【現行車の車名当てクイズ】このクルマの名前、わかりますか? Vol.75

【現行車の車名当てクイズ】このクルマの名前、わかりますか? Vol.75

 もし街で見かけて「あのクルマの名前は?」と誰かかから聞かれた際に、クルマ好きならささっと答えたいところ。でも、一部だけ見ると「あれ…、このクルマ、なんて名前だったっけ…??」となること、ありませんか。本企画では、一部の写真から車名を当てるクイズをお届けします(クイズ公開時点での現行販売車のみ)。「知ってる!」という方は、このクルマの思い出や知識とともにSNSで正解を呟くと、このクルマの思い出や知識がひとつ増えることになります。

文/ベストカーWeb編集部
難易度…★☆☆☆☆

【現行車の「顔」の一部だけチャレンジギャラリー】画像の一部で車名が分かる?

■このクルマの車名は……?

正解…トヨタ・ハリアー
間違えやすい車名…プリウスPHV(モデルチェンジ前)

※強いていえば、モデル末期の方のプリウスPHVにヘッドランプ周りが似ている。ちなみにハリアー、北米ではヴェンザという名前で販売されている。

 ハリアーのモデルチェンジは2020年6月。「より人生を豊かにするパートナー」という題目を提げて登場した。

 現代のソアラともいわれる本車、最安価格は300万円前半、対して最高額は620万円に達する。実に広いレンジの価格帯となっている。

 620万円のハリアーに搭載されるパワープラントはRAV4と同じ、225kW(306馬力)の2.5L PHEV。「速い」といわれる領域に入っているものだ。

 予防安全技術も横断する歩行者に対応する新しいものを採用。クルマがWi-Fiスポットになる「車内Wi-Fi」も搭載している。

 元々海外でレクサス・RXだったものをトヨタバッチに変えたのがハリアーだったが、先代型より日本市場のために存続した本車。現行型では名前を変えて北米販売されているという、不思議な歴史を重ねている。

 日本ユーザーのために残った本車とその名前。大事にしてあげたい。

【現行車の「顔」の一部だけチャレンジギャラリー】画像の一部で車名が分かる?

 

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ