日産は今こそ「クルマ」で勝負を!! こんな日産車を待ってます!!!!

 日産が大きく変わろうとしている。

 2018年11月19日夕刻、カルロス・ゴーン会長とグレッグ・ケリー代表取締役が、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕された。同日、日産自動車は両氏の不正行為について「数ヶ月前から内部調査していた」と発表。両氏の解任を取締役会に提案している。(本件のニュースはこちらを参照)。

 これは2000年6月から続く「ゴーン体制」の終焉を意味する。

 本件にまつわるニュースは別途あらためて報じてゆくとして、こうした上層部がゴタゴタしているときこそ、本来の領分、足元をしっかり見つめてほしい。

 具体的にいうと、「こういうときこそ、日本の日産ファンに愛されるようなクルマを出すべきだ」といいたい。

 当サイトでは、真の日産ファンが満足するようなクルマを2車を提案してみた。どちらもルノーとのアライアンスを元にしているぶんだけ、開発時間も資金もかからないはずだ。

 今後、ルノーとの提携関係も大きく変わるだろう。だからこそ、こういうクルマを出して、日本の日産ユーザーとの関係を強く持ち、足元を固めてほしい。がんばれ日産! ピンチをチャンスに変えてほしい!!

ベストカー 2018年11月26日号より
文&写真/ベストカー編集部


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ