アルファード/ヴェルファイアら一部改良!!国産車&輸入車の新型最新情報

華々しいフルモデルチェンジや新型車の登場は比較的大きく取り上げられますが、地味なマイナーチェンジや一部改良は日々のニュースに埋もれてしまいがち。それでも各メーカーはきっちり各モデルを進化させておりますし、そうした小さい進化こそユーザーにとって重要だったりもします。

そんなわけで、2018年10月下旬から12月までにずらずらっと変わったクルマたちをご紹介! アルファード、ベルファイアの一部改良情報、さらにはトール、ハスラー、タンク・ルーミーの一部改良・仕様変更…などなど、人気国産車・輸入車のモデルチェンジ情報、追加グレード情報、年次改良情報を総ざらえ。

この年末年始から春にかけて、新車購入をご検討の方、また周囲にそういう人がいらっしゃる方はぜひご参照ください!

※本稿は2018年11月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月10日号


■トヨタ アルファード/ヴェルファイア(一部改良・10月25日発売)

トヨタのアルファードとヴェルファイアが一部改良され10月25日に発売された。アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店で扱われる。今回の一部改良では、衝突被害の軽減に有効なインテリジェントクリアランスソナーを全グレードに標準装備した。価格は全グレード一律で2万1600円のアップとなる。ヴェルキャブ(福祉車両)車にもベース車と同様の改良を施している。

トヨタアルファード

アルファード

ヴェルファイア

ヴェルファイア。ナビとのセットオプションだったブラインドスポットモニターを、デジタルインナーミラーとの組み合わせにして導入しやすくした

■価格337万6080円〜

■ダイハツ トール/トールカスタム(一部改良・11月1日発売)

ダイハツのトールが一部改良された。スマートアシスト3やコーナーセンサーなど安全装備を追加。

お買い得な特別仕様車「リミテッド」も用意

■価格146万3400円〜

■スズキ ハスラー(仕様変更・11月15日発売)

スズキは11月15日、ハスラーに衝突被害軽減ブレーキを標準装備するなどの仕様変更を行った。また、カシオのベイビーGとコラボした特別仕様車ワンダラーを発売。

スズキ ハスラー

■価格110万520円〜

■トヨタ タンク/ルーミー(一部改良&特別仕様車・11月1日発売)

トヨタのタンク/ルーミーが一部改良された。タンクはトヨペット店とネッツ店、ルーミーはトヨタ店とトヨタカローラ店で扱われる。

安全装備のスマートアシスト3と障害物を検知するコーナーセンサーを、Xを除く全グレードに標準装備。安全装備が追加されたが、価格は据え置かれている。

トヨタのルーミー

ルーミー。コンフォートパッケージ、ナビレディパッケージ、内外装がメッキ装飾された特別仕様車G “Cozy Edition”も追加

■価格146万3400円

■トヨタ MIRAI(一部改良)10月30日発売

トヨタの燃料電池自動車MIRAIが一部改良された。全国のトヨタ店、トヨペット店で10月30日より発売された。価格は727万4880円で、従来より3万8880円の値上げとなった。

今回の一部改良で、Toyota Safety Senseを標準搭載。センサーはミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせで、自転車は昼のみの検知となるが、歩行者は昼と夜の両方で検知可能。

さらに、道路標識を認識するロードサインアシスト機能や、ブザーとディスプレイ表示で先行車が発進したことを告知する先行車発進告知機能も追加されている。

また、駐車場などでのブレーキの踏み間違いやアクセルの踏みすぎによって起こる衝突被害を軽減するインテリジェントクリアランスソナーも標準装備し、安全機能を強化している。

最高出力/最大トルクは154ps/34.2kgm、航続可能距離はJC08モードで650kmなので改良前と同じだ。

MIRAIはCEV補助金対象車だ。燃料電池車の補助金額は202万円と非常に大きく、実質500万円台で購入できることになる。自動車取得税、自動車重量税も100%減税となる

■価格727万4880円

■LEXUS RC(マイナーチェンジ・10月31日発売)

より精悍に、よりエレガントに

レクサスのスポーツクーペ、RCがマイチェンを受けた。エクステリアはフラッグシップクーペであるLCの流れを汲み、よりエレガントなものへと昇華されている。特徴的なのは、超小型三眼LEDを縦に配置したヘッドランプユニット。L字型のLEDクリアランスランプと組み合わせることで、新鮮かつ精悍な顔つきとされた。

レクサスのスポーツクーペ、RCがマイナーチェンジ

走行面では2Lターボ車のアクセル操作に対するレスポンスが向上。また、19インチホイール装着車にはグリップ力を高めた新タイヤが採用されたほか、極低速域から充分な減衰力を発揮する改良型ショックアブソーバー、高剛性ブッシュを採用し、フラットな車両姿勢と高い運動性能を両立している。

内装もLCと同意匠のアナログクロックの採用などで、より上質な空間とされた。

■グレードと価格
・RC350(V6、3.5L)…636万〜707万円
・RC300h(直4、2.5L+モーター)…600万〜652万円
・RC300(直4、2L+ターボ)…556万〜608万円

■JEEP 新型Wrangler(フルモデルチェンジ・11月23日発売)

独自の世界観はそのままに、より現代的に大進化

ジープのラングラーがフルモデルチェンジ

ジープブランドの最硬派モデル、ラングラーが11年ぶりのフルモデルチェンジを受けて登場。グレード構成は新設計の2Lターボエンジンを搭載する「Unlimited Sport」、23%もの燃費向上を果たした改良型3.6Lエンジンを搭載する「Unlimited Sahara Launch Edition」、そして受注生産となる2ドアモデル「Sport」の3グレード構成となっている。

またホイールベース延長により居住スペースが拡大。後席は背もたれの形状や角度が最適化され、快適性が大きく向上した。

■グレードと価格
・Sport(2ドア、3.6L)…459万円

・Unlimited Sport(4ドア、2Lターボ)…494万円
・Unlimited Sahara Launch Editon(4ドア、3.6L)…530万円

■VW Passat Alltrack(追加グレード・10月31日発売

よりアクティブに楽しめるパサート

フォルクスワーゲンのパサートシリーズに、クロスオーバー的要素を備えた4WDモデル、パサート オールトラックが新設定。

190ps/40.8kgmを発生する最新の2Lディーゼルターボエンジンには6速DSGが組み合わされ、高い走行性能と優れた燃費効率を実現。またラフロードでの走行を鑑み、制動距離をより短くするためのABS調整、ヒルディセントアシストなどを備えた専用のオフロードモードも搭載されている。

最低地上高はパサートバリアントより30mm高い160mm。先進の安全機能も搭載される。もちろんエコカー減税の100%免税対象車だ。

■価格509万9000〜569万9000円

■ジャガー XF/XE(年次改良・10月29日/25日発売)

ジャガーの「XF」と「XE」の2019年モデルが発売された。

2台とも、スマートフォンと連動するコネクティビティ機能を標準装備。また、300psまで最高出力を引き上げた新グレード「300スポーツ」を追加している。加えて、XFはレーンキープアシストも全グレードに標準装備した。

XE

XF。2台ともコネクティビティ機能がかなり強化された。価格はXFが9万円のアップ、XEが15万円のアップとなる

■価格
・XF…614万円〜
・XE…466万円〜

■VW アルテオン(グレード追加・10月26日発売)

フォルクスワーゲンのアルテオンに新グレード「TSI4モーションエレガンス」が追加された。グレード「Rライン」をベースに、レザーシートのカラーバリエーションを3色追加。内装にウッドパネルを採用し、質感を向上させた。また、オプションにプレミアムサウンドシステムをセットにしたラグジュアリーパッケージを新設定した。

フォルクスワーゲンがアルテオンの追加グレードを発表

■価格599万円


■【惜別】 VW ビートル “マイスターシリーズ”(特別仕様車・10月23日発売)

2019年に販売が終了するビートルの特別仕様車、マイスターシリーズが10月23日より発売された。デザイン、Rライン、2.0Rラインにそれぞれ設定され、快適装備や専用装備を多数追加。

3グレード共通で人気オプションのバイキセノンヘッドライトとVW純正ナビ、リアエンブレム内蔵型リヤビューカメラを標準装備した。価格はベースから25万〜40万円のアップとなる。

フォルクスワーゲンがビートルマイスターシリーズを発売

■価格303万円〜

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ