新型ベンツC登場!! 超王道スポーツセダン「見た目変わらず中身は新車!」

 2018年7月25日から、日本での受注を開始した新型メルセデスベンツCクラス。新型といっても、フルモデルチェンジではなく、現行モデルが登場してから4年でのビッグマイナーチェンジである。

 今回ビッグマイナーチェンジされたのは、セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4車種。ビッグマイナーチェンジとはいえ、その改良箇所はなんと6500箇所にもおよぶ。これは構成パーツの半分以上にあたるという。まるで新車ではないかと思えるほどだ。

 だが、一見どこが変わったのかわからない。わかる人にはわかるという程度。いったいどこが変わっているのだろうか? モータージャーナリストの鈴木直也氏が徹底試乗!

 また、このマイチェンCクラスと、新型クラウン、そして2018年10月2日に発表されたばかりの新型BMW3シリーズの3台を徹底比較したのであわせてみていただきたい。

文/鈴木直也、ベストカーWeb編集部
写真/平野 学
初出/ベストカー2018年11月10日号


■登場4年で6500箇所にもおよぶ改良箇所を実感できるか?

エクステリアの変更箇所は一見すると変わっているようには見えないが、フロントバンパーやリアバンパーがよりダイナミックなデザインに変更されている。ヘッドライトは、内部にマルチチャンバーリフレクターが上下4列ずつ立体的に並びデザインに変更。上位のEクラスやSクラスと同様のマルチビームLEDヘッドライトは片側84個のLED光源で前走車や対向車のドライバーを幻惑することなく照らし、最長650mまで照射するウルトラハイビームを新たに用意した。写真はC200アバンギャルド

 Cクラスはメルセデスにとって最大の量販車種。昨年はセダンとワゴンで41万5000台以上を売って乗用車販売の18%強を占めている。

 それだけにマイナーチェンジとはいえ、力の入れ方はハンパじゃない。構成部品の約半分、6500箇所におよぶ改良を実施。2018年7月25日に行われた日本での発表会も盛大で、新橋演舞場を舞台に歌舞伎仕立ての演出で盛り上げている。

 その改良部分で重要なのは3つ。新しいパワートレーンの導入。Sクラスと同等の安全運転支援システム。10.25インチワイドディスプレイを備えたデジタルインパネの採用。ここが注目ポイントだ。

 それにしても、いかにもメルセデスらしいのは、中身を徹底的に磨き上げているのに対し、エクステリアのデザイン変更が意外に控えめなこと。

 もちろん、外観もさりげなく化粧直ししてはいるのだが、マルチビームLEDヘッドライトや、より空力的なバンパースポイラーなど、機能に根ざした改良がメイン。ほかにはアルミホイールのバリエーションが増えた程度で、一見したくらいではなかなか新旧を判別できない。

 こういう進化のパターンこそベンツの伝統。機能は最先端のものを導入するが、見た目はジワジワとしか変わらないので、旧モデルが一気に陳腐化しない。ひいては、それが中古車価格の下落を抑制し、長い目で見るとブランド価値の向上につながってくる。

世界で指示されているモデルなので、内外装は変えすぎず、中身を大幅に進化させたという。C200アバンギャルドには、1.5L、直4ターボエンジンに48V電装系の採用により減速エネルギーの回生、駆動力のアシストなどを行なうベルト式スターター/ジェネレーターが組み合わされたマイルドハイブリッドシステムを搭載している

 まずは、話題の新エンジン、M264を搭載したC200セダンに乗ってみる。完全新設計の1.5L、4気筒ターボに48Vマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたこのエンジン、先にデビューした直6のM256型ほど複雑ではないが、14ps/16.3kgmベルト駆動モータージェネレーター(ベルトドリブン・スターター。ジェネレーター。略してBSG)が駆動アシストと減速エネルギー回生を行う。

 興味深いのは、低回転域をモーター駆動がカバーするから、従来より高速型のターボを装備していること。スペックは180ps/28.6kgmだが、最大トルクの発生回転数は3000〜4000rpm。従来型1.6Lが25.5kgm/1200〜4000rpmだったことを考えると、最大トルクを3.1kgmアップさせつつ、そのピークを高回転側にシフトしている。

今回新たに搭載されたC200用の新開発直列4気筒、1497㏄ターボは、C180の1.6L、直4ターボよりも20psモアパワー。48Vの発電機兼モーターのBSGにより低回転域をカバー、驚くべきスムーズさで走る

 いざ走らせてみると、これが軽快かつシャープで気持ちイイ! 最近のダウンサイズターボは、いくらも回さないうちにトルクが飽和してあとはモワモワ加速する感覚だが、このエンジンはリニアに元気よく高回転域へ伸びてゆく爽快感がある。

 発進直後のブースト不十分な領域はモーターアシストがカバーするから、ターボラグ的なもどかしさもほぼ皆無。ごくたまにわずかなトルクの谷を感じることはあるが、実用上まったく気にならなかった。

じっくり作り込まれた品質感のあるインテリアはこれまでどおりだが、コクピットディスプレイは12.3インチとなった。ステアリングはSクラスと同じデザインになっているほか、手を放さずにナビの操作や車両の設定が行えるタッチコントロールボタンも備える。またSクラスと同等の運転支援システム、インテリジェントドライブを選択することができる

 現行Cクラスのハンドリングは、以前から軽快感のあるものだったが、この新エンジンを得てさらにノーズが軽くなった感じ。全長4.7m×全幅1.8mで、車重1.5トンのセダンとは思えないくらい、エンジンの吹き上がりもフットワークも軽やかだ。

 新型Cクラスの美点は、この軽快感あふれる走りとしなやかな乗り心地がキチンと両立していること。今回のマイチェンを機に、日本仕様のみランフラットタイヤを廃止したのも英断。乗り心地に関しては、偏差値の高い欧州プレミアムの中でもアタマひとつリードしていると思う。

 乗り心地といえば、新型2L、直4ディーゼルターボ(OM654)搭載のC220dステーションワゴンが、今回試乗したバリエーションのなかではベストだった。

 操安性の面ではノーズが少し重くなった印象があるが、そのぶん乗り心地のしっとり滑らかなことはガソリン仕様を凌ぐ。走りに関しても最大トルク40.8kgmと強力。走りが重厚で高速クルーズ性能抜群のワゴンとして、こちらもきわめて魅力的な存在だと思いました。

C220dに搭載されているエンジンは194ps/40.8kgmを発生する最新の2L、直4ディーゼルターボ。トランスミッションは9速AT

C200、C220dのインテリアカラーは多彩でブラック、ブラウン系などが用意される。レザーパッケージも選べる

●Cクラスセダンの価格とラインアップ
C180(受注生産モデル、1.6L、直4ターボ)=449万円
C180アバンギャルド(1.6L、直4ターボ)=489万円
C200アバンギャルド(1.5L、直4ターボ)=552万円
C200 4マチックアバンギャルド(1.5L、直4ターボ)=580万円
C220dアバンギャルド(2L、直4ターボ)=578万円

●Cクラスステーションワゴンの価格とラインアップ
C180ステーションワゴン(受注生産モデル、1.6L直4ターボ)=473万円
C180ステーションワゴンアバンギャルド(1.6L、直4ターボ)=513万円
C200ステーションワゴンアバンギャルド(1.5L、直4ターボ)=576万円
C200 4マチックステーションワゴン アバンギャルド(1.5L、直4ターボ)=604万円
C220dステーションワゴンアバンギャルド(2L、直4ターボ)=602万円

※AMGモデルは除く

■優雅なカブリオレとAMG C43はどうか?

頂点にC63があるものの、V6、3Lターボ、390psのC43は4WDでもっともバランスのいいセダンといえそうだ。価格はAMG C43 4 マチックSが940万円、C63が1211万円、C63Sが1379万円

 CクラスのAMG仕様は43と63の2種類があるのだが43は4マチック(4WD)なのに63はFR(2WD)。476ps/66.3kgmのFRはパンピーには危ないと思うのだが、なぜか(フロアトンネルのスペース?)E63やS63のように4WDとされずFRのまま残されている。

 それゆえに、CクラスでAMGに乗りたいのなら、C43がベストバランス。3L、V6ツインターボ390ps/53.1kgmのパワーは、1.8トンのボディに対して充分以上に強力。トラクションのいい4マチックのおかげで、低μ路面でラフに踏んでも「オットット」という目に遭わないですむ。

 ATに関しても、C63はトルコンのかわりに多板クラッチを組み込んだスピードシフトMCTだが、C43は通常のトルコン9速AT。スムーズなシフトで渋滞でもラクチンなのはこっちのほう。予算があり余るほどあったとしても、奥さんやお嬢さんがたまに使うのだったら、C63ではなくC43を選ぶべきだと思う。

C180カブリオレスポーツは、いかにもドイツ車のカブリオレらしい佇まい。価格はC180カブリオレスポーツが615万円。AMG C43 4マチックカブリオレが1003万円、AMG C63Sカブリオレが1483万円

アコースティックソフトトップと名付けられた電動開閉式のソフトトップはセンターコンソールにあるボタンひとつで開閉でき、約20秒で開閉でき、50km/hまでなら走行中でも操作可能

4シーターオープンは貴重な存在。トランクルームはオープン時でも285Lを確保。リアシートは分割可倒式でトランクスルー機能により3人乗車時でも長い荷物を載せることができる

 一方、パフォーマンスは、ほどほどでいいから、もっと優雅にCクラスを楽しみたい人には、C180カブリオレがいい。価格は615万円と意外にリーズナブルだし、きちんと4人乗れる実用性もある。

 もちろん、富裕層向けにカブリオレにもAMG C43やC63が用意されているが、この種の遊びグルマにマッチョなスポーツエンジンを組み合わせるのはむしろ野暮。カブリオレはベーシックな1.6Lを粋に乗りこなすほうがオシャレだと思う。

■新型クラウン、新型BMW3シリーズと比べてみる

TEXT/ベストカーWeb編集部

2018年6月26日に発売された新型クラウン。毎月5000台ペースで売れ続けている

 最後にCクラスのライバル車として、国産車では新型クラウン、そして、まだ気が早い気もするが、2018年10月2日にパリオートショーで発表されたばかりの新型BMW3シリーズと比較してみた。

 今回の新型クラウンは、欧州車を超えるべく、ニュルブルクリンクを走り込み、開発されているだけにCクラスの購入比較対象車に挙げる人も多いのではないだろうか。

 発表されたばかりの新型BMW3シリーズ(G20型)は、まさにCクラスとガチンコのライバル。気になる発売時期だが、マーケットに投入するのは2019年3月と正式発表されているため、おそらく日本市場でもほぼ同時期に発売されるだろう。

 まず3車のボディサイズを比較してみよう。ベンツCクラスは全長4686×全幅1810×全高1442mm、ホイールベースは2840mm。

 クラウンはCクラスに比べ、全長が224mm長く、全幅が10mm短く、全高が13mm高い全長4910×全幅1800×全高1455mm。ホイールベースはCクラスの2840mmに対し、クラウンは2920mmだ。

 1クラス上とまではいかないが、クラウンのほうが、サイズがひと回り大きい。となると、Cクラスの1つ上のEクラスのサイズが気になったので調べてみると、Eクラスは全長4930×全幅1850×全高1455mm、ホイールベースが2940mmと、クラウンよりもさらに大きかった。

 しかも価格も700万円オーバーになってしまうため、ほど遠い存在になってしまう。クラウンの3.5Lハイブリッドならば623万7000〜718万円7400円なので比較対象に入ってくるかもしれないが……。

新型G20型3シリーズのMスポーツ。3シリーズのなかで最も人気の高いグレードだ。フロント回りのデザインは現行F30型よりもさらにアグレッシブ

 一方、新型BMW3シリーズは、全長4709×全幅1827×全高1442mm、ホイールベースが2851mm。日本仕様の現行F30型3シリーズに比べて、全長が64mm長く、全幅が27mmワイド、全高が2mm高く、ホイールベースは41mmの延長と、ひと回り大きくなっている。

 全幅が1827mmに拡大されたのが、ちょっと気になる。ただ、現行F30型3シリーズの時には本国仕様の全幅が1811mmだったが、ドアノブを代えて日本仕様のみ1800mmにおさえたという前例がある。この段階で日本仕様の全幅がどうなるかは未定だ。

 Cクラスと比べると、新型BMW3シリーズは全長が23mm長く、全幅が17mmワイド、全高が同じで、ホイールベースは11mm長くなっており、新型BMWシリーズはCクラスよりもひと回り大きい。

 サイズが大きい順に並べると、クラウン、BMW3シリーズ、Cクラスとなる。

 さて、ラインアップと価格。Cクラスは1.6L、直4ターボ、1.5L、直4ターボ+BSG+48V電気システム、2L、直4ディーゼルターボの3種類(AMGを除く)。クラウンは2Lターボ、2.5Lハイブリッド、3.5Lハイブリッドと3種類のパワートレインでグレードはRSと標準に分かれる。

 489万円のC180アバンギャルド(1.6L、直4ターボ)とほぼ同価格なのが、クラウン2.0S。245ps/35.7kgmの2L、直4ターボを搭載し、価格は474万6600円。

 552万円のC200アバンギャルド(1.5L直4ターボ+BSG+48V電気システム)とほぼ同価格帯のクラウンは、2.0RSアドバンスで、価格は559万4400円。搭載エンジンは245ps/35.7kgmの2L、直4ターボエンジンだ。

 578万円のC220dアバンギャルド(2L、直4ディーゼルターボ)は、2.5Lハイブリッドの2.5RSアドバンスが579万9600円とほぼ同価格帯。184ps/22.5kgmを発生する2.5L、直4に、143ps/30.6kgmの電気モーターを組み合わせている。

 クラウンはラインアップが多く、Cクラスの価格帯に入っている車種が多いので、気になる人は詳しくチェックしてみることをオススメする。

 新型BMW3シリーズの日本での価格はまだわからないが、8.8インチの大型ディスプレイや12.3インチのフルデジタルメーター、音声認識システムを備えたコネクティビティ、BMWオペレーションシステム7.0が搭載されるため、価格アップは免れないだろう。

アナログ計器に置き換わる12.3インチのデジタルインストゥルメントと、10.3インチのタッチスクリーンを搭載するiDrive 7.0が搭載されている。スマートフォンをかざしてドアロックの解錠/施錠ができるデジタルキーや「HEY BMW」と話しかければ、クルマがさまざまなサポートに対応してくれるBMWインテリジェントパーソナルアシストも新たに採用。写真はMスポーツのコクピット

 新型BMW3シリーズの現時点で発表されている、パワートレインは以下の通り。

●320i/2L、直4ターボ、184ps/30.6kgm
●330i/2L、直4ターボ、258ps/40.8kgm
●318d/2L、直4ディーゼルターボ、150ps/32.6kgm
●320d/2L、直4ディーゼルターボ、190ps/40.8kgm
●330d xDrive/2L、直4ディーゼルターボ、190ps/40.8kgm
●330d/3L直6ディーゼルターボ、265ps/59.2kgm

 さらに2019年夏頃には374ps/30.6kgmの3L、直6ターボのM340i xDriveやシステム最高出力252psのプラグインハイブリッド、330eも登場する予定だ。

 追って、新型BMW3シリーズの日本仕様の価格やラインアップが発表され次第、改めて紹介したい。

 今回、登場4年目(日本発売は2014年7月)でビッグマイナーチェンジを受けたベンツCクラス。次期型が発表されるのは、これまでのモデルチェンジサイクルを見ると、おそらく2年〜3年後になるから、超熟成されたCクラスに乗ってみるのもいいのではないだろうか。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ