歴代国産車【アイデア倒れ珍装備】にあっぱれ!!!

 2018年10月24日に発表されたレクサスESは、量産車初となるデジタルアウターミラーを採用し、ミラーレス車として話題を呼んでいる。

 こうしたユニークな装備こそ、昔から日本車の得意分野なのだ。そこで、過去から現在まで、さまざまな国産車の斬新すぎた、アイデア倒れともいえる装備を紹介していこう!

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2018年11月26日号


■バブル時代に多かった珍装備、アイデア倒れ装備

1980年代に入り、バブル全盛時代へ駆け上がっていく時代。クルマの装備も豪華絢爛になっていった。初代レパードにも珍装備がたくさんあった

OKモニター (1973年5代目コロナ) オーバーヘッドコンソールに配置された装置で、番号灯やブレーキ、尾灯、前照灯、ウィンドウウォッシャー液、バッテリー、ラジエター液量、エンジンオイルなど11の情報を表示した

集中ターゲットメーター (1978年初代プレリュード) ホンダが145クーペ以来の2ドアクーペモデルとして発売した初代プレリュードに用意されたのが集中ターゲットメーター。これはスピードメーターとタコメーターを同軸に表示してあり、中心部にはオイルや電圧、残燃料など各種警告灯を表示させているもの

 クルマのように着実に進化する商品では、常にさまざまな開発が行われる。なかにはどうしてこんなの作っちゃったの? という失敗作もあるからおもしろい。

 過去を振り返ると、1950~1960年代はエンジンやサスペンションなど走りの基本技術が進化したから、装備まで手が回らなかった。1970年代も厳しい排出ガス規制の対応に追われ、これがようやく落ち着くと、アイデア装備の開発が活発化した。

 したがってユニークな装備は、主に1980年代に登場している。この時期を過ぎると装備の開発も洗練され、失敗作も減っていく。

 1980年代に急増した背景にはバブル経済に向かう好景気もあった。「便利で面白いクルマを作ろう」という意欲と、経済的な余裕から、ユニークなアイデアが生まれたワケだ。

 外装関連では、初代レパード(1980年)の電動ワイパー付きフェンダーミラーが挙げられる。フェンダーミラーの鏡面に小さな電動ワイパーを装着して、雨滴を除去した。

電動ワイパー付きフェンダーミラー (1980年初代レパード) 斬新な装備がてんこ盛りだった初代レパードで最もユニークなのがワイパー付きフェンダーミラー。そもそも見にくい

 6代目マークⅡ(1988年)も、サイドウィンドウワイパーを採用した。ドアミラーの鏡面ではなく、サイドウィンドウの前側に小さな電動ワイパーとウォッシャーを装着して視認性を確保した。

 同世代のマークⅡやコロナには、超音波で雨滴を除去する機能もあった。鏡面の裏側で超音波を発生させ、雨滴を霧化している。

サイドウィンドウワイパー (1988年6代目マークⅡ) ミラーやヘッドライトじゃなく、サイドウィンドウについている数あるワイパー系珍装備のなかの王様。スイッチを押すとサイドウィンドウの下から上に向かってワイパーが作動するというスグレモノ?

超音波雨滴除去装置付きミラー(1988年6代目マークII)。数秒間、超音波振動で雨滴を飛ばし、残りはヒーターで雨滴を除去する珍なハイテク装備

 4代目シルビア(1983年)は、リトラクタブルヘッドランプにワイパーを組み合わせた。固定式ヘッドランプのワイパーは、ボルボなども含めて幅広い車種が採用している。

ヘッドライトワイパー (1983年4代目シルビア)は ターボRS-Xにリトラクタブルとの組み合わせでは世界初のヘッドライトワイパーを装着

■スカイラインクーペと三菱GTOのオートスポイラー

 外装パーツでは7代目スカイラインクーペ(1986年)のGTオートスポイラー。速度が70㎞/hに達すると自動的に下降するが、スイッチ操作で任意に降ろすこともできた。

スカイラインクーペに設定されたGTオートスポイラー(1986年スカイラインクーペ)は効果はともかく、スカGファンはGTオートスポイラーにシビれた。GTS-Rは固定式に変更

 GTO(1990年)もフロントベンチュリーカバーとリアスポイラーが速度に応じて自動的に動くアクティブエアロシステムを採用した。GTOには後輪操舵を含めて可変機能が多く、排出ガスの流れる経路を変えてマフラーの音質を変化させるアクティブエキゾーストシステムもあった。

アクティブエアロシステム (1990年GTO) R31スカイラインクーペが採用したGTオートスポイラーの進化版といった装備がこれ。速度に応じてフロント&リアスポが自動で動く

アクティブエキゾーストシステム(1990年GTO)。排出ガスが流れる経路を変更し、スイッチ(右写真)でマフラーの音質を変えられるシステム。ノーマルとサイレントの2つのモードを設定していた

 外装関連で感心したのはボンゴフレンディ(1995年)のオートフリートップだ。駐車時に電動で天井を持ち上げると、2名が就寝できるベッドスペースになる。

 キャンピングカーでは普及していたが、オートフリートップは電動式だから扱いやすく、格納時には両脇のテントがキレイに畳まれた。当時のキャンピングカーに装着された手動式は、畳む操作に不慣れだと、テントが内側へ収まりにくく外側にハミ出したものだ。

オートフリートップ(1995年ボンゴフレンディ)。ボンゴフレンディ最大の目玉装備。スイッチひとつで屋根の上に居住スペースが誕生する装備で電動式だったのが革新的だった。1代限りで終わってしまったのが残念

■クルマと話すことが1980年にもうできていた?

 次は内装。最も面白かったのは初代レパード(1980年)のエレクトロニックボイスインフォメーションだ。各種の警告が女性の音声で行われ、乗り込んだ時に「キーをお確かめください」と言われた時は笑った。

 確かめる以前に、キーがなければ発進できない。もっともカーナビの道案内などは、音声がないと画面を注視することになる。ボイスインフォメーションは、今日の音声機能の基礎になった。

エレクトリックボイスインフォメーション (1980年初代レパード) 電子式音声合成による女性の声で警告や情報を伝えてくれるもの。2ドア、4ドアともにターボの上位グレードに設定された

 7代目ブルーバード(1983年)のセーフティドライブアドバイザーも印象に残る。パワステの操作パターンや運転時間から、ドライバーの疲労を判断して、センターコンソールのインジケーターに休憩をうながす。今のクルマには、車線逸脱警報を続けて作動させると、休憩を提案する機能がある。このような装備の基礎でもあるだろう。

セーフティドライブアドバイザー (1983年7代目ブルーバード) ステアリングの操舵角センサーと専用コンピュータを装備しており、覚醒時から睡眠に移る際の脳波時に現れるステアリング操作パターンと一致するとブザーで警告を促すシステムだった

■高級車ならまだしも、わざわざ傘を入れるために……

 3代目パルサー(1986年)の3ドアHBが採用したアンブレラポケットも面白い。ドア開口部のボディ側(ストライカー金具の上側)に穴が設けられ、専用の傘を収納できた。開発者は「仕込傘」と説明していた。今日のロールスロイスにも、ドアの部分に傘が内蔵される。ロールスロイスもパルサーの真似をしたのか!? シート関連も珍装備は多い。

アンブレラポケット (1986年3代目パルサー) 2代目パルサーから3代目まであったのだが、以後は使い勝手の悪さからか、なくなってしまったドアのポスト部に差す傘入れ

 2代目アルト(1984年)に用意された女性向け特別仕様車の麻美スペシャルには、回転ドライバーズシートが採用された。運転席が外側へ60度回転して、スカートを履いた女性が乗降しやすいと宣伝した。これは「男性開発者の考えた女性向けの装備」で廃れたが、似たような機能が今の福祉車両では普及している。

回転ドライバーズシート(1984年2代目アルト)。 2代目アルトに設定された女性向け特別仕様車に採用されたのが、この回転シートだ

■シートにも珍な工夫が凝らされていた

 運転席では初代パジェロ(1982年)のサスペンションシートも印象に残る。運転席の下にスプリングが装着され、シートでもショックを吸収するものだ。ただし、これを作動させた状態でカーブに入ると、まずはボディが外側に傾き、続いて運転席が一層傾いた。運転席から滑り落ちそうになり、こりゃダメだと思った。

サスペンションシート (1982年初代パジェロ) シート下にスプリングが装着されており、オフロード走行時に使うとショックを軽減する

 初代オデッセイ(1994年)の3列目シートに装着されたオープンベンチモードも面白い。リアゲートを開き、3列目シートを反転させるように後ろへ倒すと、外側(後ろ側)に向いて座ることができる。背もたれに腰かけるから、着座姿勢を含めて座り心地は悪かったが、ミニバンの世界観にはピッタリの装備だった。

オープンベンチモード (1994年初代オデッセイ) 床下収納3列目シートは、停車時にテールゲートを開けた状態で後ろ向きに座ることができる独創的なオープンベンチモードが可能

 初代CR-V(1995年)では前後席をリクライニングさせ、さらに後席座面の後ろ側を持ち上げると、デコボコのないフルフラットなシートに変更できた。この時代のホンダは内装に工夫を凝らし、そのアイデアが今のミニバンやN-VANにつながっている。

 ホンダにかぎらず、一見すると珍装備でも、時系列で見ていくと大切な役割を果たしているものが少なくない。失敗があるからこそ、成功して後のクルマ作りを大きく変える技術も生まれるワケだ。

■自動車珍装備11景

 この後は、珍装備、アイデア倒れ装備をダイジェストでお届けする。あきれた、こんなものいらない、なんでこんなものを作ったの? と思う装備のオンパレードだ!

スペアタイヤ空気圧警告灯 (1981年6代目スカイライン) R30スカイラインの5ドアHB車には日本初の省スペース型テンパータイヤがスペアタイヤに装着。その空気圧警告灯も初装着

グラフィックモニター (1985年2代目ミラ) 上級グレードに設定された装備で、軽自動車初を謳った。今、タイヤがどんな角度になっているのか、クルマがどの方向へ進むのかをひと目で確認でき、クルマの進行方向と3段階に前輪タイヤの切れ角を表示する舵角モニター。駐車場や狭い路地での発進の際、誤操作を未然に防ぐための初心者向けの装備で、わかりやすい表示になっていたのがウリ

トラクションモニター (1986年2代目リベルタビラ) 前後輪の駆動配分を常時、モニターに表すための装置で、走行時のトラクション状況が前後のどちらにどれだけかかっているのかがひと目でわかるようになっていた。兄弟車の3代目パルサーと3代目ラングレーにも設定された

おしぼり冷温機 (1987年8代目グロリア& 7代目セドリック) ディーラーオプションで全グレードに用意されたのが、おしぼり冷温機。当時の価格で1万5800円。なぜおしぼり(笑)?

文字付きハイマウントストップランプ (1989年7代目ファミリア) 通常のストップランプ以外に「サンキュー」「どうぞお先に」の文字が表示された逸品

カメレオン機構メーター (1988年3代目ランサー) 昼間は白地に黒の文字、夜間にライトオンすればダークブルー地にグリーンの文字になる

アクティブノイズコントロール (1991年9代目ブルーバード) 室内にマイクを設置し、発生したノイズを打ち消す逆位相の音を助手席下のスピーカーから流し、ノイズを低減しようというもの

傘ドアポケット (1981年6代目スカイライン) 現在、ロールスロイスの各モデルのリアドアには傘が用意されており、その傘は1本10万円らしいのだが、今よりはるか昔、R30スカイラインにも傘入れ兼用のドアポケットがあったというのだから驚く。しかも傘から流れ出す滴が車外へ流れていくように設計者が工夫して開発していたのだという。2LのLグレー ド以上に標準装備されていた

電動リニアモーターカーテン (1988年初代シーマ) 贅沢にもリニアモーター機構を使ったリアウィンドウのカーテン。ATセレクトレバーのリバースに連動

レクサスプレミアム灰皿 (2006年先代レクサスLS 当が個人的に大ヒットだと思っているのが、この先代レクサスLS用に用意されたプレミアム灰皿だ。その素材には食器などにも使われる高級なボーンチャイナが採用されており、夜間は白色LEDが透過して間接照明のように淡く光るようになっている。ま、ムーディな雰囲気なのはいいとしても、その形状からトイレを想像してしまうのだが……

18Kオプションキー (1989年インフィニティQ45) バブル最盛期となる’89年に発売されたインフィニティQ45にふさわしいオプションの18Kゴールドキー。価格はなんと52万円

最新号

ベストカー最新号

新型ヤリス GRは250馬力|ベストカー 3月10日号

 いつもより1日早い2月9日発売の自動車情報誌「ベストカー」最新号は、注目の話題が目白押し。新車スクープ情報では、トヨタを代表する世界戦略コンパクトカー「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)に関する新情報を入手。  その頂点に位置する4WDターボモ…

カタログ