創性を際立たせたそれは、のちのち個性的なスペックで割拠する日本車のなかにあってそのポジションを確保したのだ。

FRが当然という1960年代にて異端児だったのが1966年登場のスバル1000。FF、水平対向エンジンという後のスバルの方向性を決める1台となった

 そう、スバル1000である。水平対向エンジン、前輪駆動などといったメカニズムは、のちのちのスバルの方向性をも定めたようなもの。

 前輪駆動はいち早く4WDへと進化するが、水平対向エンジンはいまもスバルのアイデンティティのように輝くつづけている。最初のスバル1000は977cc、55PSであった。

■規制を超えて、楽しい小型車

 石油ショック、排ガス規制、安全基準といった、クルマにとってネガティヴな規制の嵐が押し寄せてきたのは1970年代中盤だ。

 厳しい規制を「CVCC」という独自の技術でクリアしたホンダ・シビックは、ひとつ時代の変化に対応した小型車としてその名を残す。

 だが、表題のコンパクトカーというと、シビック時代がひとつ落ち着いたあとに登場してきた同じホンダのシティがふさわしい。

写真は1983年登場のインタークーラー付きの「ターボII」。110psのパワーを誇り「韋駄天」という印象がピッタリの元気のよさだった

 ホンダ・シティは1L級のエンジンを搭載した前輪駆動車。1981年に登場してきた。特徴的なのはコンパクトカーであるが故の特徴的ディメンジョン。

 つまり、「トールボーイ」というキャッチで、小型車にありがちな窮屈感、閉鎖感を排除したこと。

 コンパクトカーは大きなクルマに対して我慢して選ばれるものではなく、別の楽しみがあることを主張したのだった。

スポーティなイメージの強いシティだが、カブリオレで洗練された雰囲気を演出していた。幌の設計はあのピニンファリーナだ

 たとえば、ピニンファリーナが協力したお洒落なシティ・カブリオを加えたり、一方ではジャジャ馬仕様のシティ・ターボII「ブルドッグ」などをラインアップして、いっそう楽しさを加えたのだった。

■1990年代のコンパクトは……

 さて、残るはもう1台だ。ふたたび落選話になるのだが、トヨタ・ヴィッツ、ホンダ・フィットなど正統派のコンパクトカー。

 日産キューブ(二代目Z11系)、トヨタ・ファンカーゴといったユーティリティの高いモデル、クルマ好きに人気のスズキ・スイフト(これも二代目がなおいいなあ)などは、2000年以降に広まったモデルだった。

室内空間の使い方など日本のコンパクトのお手本ともなった1999年登場のヴィッツ。現代にいたるまで初代ヴィッツのパッケージは引き継がれる

 もっと1990年代に広く受け容れられたコンパクトカーはないのだろうか。

 実は軽自動車が1990年1月から660ccへと拡大されたこともあって、コンパクトカーは少し影が薄くなっていたのだ。そんななかで健闘したのが、マツダ・デミオということになるだろうか。

 デミオは1996年にそれまでのフェスティバ(懐かしいなあ)のフロアを利用して登場してきた。

 フロントに横置き搭載される直列4気筒SOHC16ヴァルヴ・エンジンは、1.3Lと1.5Lの2種が選べた。ベイシックな1.3Lモデルで83PS。

 先述、軽の660cc化に伴って主流は1.3L級に移り、1.0L級のエンジンは少数派になっていたのだ。

多くの支持を集めた1996年登場のデミオ。使い勝手もよかった印象。ちなみにこのデミオの好調でマツダは業績が回復したとまで言われている

 それに、SOHCながら16ヴァルヴに進化しているのも見逃せない。要するに、コンパクトカーといえども、スペックその他は、上級モデルと共通化が進んでいたのだ。

 こうして現代につづくのだが、新車販売台数のなかで「軽」の割合などを考えるだに、コンパクトカーは生きにくい時代だ。小さくてきびきびしていて、それでいて格好よいクルマはいいのになあ。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ