センチュリーが新天皇パレード車に決定!!! 予算はなんと8000万円!! さっそくCGで制作してみた!!!


2018年1月17日、政府、内閣官房・内閣府皇位継承式典委員会(委員長・安倍晋三首相)は、第3回会合を開き、新天皇が2019年10月22日に行われる祝賀パレードで使用するクルマを、「トヨタセンチュリー」に決定した、と発表した。

そこで、ベストカーではさっそく、センチュリーをベースにしたオープンカーと、御料車センチュリーロイヤルのオープンカーをCGで作ってみた。まだ、実車がどのような形になるのかわからないが、ひと足早くお見せしよう。

文/ベストカーWEB編集部
写真/工藤直道写真事務所 ベストカー(CG)
初出/ベストカー2019年1月26日号


■ロールス・ロイスからどのお車に代わるのか、会議が重ねられた

1990年11月12日、祝賀御列の儀にて(ロールス・ロイス・コーニッシュIII)

2019年4月30日、天皇陛下の御退位に伴い、皇太子徳仁殿下が御即位。その御即位を広く国民に披露するパレード「祝賀御列の儀」が2019年10月22日に執り行われる。

御即位を公に宣明されるとともに、その御即位を内外の代表がことほぐ「即位礼正殿の儀」の後、同日に行われる「祝賀御列の儀」。前回、1990年の天皇陛下御即位の時は11月12日に行われ、天皇皇后両陛下はロールス・ロイス・コーニッシュIIIにお乗りになり、皇居宮殿から赤坂御所(現・東宮御所)まで進まれた。

この時に使われたロールス・ロイス・コーニッシュIIIは、皇太子同妃両殿下による結婚の儀の際にも使用されたが、登録自体が1990年9月と古く、2007年3月には廃車。現在は参考用として保管されている。

それでは2019年秋の祝賀御列の儀に使用されるお車は何になるのか? 政府が示した案は第1案/平成度の御料車を整備。第2案/新車を購入。第3案/現在の御料車を使用、の3案。

平成度の御料車(ロールス・ロイス・コーニッシュⅢ)を整備するという①の案は、エンジン、ミッションのオーバーホールや車内クリーニング、塗装そして車両の再登録も必要とのことで選択肢から外れ、第2案に決まった。

■お車に求められる厳しい要件

1993年6月9日、皇太子同妃両殿下の結婚の儀の時の一枚。車両はロールス・ロイス コーニッシュⅢ。この時が最後の公式行事への出動となってしまった

お車の求められる条件等については、第2回式典委員会において、「新車の要件」として掲げられた以下を満たすことが前提となった。

お車に求められる要件等
1/国内で入手可能
2/車列を組む他の車両より車格が高く、サイズが大きい
3/後部座席に一定の広さを確保可能
4/安全性能(衝突安全、自動ブレーキ等)が高い
5/環境性能(燃費、排出ガス浄化性能等)が高い

また儀式の趣旨等を踏まえると、以下の点も考慮する必要があると発表された。

ア/後部座席にご乗車になる天皇皇后両陛下のお姿が沿道等から見えやすいこと
イ/環境物品等の調達に関して、内閣府本府が定める方針(平成30年度)に合致すること
ウ/車体強度の確認、試験走行等を十分に行った上で、儀式までに余裕をもった期日までに確実に納車さ  れる見地味があること
エ/用途に支障をきたすことのないよう良好な整備・保守サービスを継続的に受けることができる体制が  整えられていること
オ/儀式終了後の有効活用や日常の保守管理が容易であること

※原文まま

次ページは : ■予算は8000万円、6社に打診

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ