アルファード/ヴェルファイアら一部改良!!国産車&輸入車の新型最新情報


華々しいフルモデルチェンジや新型車の登場は比較的大きく取り上げられますが、地味なマイナーチェンジや一部改良は日々のニュースに埋もれてしまいがち。それでも各メーカーはきっちり各モデルを進化させておりますし、そうした小さい進化こそユーザーにとって重要だったりもします。

そんなわけで、2018年10月下旬から12月までにずらずらっと変わったクルマたちをご紹介! アルファード、ベルファイアの一部改良情報、さらにはトール、ハスラー、タンク・ルーミーの一部改良・仕様変更…などなど、人気国産車・輸入車のモデルチェンジ情報、追加グレード情報、年次改良情報を総ざらえ。

この年末年始から春にかけて、新車購入をご検討の方、また周囲にそういう人がいらっしゃる方はぜひご参照ください!

※本稿は2018年11月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月10日号


■トヨタ アルファード/ヴェルファイア(一部改良・10月25日発売)

トヨタのアルファードとヴェルファイアが一部改良され10月25日に発売された。アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店で扱われる。今回の一部改良では、衝突被害の軽減に有効なインテリジェントクリアランスソナーを全グレードに標準装備した。価格は全グレード一律で2万1600円のアップとなる。ヴェルキャブ(福祉車両)車にもベース車と同様の改良を施している。

トヨタアルファード

アルファード

ヴェルファイア

ヴェルファイア。ナビとのセットオプションだったブラインドスポットモニターを、デジタルインナーミラーとの組み合わせにして導入しやすくした

■価格337万6080円〜

■ダイハツ トール/トールカスタム(一部改良・11月1日発売)

ダイハツのトールが一部改良された。スマートアシスト3やコーナーセンサーなど安全装備を追加。

お買い得な特別仕様車「リミテッド」も用意

■価格146万3400円〜

次ページは : ■スズキ ハスラー(仕様変更・11月15日発売)

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ