火星の生活とクルマ〜2025年、片道切符の火星移住計画〜


 一次選考に残った日本人は10人。最後まで残れるか?


約6000億円かかるが個人負担はなし!!

 オランダの民間非営利団体「マーズワン財団」が進める2025年からの火星移住計画をご存じだろうか?

 年明けにTVや新聞などで耳にした人が多いハズ。この壮大なプロジェクトは’11年からスタートし、昨年4月から移住希望者を募集したところ、世界107カ国から20万2586人が殺到した。

 昨年8月で募集を締め切り、12月30日、一次選考で1058人が選ばれた。内訳は多い順にアメリカ人が297人、カナダ人が75人、インド人が62人、ロシア人が52人。日本人は396人が応募し、10人(男女5人ずつ)が選ばれている。

 今年中に最終選考で24人に絞り込み、7年間の宇宙飛行士に必要な訓練を経て、’24年から2年ごとに4人ずつ火星に旅立ち、’33年には計20人が火星に移住する、としている。

 この火星移住計画、ほんとに実現するのか? しかも火星から地球に戻る宇宙船を打ち上げるのは技術的に不可能なため、移住者は二度と地球には戻れない、片道切符である。

 火星は地球のすぐ外側に軌道を持つ惑星。地球と比べると直径は約半分、表面積(全土が硬い岩石)は約4分の1、重力は約40%。平均気温はマイナス43度、最低気温はマイナス140度に達する。

 火星の重力は地球よりも弱く、大気が希薄なために熱を保持する作用が弱い。火星の大気は二酸化炭素が約95%、窒素が約3%、アルゴンが1・6%、そのほか、水蒸気が0・03%、酸素が0・13%である。

 しかし、約30億年より古い地質からは多くの流氷地形が存在し、かつては表層に液体の水が存在しうるほど温暖で湿潤な惑星だったことが、昨年NASAのキュリオシティ(無人火星探査車)の調査によって実証された。火星の地表面の土を採取し、分析したところ、重量比約2%の水分が含まれていることがわかったのだ。

 一番気にかかるのは最初の4人を移住させるのに約60億ドル(約6300億円)、その後4人ずつ送り出すのに約40億ドル(約4200億円)かかるが、その資金調達はどうするのかということ。

 寄付金やスポンサーからの資金提供、そしてテレビ番組によるもの。これは火星居住者たちの訓練や火星での暮らしをテレビ番組のコンテンツビジネス化するというものだ。

 現在スポンサーは23ほどついており、世界各国の企業、インターネットプロバイダ会社、法律事務所、家電量販店、3Dプリンターの会社などさまざまだ。

火星ではどんなクルマが走れるのか?

 火星では酸素がほとんどなく、ローバーと呼ばれる半自律探査車(EV)が走っている。マーズワンのローバーの中身は明らかにされていないがCGを見るかぎり、動力源は太陽電池のようだ。

 いっぽう、現在、火星で稼働中のローバーはキュリオシティと呼ばれ、原子力電池を動力源に使っている。この原子力電池の元素が崩壊する際に出す熱を利用し電気を生み出す。装置の中核となる熱源としては、放射性元素であるプルトニウム238が利用されている。

 さらに、ここには熱電対と呼ばれる、熱を直接電気に変換する装置が取り付けられており、この装置により電気を生み出す仕組み。ミッション初期には125W、寿命が長く14年経っても100Wの電力が得られる。前モデル、MERの1日の供給電力が約0・6kWh、キュリオシティは2・5kWhと段違い。

 キュリオシティの最高速度は90m/h、路面状況を考慮に入れると平均30m/h、1日200m、2年間で19km移動

 車体は長さ3m(ロボットアーム含まず)、幅2・7m、高さ2・2m、重量は899㎏。科学機器が合計10個搭載され、6輪の車輪それぞれにモーターが装着されている。また、角にある4つの車輪には、それぞれに方向操舵用のモーターを装着。前方と後方の車輪は独立して操舵することが可能。

 サスペンションはロッカー・ボギー・システムと呼ばれる機構を採用しており、左右の車輪を独立に操作することができるほか、左右の車輪を独立に動作させることができるため、たとえ片方の車輪が砂地にはまるなどして動けなくなっても、片方の車輪でローバーを動かすことが可能だ。

 マーズワンのローバーのCGイラスト。上のキュリオンティに比べ大掛かりな探査をしないためか太陽電池を使う

次ページは : 火星に移住する前に知っておきたいこと

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ