【サニー、シティ、ヴィッツ…】1960〜90年代日本の名コンパクト5選


コンパクトカー、時代によって少し見方が変わるのだろうけれど、まあ、排気量1L前後のエンジンを持ち、全長4m前後、といったようなところだろうか。

「Bセグメント以下」などというよりも、クルマ好きの目線で「心に残る小さいけれど魅力的なクルマ」を選び出してみよう。

そういいつつ、名前を挙げたらけっこうな数があがる。まずは、選に漏れたクルマを並べてみると、日産Be-1、ダイハツ・シャレード「ディーゼル・ターボ」、ホンダCR-X… …。

これらはメジャーにはなり得なかったけれど、大いに「心に残る…」存在だ。語らせてくれたらいろいろ書いておきたくなる。

しかし、それは個人的な好みが強すぎる。もっと一般的なコンパクトカーを選んでくださいよ、といわれるに決まっている。それでは思い直して、年代順に選んだ5アイテムを紹介しよう。

文:いのうえ・こーいち/写真:ベストカー編集部


■トヨタ・パブリカにはじまる日本のコンパクト

「国民車構想」をトヨタ流に解釈して小型車として仕立てた、元祖コンパクトカーといっていいのがパブリカだ。

1961年、まだクルマが一般家庭に浸透するまえ、その尖兵の役を果たしたことでも忘れられない。サイズやスペックなど、小型車の公式などない時期。すべてをゼロから考えてつくり出された。

「パブリック・カー」、略して「パブリカ」。1961年登場のパブリカは、その車名のとおり「国民車構想」を具現化する1台となった

定員4名、最高速度100km/h、350~500ccのエンジンで1Lあたり30kmの燃費などが「国民車構想」として掲げられた要目であったが、パブリカはそれをひと回り越える性能を備えていた。

空冷水平対向2気筒の0.7Lエンジンは28PSを発揮し、600kgあまりの軽量ボディを最高速度110km/hまで導いた。ホイールベース2130mm、全長3.6m前後というのがパブリカ、元祖コンパクトカーの基本スペックであった。

できるだけシンプルにして価格を抑える、という方針だったが売れゆきは今いち。装備などを向上させたデラックス・モデルやスポーティなコンヴァーティブルを追加して、初めて販売に火が付いた。

コンパクトカーであっても、チープだと売れない、というわが国のマーケットの性格はこの時代から、であったようだ。

■1960年代後半、一気にクルマが普及

1960年代後半になると、一気にクルマが増えてくる。それを象徴的のが「サニーvsカローラ戦争」だ。

名コンパクトカーという趣旨から、ここでは半年先に発売された日産サニーを推す。1966年4月に発売されたサニーは、「技術の日産」のキャッチのもと、1.0L、56PSエンジン搭載、よくまとまったコンパクトカーとして印象深い。

1966年登場の日産の名コンパクトカーサニー。後にトヨタカローラとの競争になるが、その切磋琢磨こそがコンパクトの成長を促した

半年遅れて11月に発売されたトヨタ・カローラは、「となりのクルマが小さく見えまーす」のキャッチのもと、1.1L、60PSエンジンを搭載しサニーを挑発した。

その後も、サニーが1.2Lに拡大すれば、1.4Lにするなど、競いながらどんどんスケールアップ。

結局、サニーはふたたびコンパクトカーの位置を確保するために1970年にチェリーをデビュウさせたのだった。

サニー、カローラとほぼときを同じくして、1台のユニークな小型車が姿を現わした。まさしく独創性を際立たせたそれは、のちのち個性的なスペックで割拠する日本車のなかにあってそのポジションを確保したのだ。

FRが当然という1960年代にて異端児だったのが1966年登場のスバル1000。FF、水平対向エンジンという後のスバルの方向性を決める1台となった

そう、スバル1000である。水平対向エンジン、前輪駆動などといったメカニズムは、のちのちのスバルの方向性をも定めたようなもの。

前輪駆動はいち早く4WDへと進化するが、水平対向エンジンはいまもスバルのアイデンティティのように輝くつづけている。最初のスバル1000は977cc、55PSであった。

次ページは : ■規制を超えて、楽しい小型車

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ