伝説のエンジニアの名を冠したシリーズ最強のMINI 450万円で登場

 ミニシリーズのフラッグシップモデルとしてラインアップされているジョン・クーパー・ワークス。1950年代〜1960年代にかけてレースシーンを席捲したジョン・クーパー氏の名が冠された、シリーズ最強のハイパフォーマンスモデルだ。日本では2018年5月からマイナーチェンジモデルが販売されている。

 その実力はいかなるものか? 韓国のサーキットでベストカー編集部員が徹底試乗!

文/ベストカー編集部・林眞人
写真/BMWジャパン
初出/ベストカー2018年9月10日号


■韓国でJCW(ジョン・クーパー・ワークス)一気乗り!

1周3908mの韓国インジェ・スピーディウムで試乗。2013年にはこけら落としでスーパー耐久のレースも開催されたサーキットだ

 ミニのフラッグシップであり、シリーズ最強のハイパワーバージョンである「JCW(ジョン・クーパー・ワークス)」。その走りを韓国のインジェ・スピーディウムで開催された「ミニJCWチャレンジ」で体感してきた。

 F1の歴史で、初めてミドシップのマシンを開発し優勝した名エンジニア、ジョン・クーパーの名を冠したJCW。1960年代にはクラシックミニでモンテカルロラリーに参戦するなど、レースのなかで速いミニであることを第1にモデルを開発してきた。そんなJCWが開発した最新モデルが、今回の3台だ。

ミニクロスオーバー ジョン・クーパー・ワークス

コンパクトSUVながら、サーキットもこなすフットワークをみせた。オンでもオフでも頼れる1台だ。車両価格579万円(8速AT)

 3台ともエンジンは吸排気系、タービン、エンジン内部など専用パーツを採用し、231ps/32.6kgm(クラブマン、クロスオーバーは35.7kgm)というハイパフォーマンスを誇る2L直4直噴ターボを搭載。

 日本仕様では、トランスミッションは6速MTと8速ATが用意されているだが、今回試乗した韓国仕様は6速AT。2019年に8速ATを投入する予定とのこと。

 さて、走りのほうだが、先導車ありではあったものの、ターボラグなく吹け上がるエンジンのおかげで、最高速はホームストレートエンドで170㎞/hを超える。そこからの1コーナーへの進入では、下り勾配で回り込むコーナーのため、ブレーキングでリアが浮き気味になり、軽いテールスライドをしながらのコーナリングとなる。

ミニクラブマン ジョン・クーパー・ワークス

運動性能、積載性ともに高い次元にあるミニクラブマンのジョン・クーパー・ワークス。車両価格538万円(8速AT)

 通常であればかなり心拍数が上がるシーンだが、JCWは躊躇なく飛び込むことができる安定感と、コントロール性が両立されており、クルマが自分の思ったとおりに動いてくれた。

「ミニ=ゴーカートフィールというイメージがあるが、最新のJCWではあえてダルさを加え、そのフィーリングを変えたと、ジョン・クーパー氏の孫で、JCWブランドの開発チームであるチャーリー・クーパー氏は語った。

ミニ3ドア ジョン・クーパー・ワークス

JCWのモデルで、ダントツの運動性能を誇る。そのレスポンスの高さに驚く。車両価格432万円(6MT)、450万円(8速AT)

 その狙いどおり高めの縁石に乗せてもしっかりとストローク量を確保したサスペンションがしなやかに吸収、神経質な動きもなく構えずに運転ができる懐の深さを感じることができた。

 3ドアに比べて、車高が上がるクロスオーバーはロールも大きく、ゆったりした印象はあったものの、ブレーキやタイヤを含め、そのままサーキットを楽しめる高いレベルにまで作り込まれており、高い趣味性を求めつつも、1台で何でもこなしたいと思っている人にはうってつけだろう。

ジョン・クーパー氏の孫 チャーリー・クーパー氏も登場!

ジョン・クーパー氏の孫でJCWブランドの開発チームの一員でもあるチャーリー・クーパー氏。英国で「ミニ チャレンジ」にも参戦するモータースポーツ愛好者だ

【ミニ3ドア・ジョン・クーパー・ワークス・日本仕様】

■価格=8速AT、450万円(6速MTは432万円)
■全長×全幅×全高=3875×1725×全高1430mm
■ホイールベース=2495mm
■車両重量=1290kg
■エンジン=直4、1998ccターボ
■最高出力=231ps/5200rpm
■最大トルク=32.6kgm/1450〜4800rpm
■0〜100km/h=6.4秒(6MTは6.3秒)
■JC08モード燃費=15.8km/L(6MTは14.5km/L)

最新号

ベストカー最新号

平成最後の日本自動車大賞|ベストカー 5月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ