ベンツを超えろ!! ポルシェを超えろ!! 日本車は「あの目標点」を超えたのか?

 クルマに限らず製品開発する際には「○○を上回る性能を目標にする」というベンチマーク(基準)が設けられるケースが多い。

 国産車も過去、現在ともにそのような過程で開発されたクルマがある。それらは主にドイツ車をはじめとする輸入車の作りこみなどをベンチマークにしていることが多い。

 今回の記事ではベンチマークにした車種に追いついたのか、それともまだまだだったのか「ベンチマーク達成度」で分析したい。

文:永田恵一/写真:ベストカー編集部


■セルシオの登場は日本車の躍進だった

【トヨタ 初代セルシオ】ベンチマーク達成度 150

 まずこの手の企画で筆頭に挙げるべきは初代セルシオだろう。

 当時のベンツSクラス、BMW7シリーズをベンチマークに「日本車初の世界に通用する高級車」というコンセプトで開発されたモデルであった。

初代セルシオはドイツ車を焦らせたともいえる国産車だった。バブル景気もあり、大きな開発投資ができたことも追い風になった

 初代セルシオが掲げた開発目標は以下のとおり。

・4リッターV8という当時の高級車の世界基準としては比較的小排気量のエンジンで250km/hの最高速と加速力に加え低燃費をバランスする

・源流主義と呼ばれた「各部分の音をはじめからから出さない」というコンセプトによる徹底的な静粛性や滑らかさの追求

・乗り味や装飾など全体的なクオリティの高さ

 どれを見ても、それまでの日本車とはレベルのまったく違う高度な内容であった。

 こうして誕生した初代セルシオは、アウトバーンのペースでのハンドリングやブレーキ性能こそ 、ベンツSクラスやBMW7シリーズに見劣りするところがあったも。

 しかし前述した開発目標をほぼ達成した上に、ずば抜けた静粛性などベンチマークとした2台とは違ったキャラクターを持つ高級車だったことも世界で高く評価された。

同時期のメルセデス560SE(現在のSクラス)。V8の5.6Lエンジンを搭載するサルーン。世界での売れ行きは圧倒的にメルセデスに分があったが、北米ではセルシオ(初代レクサスLS)も躍進した

 さらに初代セルシオの価格は当時のベンツミディアムクラス(現在のEクラス)、BMW5シリーズ級と内容を考えれば激安だったのも名声を高めるに大きなアドバンテージとなった。

 特にアメリカ市場ではベンツもBMWもキャッシュバックキャンペーンを行い、ベンツはミディアムクラスにレクサスLS400(セルシオのアメリカ名)対策のV8エンジン車を設定するほどの影響を与え、世界の高級車マーケットを震撼させるほどの成功を納めた。

■ポルシェを超えよ!! 日本の雄 GT-Rが目指したもの

【日産スカイランGT-R(R32)】ベンチマーク達成度 120

 1980年代後半の日産車の黄金期に登場したR32スカイラインはファンからの期待も大きいクルマだった。

 旧型となるR31が「スカイラインなのに当時のマークⅡの影響を強く受けている」などとも言われ、ブランドイメージを落としていたからだ

 そんなR31の汚名を返上すべく、スポーツセダン&スポーツクーペという本来のスカイラインらしさの追求をした。

R32はご存知のとおり現代にも伝説が残る名車だ。レースで勝つために妥協をせず、6連スロットルなどを備えた名機RB26DETTの存在は大きかった

 16年振りとなるGT-Rの復活は大きな出来事で、その圧倒的な強さは並々ならぬ意気込みのもと開発されたモデルであった。

 さらに当時日産はプロジェクト901と呼ばれる「1990年に走りの性能で世界一になっている」という活動を行っていた。

 特にR32スカイラインGT-Rは当時のポルシェ944ターボの性能を大きく上回ることをベンチマークに開発された。

944の完成度は非常に高く、スープラやRX-7もベンチマークにしたと言われている。隣に立つのは2017年に亡くなったペーター・シュッツ氏。赤字のポルシェを立て直した敏腕社長だった

 レーシングエンジンをそのまま市販車に搭載したようなRB26DETTエンジン。さらにトルクスプリット4WDのアテーサE-TSを持つGT-Rは、ニュルブルクリンク北コースのラップタイムで944ターボの8分40秒より20秒(1kmあたり1秒)も速い8分20秒を記録。

 当時のグループAレースでの大活躍や未だに伝説的なインパクトを感じる点も含めれば、R32スカイラインGT-Rがベンチマークとした944ターボを上回ったと言っていいだろう。

■クラウンがニュルを走りこんで目指したものとは?

【新型クラウン】ベンチマーク達成度 85

 2018年6月にフルモデルチェンジされたクラウンも歴代モデル同様に基本的に輸出されないモデルである。

 しかし現行クラウンは明らかに輸入車も意識して開発されていると思われる節がある。それはニュルブルクリンクでのテストにも表れているだろう。

 「いいクルマ作り」という豊田章男社長のスローガンを実現するためとはいえ、クラウンをニュルでテストする意味はほかにもあるはずだ。

クラウンとEクラスを比較することはもはや無謀でもない。同じ土俵に立てるようになっていることはクラウン、そして国産車の進化だ

 輸入車でいえば同クラスに属するベンツEクラスや、BMW5シリーズをベンチマークにしている可能性は高い。

 現行クラウンとEクラス、5シリーズを比べてみると、現行クラウンは日本の交通環境下では十二分な性能を備え、先代モデルに比べれば2台との差は大きく縮まっている。

 しかし、2台を明確に上回っている部分というのも「日本で使う際のサイズ感」くらい。運動性能などではまだ差があるといえる。

 またメリットになりそうな価格だが、輸入車勢の大幅な値引きや登録済中古車なども視野に入れてば、意外にベンチマーク2台と変わらないというが率直な印象だ。

■FFニュル最速がベンチマーク シビックタイプR

【シビックタイプR】ベンチマーク達成度 110

 2016年に750台で限定販売された先代モデル以来、シビックタイプRのコンセプトはズバリ「FFニュル世界最速」である。

 となればベンチマークはとてもわかりやすくFF車での最速記録を持つクルマになる。それは7分47秒19で最速だったVWゴルフGTIクラブスポーツSとなる。

FF市販車ニュル最速の記録を持つ現行シビックタイプR。意外にもその乗り味はしなやかで不快感はない

 現行シビックタイプRは7分43秒8というタイムでFFニュル最速の座をゴルフGTI クラブスポーツSから奪還しており、この時点でベンチマークを凌駕したといえる。

 もっといえばVWゴルフGTIクラブスポーツSは2シーターであり、まさに「レコードメイカー」として登場したスペシャルモデルだ。

ゴルフGTIクラブスポーツSはリアシートのない2シーター。そこまで本気にさせちゃっただけでもホンダの勝利!?

 それを考えれば固いだけではないしっとりした足回りや、大人4人が無理なく乗れるシビックタイプRの完成度は高いだろう。

■STI S208はBMW M235iを超えている!!

【STI S208】ベンチマーク達成度100

 スバルのモータースポーツ活動やスペシャルなコンプリートカーの開発などを手掛けるSTI。ベンツのAMGやBMWのM社のような存在を目指いしている。

 そのSTIが2017年10月に450台限定でリリースしたS208はWRX STIをベースにクラッチを含めバランス取りを行った329馬力のスペシャルエンジンを搭載。

 フロントはダンプマチックIIとなるビルシュタインダンパー、STIのパーツを使ったボディ補強、レカロシートなどのチューニングを施したコンプリートカーだ。

 このS208はM235iをベンチマークに置いたと公表されているが、2台を実際に比較するとS208がM235iを凌駕する部分も多い。

 S208はベース車に対しターボラグが少ない上、レッドゾーンまでスムースかつ爆発的なパワーを伴いながら回るエンジンに感心する。

S208はM235iをベンチマークとしている。実際にMモデルと乗り比べてもその乗り味はS208が優位に思えるほど(写真はM235iの後継車となるM240i)

 そして正確性の高いハンドリングも持ち合わせておりS208がM235iに勝る。乗り心地に代表される快適性はM235iの勝ちであるが、S208もロードカーとして充分な快適性を備えており、総合的な走りの性能は互角といえる。

 ただSTIのブランド力は歴史の差などによりグローバルではAMGやM社にはまだ並んでいないのは否めない。

 しかしそのあたりもモータースポーツ活動やコンプリートカーのリリースを重ねることで縮まっていくのではないだろうか。

【まとめ】

 こうして見ると輸入車をベンチマークとした日本車の達成度もなかなかのものに感じる。しかしベンチマークだけを考え開発すると、同じ方向性でそのクルマを上回るクルマが出た際にそのクルマの存在意義が急激に薄れてしまうのも事実だ。

 この点を思うとベンチマークを凌駕することだけでなく、前述した初代セルシオのように日本車が「そのクルマだけの世界、キャラクター」も持つことも必要になる。

最新号

ベストカー最新号

平成最後の日本自動車大賞|ベストカー 5月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 4月1日に元号が「令和」に決定し、いよいよ平成も残りわずかとなる。そこで、最新号では平成最後の日本自動車大賞を決定。  このほか、デビュー直後の日産デイズ&三菱など注目新車の情報も盛りだくさんの内容でお送り…

カタログ