アウトォ!!! 知らず知らずのうちにやっていたこの行為 実は違反だった!?

 普段、知らず知らずのうちに行なっているけど、実は違反だったということが結構あるんです。こんなことが違反だなんて知らなかった……。

 でも違反は違反、知らなかったでは済まされません。警察に捕まってしまう前に、これを読んでしっかりと頭にインプットしておきましょう!

文/野里卓也
写真/野里卓也 ベストカーWEB編集部 Adobe Stock


■夏(ノーマル)タイヤで雪道を走るのは違反行為!

2018年1月22日、都心部で4年ぶりに20cmを超える大雪が降ったが、その時にサマータイヤを履いたまま走り、坂道で道路を塞ぐクルマが目立った。写真はサマータイヤを履いたクルマを警察官が押している様子

 この時期になると思い出すのが関東地方に降った大雪。最近では2018年1月22日に都心でも20cmを超える大雪が降った。また同年2月には北陸地方でも大雪が記録され、その時は福井県にて道路上で取り残された人たちを救出するために自衛隊の出動要請も記憶に新しいだろう。

 特に関東地方の大雪では夏タイヤを履いたままのクルマが立ち往生を起こして極度の渋滞や事故を引き起こした原因とされている。

 というわけで、夏タイヤを装着したままで雪道を運転すると『公安委員厳守事項違反』に該当し、反則金6000円(普通車)の罰則があるのだ。

 詳しく挙げると道路交通法第七十一条(運転者の厳守事項)の六項にて、“……中略、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項”とある。  

 よって、各都道府県の公安委員会による道路細則でスタッドレスタイヤの装着やタイヤチェーン等滑り止めの措置をしなければいけないことが定められているのだ(※沖縄県は除く)。

 積もらないだろうという安易な考えで、サマータイヤを履いたまま走るのは金輪際やめましょう!

 なお、国土交通省では2018年12月14日に「道路標識、区画線および道路標識に関する命令の一部を改正する命令の公布について~チェーン規制に関する改正~」が公布・施行されたのだが、それによると、タイヤチェーンを取り付けていない車両の通行止め規制標識等の新設などが施行されている。

 スタッドレスタイヤでもチェーンを装着してなければ規制区間を通行することはできなくなるので、該当する場所を走る際はチェーンの装備が必要になるので注意してほしい。

 スタッドレスタイヤが義務化される予定の道路は、国道6カ所と、高速道路7カ所の計13カ所。義務区間などは以下の通り。

 これらの区間でチェーン装着を義務付けるのは、大雪特別警報や大雪に対する緊急発表などがあった場合に限るとしている。

■国道
国道112号(山形県西川町志津~鶴岡市上名川の27km)
国道138号(山梨県山中湖村平野~静岡県小山町須走字御登口の9km)
国道7号(新潟県村上市大須戸~村上市上大鳥の16km)
国道8号(福井県あわら市熊坂~あわら市笹岡の4km)
国道54号(広島県三次市布野町上布野~島根県飯南町上赤名の12km)
国道56号(愛媛県西予市宇和町~大洲市松尾の7km)

■高速道路
上信越道(長野県・信濃町IC~新潟県・新井PAの25km)
中央道(山梨県・須玉IC~長坂ICの9km)
中央道(長野県・飯田山本IC~園原ICの10km)
北陸道(福井県・丸岡IC~石川県・加賀ICの18km)
北陸道(滋賀県・木之本IC~福井県・今庄ICの45km)
米子道(岡山県・湯原IC~鳥取県・江府ICの34km)
浜田道(広島県・大朝IC~島根県・旭ICの27km)

■ペダル付き電動自転車は原付免許が必要! 電動アシスト付き自転車とどう違う?

和歌山県のFine Trading Japanという会社が販売しているglafitバイク。見た目は折り畳み自転車だが、フレーム内に10.2Ahの大容量バッテリー、後輪にはホイール一体型モーターを搭載。道交法上では原動機付自転車という位置づけにあるため、ブレーキランプや方向指示器、ナンバープレート取付板などといった保安部品が取り付けられている。電動アシスト付き自転車とは違う

原付用ナンバープレートを装着している

 これは、2019年1月24日、東京都福生市でベトナム国籍の女性が書類送検され、ニュースになった事件。問題となった自転車だが、ペダルをこがなくても自転車に搭載されたバッテリーとモーターで走ることができる「ペダル付き電動自転車」と呼ばれるもの。

 ペダルをこがなくても時速20km/h程度で走行できるそうで、バイクのように右グリップがアクセルになっていたそう。道路交通法では自転車は“ペダルまたは手を使ったクランクを用い、人の力により運転する二輪以上のクルマ”と定められている。

 よって、この自転車の場合、自走ができるので原付扱いになるのだが、ウインカーやブレーキランプ、それにナンバーなどが付いていなかったという。

 この場合だと公道を走るのは不可だ。書類送検された女性も「違法だと知っていたが、ラクなので使っていた」と言っており、法律違反(無免許運転)であるのは認識していたようだ。

 ちなみに最近ではバッテリーとモーターを搭載した普及タイプの自転車(ママチャリ)やスポーツタイプの自転車も数多くみられるが、それらは「電動アシスト自転車」と呼ばれるもの。ペダルをこぐ力をサポートするもので、ペダルをこがなければモーターは動かないので、れっきとした自転車。実にややこしいが上記の電動自転車とは全く異なるのだ。

■エンジンをかけたままクルマから離れたらアウト!

 クルマに鍵をつけたまま、エンジンをかけたまま、あるいは窓を全開にしたまま、 クルマから離れるという行為。これはコンビニエンスの駐車場でわりと見かける光景でもあるが、なかでも心配になるのがクルマのエンジンをかけたまま店内へ入る人……。なんとこれは違反行為だった! 

 もっとも違反点数が加算されるわけでもなく、罰則は「公安委員会厳守事項違反」となり、反則金6000円(普通車)となる。

 ところで、「公安委員会厳守事項違反」とはあまり聞き慣れない言葉だと思うので、説明しておこう。

 道路交通法第七十一条(運転者の厳守事項)の第六項に「……中略、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項」とある。公安委員会とはご存じのように日本全国の各都道府県下に公安委員会があり、その公安委員会によって決められた道路交通細則(ルール)がある。

 最近では福井県で、僧侶が僧衣を着衣してクルマを運転したところ福井県警に検挙され、反則金の支払いを僧侶が拒否したのは記憶に新しいのだが、これも福井県独自の道路交通細則によって取り締まりが行なわれたもの。

 後に福井県警は「改めて検挙された内容を精査したところ、証拠の確保が不十分で違反事実が確認できなかった」と、お咎めなしを発表したのだが……。

 このように「公安委員厳守事項違反」というルールがあることは知っておきたい。

■両耳にイヤホンを付けたまま、自転車を走らせる行為は御法度!

自転車で走行中にイヤホンやヘッドホンをした場合、周囲の音が聞こえなくなるので危険極まりない

 2015年6月に道路交通法が改正され、自転車を運転する際の取り締まりが一層強化されたのが、自転車の運転者にルール違反があった場合は警告カード(イエローやレッドカードと呼ばれ14歳以上が該当)が渡されるようになった。

 上記の場合だと、運転中に周囲の音が聞こえない状態なので、安全運転義務違反として警告カードが渡される例が多いようだ。これらのカードが渡されても罰則や講習の対象とはならないのだが、地域によっては3年以内に2回以上検挙されると3カ月以内に指定された期間内に「自転車運転者講習」を受講しなければならないという。

 いずれにせよ、自転車という身近な乗り物ではあるが、歩行者と接触し重傷を負わせて多額の賠償金の支払いを命じられた事件もあったので、自転車に乗る際は十分気をつけて運転したい。

●クルマを停車時、後方に注意を払わないで乗り降りしたら……

 クルマを停車して、後続車(後方)に注意を払わないで乗り降りすることありませんか? ついうっかりやってしまいそうな行為だが、これも道交法違反になる。 

 同乗者がいる場合は、その人が乗り降りする際も注意を払わなければならないのだが、道路交通法第七十一条(運転者の厳守事項)の四の三項にて、“安全を確認しないで、ドアを開き、または車両等から降りないようにし、およびその車両等に乗車している他の者がこれらの行為により交通の危険を生じさせないようにするため必要な措置を講ずること”とある。

 この場合だと「安全不確認ドア開放等」という、違反に該当するのだ。違反点数は1点で反則金6000円(普通車)となる。過労した状態でクルマを運転すると違反! さらに重い刑になる可能性も!

■疲労困憊でクルマの運転をしたら……

疲労困憊で運転したら一発で免許取り消しになる

 驚かれるかもしれないが、疲労困憊の状態で運転してしまうと「過労運転等」という違反に該当し、違反点数も25点で、一発で免許取り消し! 

 とはいうものの、飲酒運転の検問のように、過労運転を検知する機械(そんなの見たことも聞いたこともないが)で数値を測定して……というように、過労運転そのものを検挙するというものではなく、重大交通事故などで開廷した裁判で下される判決で、取り上げられることが多い。

 ここまで認定されると運転手だけではなく、運転者を雇用していた使用者(法人)まで責任がおよぶことも多く、とても重い判決が下されることも少なくないようだ。ちなみに反則金自体はない。

■車庫証明ステッカーの貼り付け不備は違反だが……

クルマの窓ガラスにしっかりと貼っていますか?

 これもわりと見かけるものだが……。実は保管場所標章(車庫証明)をクルマのリア、あるいはサイドガラスへ装着していなくても、特に罰則は規定されておらず、さらに言うと反則金等などもないのだ。

 ただし、「自動車の保管場所の確保等に関する法律」の第六条2項にて“前項の規定により保管場所標章の交付を受けた者は、国家公安委員会規則で定めるところにより、当該自動車に保管場所標章を表示しなければならない”とある。

 よって、保管場所ステッカーを貼るのはちゃんと義務化されているので、罰則がないからと言ってステッカーを貼らずにそのまま走らせるのは控えるべき。なお、ステッカーを紛失してしまった場合は管轄の警察署で再発行が可能だ。

■助手席のダッシュボードに両足をあげていると……、運転者自身が違反に!

なにげない行為が違反になっている典型的な例。助手席側のダッシュボードに足をあげる行為は安全運転義務違反に問われる

 助手席側のダッシュボードに両足をあげて走っていませんか? これは「安全運転義務違反」として、反則点数は2点、反則金も6000円(普通車)となる。

 また、この場合だと運転者が違反に問われるので、助手席に座っている人が家族、あるいは職場の上司でこのような行為を行っていたら心を鬼にして注意をするべし。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ