無人運転トラックで有名なあの会社がトレーラを電動化! 被けん引車にバッテリーを載せる理由とは?

無人運転トラックで有名なあの会社がトレーラを電動化! 被けん引車にバッテリーを載せる理由とは?

 世界初の電動無人トラックによる公道での貨物輸送を行なったことで知られるアインライド(スウェーデン)が、テクノロジー、文化、持続可能性などのクロスイベントを開催。

 デジタルプラットフォームのアップデートと共に、前例がないという「電動トレーラ」が発表された。2023年中にこれを使った電動・無人のスマート輸送を行なうとした。

 トラックの電動化は世界的なトレンドだが、駆動力を持たないトレーラ(被けん引車)にバッテリーを搭載し、電動化を行なうメリットとは?

文/トラックマガジン「フルロード」編集部、写真/Einride AB

【画像ギャラリー】アインライドの電動トレーラとキャブレストラックの代名詞となった「ポッド」(14枚)画像ギャラリー

電動・無人運転のソリューション

 スウェーデンの貨物輸送テクノロジー企業・アインライド (Einride) は2022年5月19日、ヨーテボリ(スウェーデン)で開催したイベント「アインライド・メッシュ」においてハードウェアとソフトウェアの製品発表を行なった。

 デジタルプラットフォーム「アインライド・サガ」の機能追加と共に明らかにされたのは、電動のトラクタや無人運転トラクタと組み合わされることを前提とした電動トレーラ「アインライド・トレーラ」であった。

 同社によるとこうした製品が市場に投入されるのは世界初だという。

 アインライドはデジタル、電動、無人運転による輸送を提供するテクノロジー企業で、2016年に設立された。2019年には世界で初めて公道での電動無人トラックによる貨物輸送を行ない、一躍注目を集めた。ちなみに、有人での自動運転による輸送は、2016年にアメリカのオットー(当時)が行なっている。

 2021年には米国市場への進出を果たし、これに合わせて電動無人輸送のデジタルプラットフォーム「アインライド・サガ」を投入している。

 同社の「ポッド」(Pod) は運転席の無い(=キャブレス)、無人運転専用の電動トラック。運転手に代わって遠方の「リモート・ポッド・オペレータ」が遠隔操作する。ちなみにオペレータはアインライドが直接雇用しているそうで、今後5年で2000人を米国だけで雇うという。

無人運転トラックで有名なあの会社がトレーラを電動化! 被けん引車にバッテリーを載せる理由とは?
米国進出を果たした「ポッド」

 この度、サガに対してアプリのUI刷新と、開発者向けAPIの公開、新規アプリの追加が発表されている。アインライドのCEOを務めるロバート・ファルク氏は次のように話している。

 「未来の電動貨物輸送ハードウェアの最新のデザインを公開し、私たちの最新の商品をお見せすることで、電動化と持続可能な目標に向けてコスト競争力を持ちたいと考えている荷主企業と接触する機会が増えると考えています。

 私たちは、未だに電動化されていないほぼすべての分野を視野に入れています。成長を続ける電動・自動運転による貨物輸送業界の将来のニーズはどうなるのかを積極的に探求し、そこで必要とされるソリューションを作り出すことで、私たちは移行を加速するお手伝いをしたいと思っています」

史上初の電動専用セミトレーラ「アインライド・トレーラ」

 いっぽう、「アインライド・トレーラ」は電動のトラクタ(けん引車)と組み合わされることを前提とした電動のセミトレーラ(被けん引車)だ。同社によるとこうした専用のトレーラは他に例がないという。

 公開されたのはハードウェアのデザインが中心で詳細は不明だが、道路輸送用の電動セミトレーラで、フリートの効率化と運行コストの最適化に対するソリューションとのこと。またアインライドの電動車両や無人運転車両とシームレスに統合し、更なる効率をもたらすそうだ。

 もちろんトレーラは他社の電動セミトラクタにも対応する予定だ(アインライドの電動大型トラクタはBYDやスカニアからの調達、オランダのダフ製トラックの改造などで対応している)。

 アインライド・トレーラとサガを組み合わせた場合、輸送する貨物に関するリアルタイムデータにより、AI(人工知能)ベースの様々な機能を利用できる。例えば、積み込みのルート計画、積載率の計算、盗難防止のための貨物モニタリング、予防整備などだ。

 重要なのはトレーラ側のシャシ下に320kWhのバッテリーを搭載することで、フル充電による航続距離は650kmも伸びることになる。トラクタ側のバッテリーと合わせれば1000km級の航続距離を達成することになり、バッテリーEVトラックによる長距離輸送も視野に入る。

 欧米では長距離輸送の大部分をトレーラが担っている。いっぽう車両のデジタル化が進むなかでも、トラクタから切り離されると電源を確保できないトレーラはデジタル化が遅れている車両だ。動力を持たないトレーラを「電動化」した理由はこの辺りにありそうだ。

 デザインは今後さらに改良を重ね、最初のパイロットを2023年中に完了するというスケージュールで生産を計画している。

次ページは : 輸送の電動化を助ける「サガ」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ