ベンツを超えろ!! ポルシェを超えろ!! 日本車は「あの目標点」を超えたのか?


■クラウンがニュルを走りこんで目指したものとは?

【新型クラウン】ベンチマーク達成度 85

2018年6月にフルモデルチェンジされたクラウンも歴代モデル同様に基本的に輸出されないモデルである。

しかし現行クラウンは明らかに輸入車も意識して開発されていると思われる節がある。それはニュルブルクリンクでのテストにも表れているだろう。

「いいクルマ作り」という豊田章男社長のスローガンを実現するためとはいえ、クラウンをニュルでテストする意味はほかにもあるはずだ。

クラウンとEクラスを比較することはもはや無謀でもない。同じ土俵に立てるようになっていることはクラウン、そして国産車の進化だ

輸入車でいえば同クラスに属するベンツEクラスや、BMW5シリーズをベンチマークにしている可能性は高い。

現行クラウンとEクラス、5シリーズを比べてみると、現行クラウンは日本の交通環境下では十二分な性能を備え、先代モデルに比べれば2台との差は大きく縮まっている。

しかし、2台を明確に上回っている部分というのも「日本で使う際のサイズ感」くらい。運動性能などではまだ差があるといえる。

またメリットになりそうな価格だが、輸入車勢の大幅な値引きや登録済中古車なども視野に入れてば、意外にベンチマーク2台と変わらないというが率直な印象だ。

■FFニュル最速がベンチマーク シビックタイプR

【シビックタイプR】ベンチマーク達成度 110

2016年に750台で限定販売された先代モデル以来、シビックタイプRのコンセプトはズバリ「FFニュル世界最速」である。

となればベンチマークはとてもわかりやすくFF車での最速記録を持つクルマになる。それは7分47秒19で最速だったVWゴルフGTIクラブスポーツSとなる。

FF市販車ニュル最速の記録を持つ現行シビックタイプR。意外にもその乗り味はしなやかで不快感はない

現行シビックタイプRは7分43秒8というタイムでFFニュル最速の座をゴルフGTI クラブスポーツSから奪還しており、この時点でベンチマークを凌駕したといえる。

もっといえばVWゴルフGTIクラブスポーツSは2シーターであり、まさに「レコードメイカー」として登場したスペシャルモデルだ。

ゴルフGTIクラブスポーツSはリアシートのない2シーター。そこまで本気にさせちゃっただけでもホンダの勝利!?

それを考えれば固いだけではないしっとりした足回りや、大人4人が無理なく乗れるシビックタイプRの完成度は高いだろう。

次ページは : ■STI S208はBMW M235iを超えている!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ