市場規模は日本の35倍!!! 超弩級・アメリカではたらくトレーラ10選

市場規模は日本の35倍!!! 超弩級・アメリカではたらくトレーラたち10選

 日本ではある用途のための装置などを備えた自動車を「特装車」と呼んでいます。トラックはたいがい特装車というわけです。しかも世界には、日本と同じだったり違ったりユニークだったりスゴかったり、いろんな特装車が存在します。

 トラックマガジン「フルロード」では、そんな特装車を紹介する「世界の特装車」を絶賛連載中ですが、ベストカー読者の皆さまにもこの底なし沼の一端をぜひとも味わっていただきたい!!!! というわけで、今回はアメリカではたらく超弩級のトレーラたちをご紹介!!!

※本稿は2022年5月のものです。本文中「GVW」は「車両総重量」、「GCW」は「連結総重量」の略語です
文/緒方五郎(トラックに詳しいフリーライター)、写真/トラックマガジン「フルロード」編集部
初出:『ベストカー』2022年6月26日号

【画像ギャラリー】最大手はヒョンデ! アメリカではたらくトレーラたちをギャラリーでチェック!(13枚)画像ギャラリー

■市場規模はトレーラは日本の35倍!

 米国のトラック輸送の主力がトレーラだ。新型コロナ禍前の2019年のトレーラ生産台数は32万台以上と、日本の35倍の市場規模。そのほぼ半数がドライバン架装といわれる。

 ある調査によれば、同年のトレーラメーカー上位5社は、1)ヒョンデ・トランスリード、2)ワバシュ、3)ユーティリティトレーラ、4)グレートデイン、5)ヴァンガードで、上位4位は1社だけで年間5万台以上という生産規模になる。また、カナダやメキシコで生産されたトレーラも流通している。

 ドライバントレーラの主流スタイルは、全長53フィート(16.15m)の2軸セミトレーラシャシーにアルミ製ボックスボディを架装したGVW30tクラス車で、空気抵抗を低減するサイドスカートを装着したクルマもよくみられる。

■ヒョンデ・トランスリード ドライバントレーラ

 米トレーラメーカーの最大手が、韓国ヒョンデ・モータースのグループ企業で、1994年から北米向けのドライバントレーラ市場に進出した。本社はカリフォルニア州にあるが、生産はメキシコにある工場2拠点で行っている。

 写真のヒョンデ・ロゴが描かれているドライバンセミトレーラが、同社で「HTオリジナル」と呼ばれているモデルで、全長53フィート・GVW30.844t・2軸車という最もオーソドックスなスタイルである。

 牽引しているセミトラクタは、フェイスリフト前のフレイトライナー・カスケディア・スリーパーキャブだ。

ヒョンデ・トランスリード ドライバントレーラ

■MACトレーラ ダンプトレーラ

 オハイオ州の特装トレーラメーカーで大手10社の一つ。アルミ中空パネル製ダンプベッセルを、シャシーごと長尺テレスコピック式ホイストで持ち上げてしまう大胆な方式だが、米国では珍しくないダンプトレーラである。

■ユーティリティトレーラ 4000DXドライバントレーラ

 ユーティリティトレーラ社は、米トレーラメーカーの老舗だ。4000DXは、ポリウレタンをアルミ板で挟んだ軽量高剛性サンドイッチパネルを側壁に採用したモデル。

■フルハーフメキシコ Mxキューブ・ドライバントレーラ

 日本軽金属といすゞ自動車の合弁企業である日本フルハーフの元祖は米国の名門トレーラメーカー・フルハーフ社。本家は1996年に消滅したものの、フランス、日本など世界各地でその名前が受け継がれ、かつてのメキシコ現地拠点では、今も北米向けのトレーラが生産されている。

次ページは : ■フォンテイン・トレーラ フラットベッドトレーラ

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ