軽さが命!!! 軽くて楽しいステキなクルマ5選

 「最近のクルマは重くなってしまって、運転が楽しくなくなった」というのは、クルマ好きに共通する嘆きです。

 確かに昔は、安全基準が今よりずっと低かったので、その分クルマが軽くて楽しかった。いろいろ軽い名車がありましたよね。でも今は中古車価格が高騰し、とてもじゃないが手が出せないという状況になっています。

 そこで、現行車のなかから軽くて楽しいクルマはないのか? あるんです! 

 よく机上の論理で車重だけを見て、コンパクトカーや軽自動車を中心に軽いクルマと紹介される例があります。ただ単に軽いクルマというだけじゃダメなんです。

 実際に乗ってみて「軽いってことはすばらしい!」と感じる「軽くて楽しいクルマ」をモータージャーナリストの清水草一さんが5台選び、その魅力を解説します。

文/清水草一
写真/ベストカー編集部


■現行車のなかから選んだ「軽くてステキなクルマ5選」

 記憶の紐を解いてみると、たしかにちょい古のヤングタイマーといわれる1980年代や1990年代のクルマのなかには軽くて楽しいクルマがたくさんあった。

●NA型初代ロードスター:1.6L直4、120ps、車重940〜960kg(MT)、1.8L直4、130ps、車重980〜990kg(MT)
●GC8インプレッサ:特にスペックCは最強。2L水平対向4気筒ターボ、280ps、車重1240kg
●初代スイフトスポーツ:1.5L、直4、115ps、車重930kg
●AZ-1:657cc、直3ターボ、64ps、車重720kg
●カプチーノ:657cc、直3ターボ、64ps、車重700kg
●インテグラタイプR(B18C 98スペック R)、1797cc、直4、200ps、車重1060kg
●AW11型MR2(後期型):1587cc、直4スーパーチャージャー、145ps、車重960〜1120kg
●FC3SマツダRX-7:654cc×2、205ps(前期185ps、後期は205ps、アンフィニは215ps)、車重1250kg(GT-R)

 でもこれらのクルマは今、異常とも思えるほどの中古車価格高騰につき、よほどのクルマ好きじゃない限り、オススメできません。

 ということで、現行車のなかから、軽くて楽しいステキなクルマを5台選んでみました。ないかといえば、必ずしもそうでもない。特に最近は、軽さで勝負のモデルが結構いろいろ出てきているんです!

■マツダロードスター/車重990kg〜1060kg

1.5L、直4:132ps/15.5kgm、価格:255万4200(S)〜325万6200円(RS)

NDロードスターは開発時1トンを切るのが命題だった。2018年7月にマイナーチェンジされ、1.5Lエンジン「SKYACTIV-G 1.5」の最高出力が+1ps向上の132psへ、最大トルクが+0.2kgmの15.5kgm、ロードスターRFの2Lエンジン「SKYACTIV-G 2.0」は最高回転数を6800rpmから7500rpmに引き上げ、最高出力は+26ps (184ps)に最大トルクは+0.5kgm(20.9kgm)に向上

 車両重量は990kgから1060kg(6AT)。6MTはSの990kg、Sスペシャルの1010kg、RSの1020kg、NR-Aの1010kg。

 なにしろ初代のNA型ロードスターよりも、4代目のND型現行ロードスターのほうが少しだけ軽くてコンパクトなのだ。こんなクルマは世界的に見てもほとんどない。世界遺産に当確って感じ!

 その走りは、クラシカルで軽快そのもの。クラシカルというのは、タイヤのグリップに頼らずに、しっかりとロールしつつ、素直に警戒に曲がってくれるという意味だと考えてください。

 パワーもクラシカルに控え目だが、軽いから非力には感じないし、逆に全開の楽しみを味わえる。1.5Lという排気量が、すべてをいい方向に導いている。デザインも最高だし、本当に涙が出るようなクルマです。

 ただこれがロードスターRFになると、車重は1100〜1130kgに増加し、メタルトップの分、重心も高くなって、それほどのヒラヒラ感はなくなる。エンジンも2L(184ps)になってノーズが重くなるし。ロードスターRFはかなり別のクルマだと考えたほうがいいです。

■アルピーヌA110ピュア/車重1100kg

1.8L、直4ターボ:252ps/32.6kgm、価格:ピュア/790万〜811万円

96%のアルミ製ボディ、ミドシップで44:55という前後重量配分、252psの1.8L、直4ターボ、7速DCTというキャラクター。上級グレードのリネージは1130kg、価格は829万〜841万円

 車両重量1100kg、最高出力252ps、そしてミドシップ。スペックを見ただけで、これぞクルマ好きが求めていたもの! って感じだが、実際乗るとスペック以上にスバラシイ!

 真の軽快さを得るためには、車両重量は1トンくらいまで、というのがひとつの目安だが、それはフロントエンジン車の場合。アルピーヌはミドシップだ。ノーズにエンジンがないんだから、鼻先の軽さはロ−ドスターをも上回っている。

 エンジンは1.8L、直4ターボ。パワーもあるしフィーリングもすばらしくスポーティ。実は、アルピーヌのエンジンが「すばらしくスポーティ」に感じるのも、ボディが軽いからなのだ! 

 踏んだ時のレスポンスは軽さに比例する。だから、同じエンジンを積むメガーヌRSと比べると、フィーリングまで段違いにステキに感じる。もうこれ以上のスポーツカーはこの世に必要ない! というくらい運転が楽しい。

 ライバルの718ケイマンも同じミドシップで非の打ち所のないスポーツカーだが、車重は1410kg(2Lフラット4ターボ、300ps、673万円)もある。軽さこそ、アルピーヌ最大の魅力と言っても過言ではないだろう。

■スイフトスポーツ/車重970〜990kg

1371cc、直4ターボ:140ps/23.4kgm、価格:183万6000円(MT)、190万6200円(AT)

MTの車重は970kg、ATでも990kg。1371cc直4ターボは140psとパワフルさはあまり感じないが乗っていてほんとに楽しいクルマです

 「ロードスターやアルピーヌは2シーターじゃないか。そんな実用性のないクルマは買えないぜ!」とおっしゃるあなた。実用的なクルマにも、軽さを楽しめるモデルはありますぜ!

 車両重量は6MTが970kg、6ATでも1トンを切る990kg。エンジンは140psの1.4Lターボ。スペック的にもしっかり合格だが、実際乗ってもまさに合格。フツーに走っているだけでも楽しいクルマだ。

  ボディはノーマルのスイフトよりはるかにしっかりしているし、ハンドリングも軽快。エンジンは実用トルクが豊かで、軽く踏むだけでスッと加速してくれて気持ちいい。

 これも軽さのなせる業!!! トップエンドではちょっと回転が苦しそうになるけど、そんな上まで回すことなんて滅多にないので問題ない。

 それと、スイスポは「追い込むとアンダーステアになる」といわれているが、これまたそこまで攻めるなんてこたぁフツーしないので、まずカンケーないですよ! スイフトスポーツの楽しさは日常の楽しさなのだ。

 サーキット走行が趣味の人は、それなりに仕立てればいいし。もちろん居住性もフツーにあるので、ファミリーカーとしてもまったく合格。

 惜しむらくは、195/45R17というタイヤサイズだけ。もうちょっとコンフォートなタイヤでいいと思うのですが、まあとにかく、軽くて楽しいクルマであることは間違いない。

■アルトワークス/車重670〜740kg

658cc、直3ターボ:64ps/10.2kgm、価格:150万9840円(FF、5MT/5AGS)

658㏄直列3気筒DOHCターボエンジンはターボRSのものと同じだが、冷却水制御温度を88℃から82℃とすることで燃焼室温度の低下を図り、充填効率と耐ノッキング性能を向上、最大トルク0.2㎏mアップの10.2㎏mとした。ギア比は1〜4速がクロスした専用タイプでターボRSには設定のなかった3ペダル5速MTを設定。価格はFFの5MT/5AGSが150万9840円、4WDの5MT/5AGSが161万7840円

 車両重量670kg〜740kg。厳密にいうと、5速MTはFFが670kg、4WDは720kg。5速AGSはFFが690kg、4WDが740kg。軽さに関しては世界最強クラスだ。これだけ軽いスポーツモデルが現行モデルに存在するんだから、「最近のクルマは重くてイカン」なんて言えないはずだぜ!

 パワーは軽の自主規制で64psだが、トルクは10.2kgmあるので、動力性能的にはロードスターに近く、実にちょうどいい。これくらいが公道で使い切れるパワーの上限といってもいいのかもしれない。

 ターボRSと同じエンジンだが専用チューンで0.2kgm向上していて、トランスミッションも1〜4速をハイギアードするとともにクロスレシオ化。シフト操作もショートストロークで小気味いい。

 居住性もまったく問題ない。さすがに4人乗ったら、ラゲージは超ミニマムになるけど、昔の人はスバル360に家族で乗ってたんだから、大丈夫といえば大丈夫でしょう。

 最大の問題は、モテないオーラが強烈だということだ。しかしあなたが中高年なら、いまさらモテることもあり得ないので、その点も問題なかろうて。涙涙涙。

■ルノートゥインゴ・インテンス/車重1010kg

897cc、直3ターボ:90ps/13.8kgm、価格:194万円(6EDC)

清水さんオススメがインテンスというグレードは車重1010kg。90ps/13.8kgmを発生する897cc、直3ターボを搭載。960kgという車重が軽いZENというグレード(998ccの直3NAで71ps/9.3kgm)や109ps/17.3kgmを発生する897cc、直3ターボのGT(MT:1010kg、EDC:1040kg)より、インテンスが軽くてパワーとのバランスがいいとのこと

 車両重要1010kg(インテンス)。そしてRRレイアウト。軽さに関してはこれも最強クラスに属する。ノーズが軽い分空を飛ぶみたいに加速するし、フツーに四つ角曲がるだけで、昔のポルシェ911みたいなリアの張り出し感がある! もうメチャメチャ楽しいッス!

 ただし、エンジンは絶対にターボモデルがいい(897cc、直3ターボ、90ps/13.8kgm)。ノンターボのZENは960kgしかないが、パワーとトルクが大きくダウン(998cc、直3、71ps/9.3kgm)するので、さすがにあんまり軽快には感じないのだ。

 軽快さってのは、やっぱり軽さとパワーのバランスがもたらすもので、ただ軽いだけだと曲がるのが楽しいだけになって、アクセルレスポンスを楽しめないじゃないですか。

 だから個人的にはビートは非力すぎてあんまり楽しいと思いませんでした。S660も同様です。トゥインゴも、ターボモデルが断然軽くて楽しいっす。

 一番オススメはフツーの「インテンス」。GTは足回りがぐっとスポーティになって限界が高くなって、それが軽快さを削いでしまっていた。軽さの楽しさってのも、意外と微妙なものなのですね。

最新号

ベストカー最新号

さらばゴーン! どこへ行く? 日産 大特集|ベストカー 1月10日号

 いよいよ2018年は師走も中盤。12月10日に発売の「ベストカー」は、2019年1月10日号となる。そんな最新号では、来年登場が期待されるスモールカーの革命児、4台のスクープはもちろん、自動車業界内外で大きな話題となっている日産を大特集!…

カタログ