ワクワクしない!? 初代が偉大過ぎた!? ホンダNSXは輝きを失ったのか?

 ホンダの誇るスーパースポーツNSX。1990年登場の初代はアイルトン・セナも開発に参加するなどそのストーリーはいまでも語り草になるほどの名車だ。

 いっぽうで、2016年に登場した2代目NSXは初代のような胸が高鳴る感覚がかなり薄い。4WDにハイブリッドで乗りやすく、実際にNSXの名に恥じない速さを誇るのだが、なにかが「そそらない」。

 2018年8月にマイナーチェンジを発表するもあまり盛り上がらず。その原因はなんなのか? スーパーカーに詳しい清水草一さんが迫ります。

文:清水草一/写真:ベストカー編集部


■初代は時代にも恵まれたクルマだった

 ホンダがNSXのマイナーチェンジを発表したが、クルマ好きの間では、あまり話題になっていない。

 マイチェンの内容は、空力パフォーマンスを高める新しいエアロパーツの採用、スタビライザーバーをフロント26%、リア19%剛性アップ、トーリンクブッシュの剛性を21%、リアハブの剛性を6%向上。

初代NSXは強いこだわりを持って作られた「日本車」というイメージが強かった。現行NSXにはそれがないのだろうか?

 スポーツハイブリッドシステム「SH-AWD」、アクティブ磁気ダンパー、電動パワーステアリング、VSAのセッティングをアップデート。

 これらの見直しによって、限界時のハンドリング性能や日常での快適性を向上し、鈴鹿サーキットでラップタイムを約2秒短縮したとのことだ。

 また、フロントグリルのメッキ部がブラックになり、新色ボディカラー「サーマルオレンジパール」も設定された。

 内容を見ると、今回のマイチェンはいたってまともなものだ。こうした努力がないと、商品力を維持することはできないわけだが、これでNSXの魅力がアップするかと言えば、否だろう。

たしかにNSXは凄いクルマだ。しかし熱狂が起こらない理由はいったいなんなのか?

 現行NSXに対する我々の熱量は、なぜこれほど低いのだろうか?

 第一に言えるのは、初代NSX登場時の熱量があまりにも高すぎたので、それと比較するとどうにもならない、ということだ。

 初代NSXが出たのは1990年。すでに日経平均株価は下落を始めていたが、バブル崩壊に気づいていた日本人はほとんどおらず、空前の好景気が続いていると思われていた。

 そんな時代に、日本初のスーパーカーが登場したのだ。しかも、世界初のオールアルミボディを引っさげて。なにしろ、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と、日本人が自らに酔っていた時代。

 フェラーリやポルシェなんてのは故障ばかりするポンコツで、性能だって本当は大したことはない、国産スポーツが世界一! と、みんな本気で信じていた。実際その通りだったとも言えますし。

 初代NSXの発表当初の価格は800万円(ATは60万円高)。今思うと驚くほど安い。1990年当時の日本人の平均年収は425万円で、現在とほとんど同じ。しかも98年までは、上昇カーブを描いていた。

初代に設定された「NSX-R」に至っては手作業によるクランクのバランス取りなども施されていた

 収入が増える中、800万円で日本初のスーパーカーが買えるとなれば、多くの人が「欲しい!」と思って当然ではないか?

 なにしろ当時は、日本人のだれもがクルマに熱狂していた。実際、この頃NSXで東京の街中を走っていると、ほぼ全員が振り返り、走って追いかける人までいたくらいだ。

 これは、みんな欲しがっているという熱狂状態の中、ひょっとしたら自分も買えるかも、手が届くかもと、これまたみんなが思っていたからだ。一種の集団心理ですね。今じゃ想像もできませんが。

■収入は増えずNSXは4倍の価格になった

 対する現行NSXはというと、まず価格が2370万円。初代の約4倍だ。日本人の平均年収はこの28年間でほとんど増えず、むしろ減っているくらいだから、ハードルは4倍も高くなった。

 フツーの日本人には到底買えない。つまり自分とは関係ない。周囲にも熱狂はない。速く走ったって誰も喜んでくれないし、逆に危ない、怖いと嫌われる。

 あの頃とは時代が変わってしまった。醒めるのも当然だ。ところで、なぜNSXはこれほど値上がりしたのか。

 初代は国内生産だったが、現行はアメリカからの逆輸入になったからという面も多少あるが、それは本質ではない。

2000万円オーバーの価格はフェラーリなど既存のスーパーカーにも迫る価格帯。経済的な事情があれど日本では「NSXがはるか遠くへ行ってしまった」と思うクルマ好きは多い

 実は、日本以外の先進国にとっては、NSXは特に高くはなっていないのだ。

 この28年間で、アメリカ人の平均年収は約2.5倍になっている。富める者はますます富み、貧富の差が広がっているので、スーパーカーが買える層の年収は、おそらく4倍以上になっている。

 NSXの値段が4倍になっても、価格据え置きみたいなもの!

 この28年間、先進国の中で日本だけがデフレで苦しみ、平均年収が上がるどころか下がってしまったので、相対的にNSXがメチャメチャ値上がりしたように感じるだけなのである。

 NSXだけでなく、フェラーリやランボルギーニなど、値段がバカ高いスーパーカーへの日本人の熱狂は、すべてダダ下がりしている。

 販売台数は増え続けているが、興味を持つのはお金持ちだけで、庶民とはまったく無関係なものになった。最大の理由は、日本人が相対的に貧乏になったことにある。

 そういう意味で、現行NSXに罪はない。誰しも、もうちょっとで手が届きそうな夢には燃えるが、頑張っても到底ムリな夢には、トライする気も起きないのだ。

■熱狂が低いのは経済的事情だけではない

 ただ、現行NSXに対する熱狂は、海外でもあまり高くはない。

 初代が出たときは、海外の専門家も称賛した。特にレーシングドライバーは絶賛していた。当時はフェラーリもポルシェもクセが強く、速く走らせるには特殊技能が必要だった。

 初代NSXのようなマトモな操縦性を持つスーパーカーは他になかった。NSXは革命児であり、フェラーリのクルマ作りにも大きな影響を与えた。

 しかし時代は変わった。現在、世界のスーパーカーは、どれもこれもマトモな操縦性どころか、UFOのように曲がって加速はウルトラスーパー速い。

 NSXも同様のダイナミクスを狙って開発され、見事に実現しているが、それは決して飛び抜けたものではなく、スーパーカーの平均値にすぎない。デザインに関してはそれこそ……。いや、これは言わないでおこう。

苦戦するNSXに対して10年以上安定的に健闘しているのがGT-R。1000万円台の価格、そしてスーパースポーツにも劣らない(むしろ勝っている部分多し)パフォーマンスに世界が唸った

 しかも現在のホンダのブランドイメージは、まったくもって高くない。過去のF1での栄光はあるものの、現在はあのていたらくだし、今はもう普通の大衆車メーカーに過ぎないのだ。

 そんなメーカーが、フェラーリやポルシェと同じくらいの性能のスーパーカーを開発したところで、熱狂が生まれるはずがないじゃないか。

 それでももちろん、ないよりはあったほうがいい。スーパーカーはもはや宝飾品のような存在。

 そういう意味では現行NSXの市場価値は高くはないが、しかし日本のメーカーが、少なくとも世界トップクラスの性能を持つクルマを開発・生産できるということを見せるのは、悪いことのはずがない。

 ただそれは、我々日本人にとっても海外のクルマ好きにとっても、あまり魅力的ではないというだけのことだ。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ