デカいのになぜ人気?? 大きくても売れる車が秘める人気の理由

 軽自動車のN-BOX、コンパクトカーのノートやアクア、小型ミニバンのシエンタ……。今、日本で売れている車を上から順に見ていくと、小さな車が目立つ。日本車が徐々に大型化するなかで、“海外向けの大きな日本車”も増えたが、その多くが日本のユーザーから支持を得られず、伸び悩む。

 大きい車がそう簡単に売れないという事実は、「俺たちが求めているのは日本に合った適度なサイズの車なんだ!」という“本音”の裏返しでもあるのだろう。

 そんななか、大きくても売れている日本車といえば、トヨタのアルファード/ヴェルファイアだ。1年で車が最も売れる3月の販売台数はアルファードが7000台、ヴェルファイアも5000台超。シリーズ合計で1万2000台超という台数は、ホンダ フィットとほぼ同数。価格も考えれば圧倒的な数値だ。

 アルファードほどではないが、マツダの大型SUV、CX-8や人気が低迷するセダンのカムリも堅調な売れ行きを維持している。どれも全長4.9mを超えるこの3車は「大きくても売れるだけの理由」をそれぞれに秘めている。

文:御堀直嗣
写真:編集部


セダンを凌駕するアルファード/ヴェルファイアの快適性と存在感

アルファード(ヴェルファイア)/全長×全幅×全高:4945×1850×1935mm、2018年3月販売台数:7246台(5484台)。2車種の合計台数は1万2730台と同期のフィットやシエンタをも上回る。2列目シートの居住性に特化したエクスクルーシブラウンジ(写真)も設定

 富の象徴という概念が、変化してきていることを、トヨタのアルファード/ヴェルファイアは示しているのではないか。その発端は、米国市場による。

 ミニバンのみならずSUVを含め、米国でVIPと位置付けられる人々が、それまでのストレッチリムジンからミニバンやSUVに乗り換える傾向が起こった。

 例えば、実際にキャデラックなどのストレッチリムジンに乗ると、天井が低く、室内は必ずしも充分なゆとりがあるわけではない。それに対し、ミニバンは天井が高く、体を屈ませずに乗車できるし、当然ながら室内は広々としている。

 ことに、アルファード/ヴェルファイアでは、いち早く2列目の座席をやや内側へ寄せることにより、前後スライド量を多くとれるようにし、2列目乗員の足元の広さを一層拡大する仕組みを採り入れた。さらには、3ナンバーミニバンでありながら乗車定員が4名という、ロイヤルラウンジと呼ばれる車種も誕生させている。

エクスクルーシブラウンジの室内。2列目シートの居住性を第一に考えた設計とし、フラッグシップセダンを凌駕する快適性が売りだ

 ミニバンは、本来は3列シートによって多人数乗車でき、なおかつ座席を折りたためば荷物もたくさん載せられる実用性優先のクルマだった。米国でも、大柄なミニバンに求められた商品性は、そうした実用性にあったと言える。しかし、ストレッチリムジンからミニバンへという流れが起きた。

 背景を探ると、上記のような後席の乗る人の快適性が優れることが発見され、なおかつ、ストレッチリムジンに比べ背が高いので存在が目立つ。存在感という視点で言えば、アルファードもヴェルファイアも、その顔つきは大きなメッキグリルによっていかめしい。

 そして、周囲へ威圧感を与える。一般庶民とは異なる収入や地位にあることを一目瞭然に周囲へ知らしめることができるのである。

 かつてのストレッチリムジンは、ミニバンほど室内が広くない上に、長い車体を都市部で走らせるには苦労するし、止める場所にも制約が生じる。その点、ミニバンであれば、都市で自由に走れるし、通常の駐車場でこと足りる。

 快適性と、存在感、そして都市部での利便性を総合的に見れば、ストレッチリムジンではなく上級ミニバンを選ぶ理由が見えてくる。

 それでも、なぜトヨタのアルファード/ヴェルファイアが、他のメーカーに比べ圧倒的な販売を実現しているかには、ハイブリッド車の存在を忘れることはできないだろう。

 社会的地位が高い人であれば、自らの業績のみではなく、社会貢献と言った視点での環境への配慮も世に示す必要がある。大きな上級ミニバンで威張っても、排ガスや燃費で社会に悪影響を及ぼす存在であることは嫌がられるに違いない。

 そうした社会性への敏感な配慮を、2003年のハイブリッド車追加でトヨタは示してきた。対して、たとえばエルグランドには今なおハイブリッド車が無い。

“大柄セダン”でもカムリが堅調に売れる理由

カムリ/全長×全幅×全高:4910×1840×1445mm、2018年3月販売台数:3137台。クラウンより大柄なセダンながら、今年の決算期は3000台以上を販売。セダン人気が低迷するなか、堅調な売れ行きをキープする

 トヨタのカムリがフルモデルチェンジをし、好調な販売で推移している。「なにより格好いい4ドアセダンを目指した」というチーフエンジニアの言葉通り、クーペのように後ろへ流れる姿は近年の4ドアセダンのデザイン潮流をうまく採り入れている。

 また、口を大きく開けたようなフロントグリルは、カムリが走ってくることを一目でわからせる、強い存在感を備えている。

 室内は運転者を中心とした造形が施され、見た目にも特徴がわかりやすく表現されている。後席は、前輪駆動車であることを存分に活かし、ゆったりくつろげる空間をもたらしている。

 昨今、4ドアセダン離れといったことが語られるが、例えば東京を例にすれば、輸入車の多くが4ドアセダンかSUV、あるいはステーションワゴンという様相で、SUV一辺倒ではない。きちんとセダンとワゴンが売れている。

 したがって、格好良く、存在感があり、魅力的な4ドアセダンであればまだ売れるのである。そのことは、新型クラウンの販売動向からもうかがい知ることができる。

 そのうえで、カムリも国内仕様においてはハイブリッド車のみの販売となり、燃費が良く環境性能に優れることがわかる。また、ハイブリッドであるがゆえに、上級の4ドアセダンにふさわしい静かで快適な乗り心地を得られる。

 では、なぜミニバンやSUVではなく4ドアセダンなのかと言えば、実は、ミニバンやSUVは高齢になるほど乗り降りしにくいクルマなのである。

 ミニバンの後席乗降用に手すりが設けられていたり、SUVは地上高が高く、床に足を乗せて登るように乗らなければならなかったり、降りるときには足がすぐ地面につかないので不便だ。

 50歳台くらいの中年までであればまだ足腰が強いかもしれないが、高齢になるほどそうした乗降性で敬遠したくなる。あるいは女性でも、スカートをはいての乗り降りは、ミニバンやSUVは苦労するのではないだろうか。

 単にクルマとしての性能や機能、あるいは流行りとは別に、日々乗り降りする日常性を考えると、4ドアセダンの価値はまだ大きく、なおかつ、カムリのように前輪駆動のセダンであれば、荷室も驚くほど広いので、よほど背の高い荷物を積むのでなければゴルフバッグなどを容易に積めるだろう。また背が低い分、走行安定性もミニバンやSUVに比べ優れている。

 米国では、実用車として価格の安い直列4気筒ガソリンエンジンのカムリがもっとも売れ筋だが、国内におけるハイブリッド車は、クラウンほど仰々しくなく、実はかなり狙い目となりえる4ドアセダンの一台なのである。

全長4.9mでも居住性と使い勝手の“妙”光るCX-8

CX-8/全長×全幅×全高:4900×1840×1730mm、2018年3月販売台数:4342台。CX-5よりひと回り大柄なボディサイズながら予想を超える売れゆき。直近でも身内の小型SUV、CX-3と同等の販売台数を稼ぐ

 2017年に追加発売されたマツダCX-8は、3列シートのSUVとして、こちらもCX-5と並んで堅調な売れ行きである。マツダのほぼ同じ大きさのSUVとして、この2台の販売台数を合わせると、登録車におけるベスト10に入るほどの数になる。

 近年、3列シートを持つSUVの人気が全体的に高まっており、CX-8もそうした1台だが、試乗をして実感したのは、3列目の座席もかなり快適な居心地である点だ。

 3列目の座席は、床と座席との高さに余裕がなく、膝を抱えて座る格好になりがちだ。実際、3列目は子供を含め小柄な人しか乗れないような3列シートのSUVが多い。

 そうしたなかで、CX-8は、床をできるだけ低く抑えることにより、膝を抱えるような姿勢が緩和されている。やや足を横へずらすように座れば、よほどの長距離移動でないかぎり苦痛に思わないで済む。

 さらに、当初はディーゼルエンジンのみでの販売だったが、それでも3列目と運転席の人とが普通に会話できる静粛性が確保されていた。3列目に押し込められて座っているという嫌な座席のつくりになっていないのである。

 また、全長は伸びているが、車体全幅はCX-5と同じであるため、駐車場所の確保もそれほど困難ではないだろう。

◆  ◆  ◆

 トヨタのアルファード/ヴェルファイアとカムリ、そしてマツダ CX-8の3車は、いずれも実用性において顧客の願いをかなえる満足度を備えながら、存在感や格好良さにも気を配った3ナンバー車といえるのではないだろうか。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ