ロードスター、スイスポら、軽くて楽しいステキなクルマ5選


「最近のクルマは重くなってしまって、運転が楽しくなくなった」というのは、クルマ好きに共通する嘆きです。

確かに昔は、安全基準が今よりずっと低かったので、その分クルマが軽くて楽しかった。いろいろ軽い名車がありましたよね。でも今は中古車価格が高騰し、とてもじゃないが手が出せないという状況になっています。

そこで、現行車のなかから軽くて楽しいクルマはないのか? あるんです!

よく机上の論理で車重だけを見て、コンパクトカーや軽自動車を中心に軽いクルマと紹介される例があります。ただ単に軽いクルマというだけじゃダメなんです。

実際に乗ってみて「軽いってことはすばらしい!」と感じる「軽くて楽しいクルマ」をモータージャーナリストの清水草一さんが5台選び、その魅力を解説します。

文/清水草一
写真/ベストカー編集部


■現行車のなかから選んだ「軽くてステキなクルマ5選」

記憶の紐を解いてみると、たしかにちょい古のヤングタイマーといわれる1980年代や1990年代のクルマのなかには軽くて楽しいクルマがたくさんあった。

●NA型初代ロードスター:1.6L直4、120ps、車重940〜960kg(MT)、1.8L直4、130ps、車重980〜990kg(MT)
●GC8インプレッサ:特にスペックCは最強。2L水平対向4気筒ターボ、280ps、車重1240kg
●初代スイフトスポーツ:1.5L、直4、115ps、車重930kg
●AZ-1:657cc、直3ターボ、64ps、車重720kg
●カプチーノ:657cc、直3ターボ、64ps、車重700kg
●インテグラタイプR(B18C 98スペック R)、1797cc、直4、200ps、車重1060kg
●AW11型MR2(後期型):1587cc、直4スーパーチャージャー、145ps、車重960〜1120kg
●FC3SマツダRX-7:654cc×2、205ps(前期185ps、後期は205ps、アンフィニは215ps)、車重1250kg(GT-R)

でもこれらのクルマは今、異常とも思えるほどの中古車価格高騰につき、よほどのクルマ好きじゃない限り、オススメできません。

ということで、現行車のなかから、軽くて楽しいステキなクルマを5台選んでみました。ないかといえば、必ずしもそうでもない。特に最近は、軽さで勝負のモデルが結構いろいろ出てきているんです!

■マツダロードスター/車重990kg〜1060kg

1.5L、直4:132ps/15.5kgm、価格:255万4200(S)〜325万6200円(RS)

NDロードスターは開発時1トンを切るのが命題だった。2018年7月にマイナーチェンジされ、1.5Lエンジン「SKYACTIV-G 1.5」の最高出力が+1ps向上の132psへ、最大トルクが+0.2kgmの15.5kgm、ロードスターRFの2Lエンジン「SKYACTIV-G 2.0」は最高回転数を6800rpmから7500rpmに引き上げ、最高出力は+26ps (184ps)に最大トルクは+0.5kgm(20.9kgm)に向上

車両重量は990kgから1060kg(6AT)。6MTはSの990kg、Sスペシャルの1010kg、RSの1020kg、NR-Aの1010kg。

なにしろ初代のNA型ロードスターよりも、4代目のND型現行ロードスターのほうが少しだけ軽くてコンパクトなのだ。こんなクルマは世界的に見てもほとんどない。世界遺産に当確って感じ!

その走りは、クラシカルで軽快そのもの。クラシカルというのは、タイヤのグリップに頼らずに、しっかりとロールしつつ、素直に警戒に曲がってくれるという意味だと考えてください。

パワーもクラシカルに控え目だが、軽いから非力には感じないし、逆に全開の楽しみを味わえる。1.5Lという排気量が、すべてをいい方向に導いている。デザインも最高だし、本当に涙が出るようなクルマです。

ただこれがロードスターRFになると、車重は1100〜1130kgに増加し、メタルトップの分、重心も高くなって、それほどのヒラヒラ感はなくなる。エンジンも2L(184ps)になってノーズが重くなるし。ロードスターRFはかなり別のクルマだと考えたほうがいいです。

次ページは : ■アルピーヌA110ピュア/車重1100kg

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ