魅力的が過ぎるわ!!! トヨタ ホンダ 日産 スバル… 国内メーカーの日本未導入車 最新ニュース11選!!!

魅力的が過ぎるわ!!! トヨタ ホンダ 日産 スバル… 国内メーカーの日本未導入車 最新ニュース11選!!!

 日本の自動車メーカーでも、海外でのみ販売し日本には導入していないモデルが存在する。これを「海外専売車」と呼ぶのだが、これら海外専売車について調べてみるとまーなんとも魅力的なこと……!

 そこで、国産自動車メーカーの海外専売車に関する新型・改良情報をドドーンと11個もお届け! これを読めばあなたも海外専売車マニアになること間違いなし!!?

※本稿は2022年5月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月26日号

【画像ギャラリー】本文未掲載の希少写真多数!! 海外専売車の最新情報を画像でクイックチェック!!(40枚)画像ギャラリー

■中国の東風ホンダより新型EV「e:NS1」発売開始!

東風ホンダより発売されるホンダe:NS1。生産はEV専用工場で行い2024年稼働を目指す
東風ホンダより発売されるホンダe:NS1。生産はEV専用工場で行い2024年稼働を目指す

 中国の東風ホンダは4月25日、中国初のホンダブランドEVとして「e:NS1」を発売した。「e:N」とは、中国国内で展開するEVシリーズのことで、このモデルがシリーズ第一弾となる。

 パッと見の外観は、フロント周りのグリルがない点を除けば国内で販売されているヴェゼルと同じ。

 気になる走行性能だが、航続距離510km(中国CLTC基準)を実現する大容量バッテリーが搭載され、プラットフォームはe:Nシリーズ専用のものを新たに開発した。

 その他15.1インチ大型ディスプレイオーディオやホンダコネクト3.0など、快適装備も充実した一台だ。

■トヨタアイゴにSUVモデル登場!

 トヨタアイゴはヨーロッパを中心に展開しているAセグメントコンパクトカーだが、それにSUV要素をプラスしたアイゴX(クロス)を昨年11月5日より販売している。

 搭載されるエンジンは1L直3DOHCで、72‌ps/9.5kgmを発生。ミッションは5MTとCVTが選択可能。最小回転半径は4.7mと狭い道でも機敏に走れる。狭い道でもキビキビ走れるアイゴX、これは日本で発売しても売れそうな気がする。

■ホンダ新型アキュラインテグラに「Aスペック」が登場

アキュラブランドで展開されているインテグラ。Aスペックでは6MTとLSDが選択できるほか18インチアルミホイールを標準装備
アキュラブランドで展開されているインテグラ。Aスペックでは6MTとLSDが選択できるほか18インチアルミホイールを標準装備

 昨年(2021年)11月にプロトタイプが発表されて世界中のホンダファンを沸かせた新型インテグラ。3月11日にアメリカ本国では詳細スペックのほか、「Aスペック」と呼ばれるグレードも設定されることが発表された。

 エンジンは全グレード1.5L直4ターボと共通。ミッションは標準でCVTのみだが、Aスペックを選ぶとレブマッチング機能付き6MTが選択可能となる。走り好きな人はAスペック一択だろう。

次ページは : ■台湾ではトヨタシエンタもSUVルックに!?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ