ロードスター、スイスポら、軽くて楽しいステキなクルマ5選


■アルトワークス/車重670〜740kg

658cc、直3ターボ:64ps/10.2kgm、価格:150万9840円(FF、5MT/5AGS)

658㏄直列3気筒DOHCターボエンジンはターボRSのものと同じだが、冷却水制御温度を88℃から82℃とすることで燃焼室温度の低下を図り、充填効率と耐ノッキング性能を向上、最大トルク0.2㎏mアップの10.2㎏mとした。ギア比は1〜4速がクロスした専用タイプでターボRSには設定のなかった3ペダル5速MTを設定。価格はFFの5MT/5AGSが150万9840円、4WDの5MT/5AGSが161万7840円

車両重量670kg〜740kg。厳密にいうと、5速MTはFFが670kg、4WDは720kg。5速AGSはFFが690kg、4WDが740kg。軽さに関しては世界最強クラスだ。これだけ軽いスポーツモデルが現行モデルに存在するんだから、「最近のクルマは重くてイカン」なんて言えないはずだぜ!

パワーは軽の自主規制で64psだが、トルクは10.2kgmあるので、動力性能的にはロードスターに近く、実にちょうどいい。これくらいが公道で使い切れるパワーの上限といってもいいのかもしれない。

ターボRSと同じエンジンだが専用チューンで0.2kgm向上していて、トランスミッションも1〜4速をハイギアードするとともにクロスレシオ化。シフト操作もショートストロークで小気味いい。

居住性もまったく問題ない。さすがに4人乗ったら、ラゲージは超ミニマムになるけど、昔の人はスバル360に家族で乗ってたんだから、大丈夫といえば大丈夫でしょう。

最大の問題は、モテないオーラが強烈だということだ。しかしあなたが中高年なら、いまさらモテることもあり得ないので、その点も問題なかろうて。涙涙涙。

■ルノートゥインゴ・インテンス/車重1010kg

897cc、直3ターボ:90ps/13.8kgm、価格:194万円(6EDC)

清水さんオススメがインテンスというグレードは車重1010kg。90ps/13.8kgmを発生する897cc、直3ターボを搭載。960kgという車重が軽いZENというグレード(998ccの直3NAで71ps/9.3kgm)や109ps/17.3kgmを発生する897cc、直3ターボのGT(MT:1010kg、EDC:1040kg)より、インテンスが軽くてパワーとのバランスがいいとのこと

車両重要1010kg(インテンス)。そしてRRレイアウト。軽さに関してはこれも最強クラスに属する。ノーズが軽い分空を飛ぶみたいに加速するし、フツーに四つ角曲がるだけで、昔のポルシェ911みたいなリアの張り出し感がある! もうメチャメチャ楽しいッス!

ただし、エンジンは絶対にターボモデルがいい(897cc、直3ターボ、90ps/13.8kgm)。ノンターボのZENは960kgしかないが、パワーとトルクが大きくダウン(998cc、直3、71ps/9.3kgm)するので、さすがにあんまり軽快には感じないのだ。

軽快さってのは、やっぱり軽さとパワーのバランスがもたらすもので、ただ軽いだけだと曲がるのが楽しいだけになって、アクセルレスポンスを楽しめないじゃないですか。

だから個人的にはビートは非力すぎてあんまり楽しいと思いませんでした。S660も同様です。トゥインゴも、ターボモデルが断然軽くて楽しいっす。

一番オススメはフツーの「インテンス」。GTは足回りがぐっとスポーティになって限界が高くなって、それが軽快さを削いでしまっていた。軽さの楽しさってのも、意外と微妙なものなのですね。

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

1年、 2年。時間が経てばクルマの評価も変わる!?  新モデルが登場した直後の試乗。自動車評論家のみなさんの評価はさまざまでしょうが、それから1年、あるいは2年経った今、再びそのクルマに向き合ってみると「違う印象」になり、評価が変わることも…

カタログ