最安ベンツはクラス最強!! ライバルを蹴散らす新ベンツAクラスの競合は!?

2018年10月18日から受注が開始された新型メルセデスベンツAクラス。A180が328万円、A180スタイルが369万円と、メルセデスのエントリーモデルとしてはお求めやすい価格ではないだろうか。

この価格帯のライバル車といえば、ガチンコ勝負の欧州CセグメントのVWゴルフやBMW1シリーズ。それ以外にもセレナe-POWERやステップワゴンハイブリッドなどの上級グレードやアルファード、ヴェルファイアなど、国産ミニバンと同価格帯でもあるのだ。

そのメルセデスベンツAクラスに公道初試乗! 「ハイ!メルセデス」と呼びかけて起動し、自分の言葉や指先で操作できるMBUXもテストしてみた。どんなクルマに仕上がっているのか徹底チェック!!

文/ベストカー編集部
写真/西尾タクト
初出/ベストカー2019年3月10日号


■デジタル世代にピッタリな新型ベンツAクラス

背の高いBクラスが控えているということもあり、スポーティに振りすぎた先代よりもパッケージングに優れた新型Aクラス

小さかろうが、最廉価クラスだろうが、やっぱりベンツはベンツなのだなぁ、と実感させられた。新型Aクラスは〝Hi Mercedes〟に象徴される音声認識コマンド、MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)がクローズアップされがちだけど、まずはキッチリとベンツのクルマに仕上がっている、という基本部分を改めて実感させられた。

なんというか、とにかく車体がガッチリしていてスタビリティが高く安心感があり、運転操作に対しドライバーの期待どおりにクルマが動いてくれる。これはCクラスでもEクラスでも、もちろんSクラスでも感じられる、メルセデスベンツ車すべてに共通したテイストだ。

写真は225/45R18サイズのタイヤを履くAMGラインでスポーティなルックスだが、ノーマルの205/60R16タイヤの乗り心地もしなやかで好ましいものだった。18インチでもけっして硬いということはないのだが、16インチのしっとりとした乗り心地は捨てがたい魅力

全長4420㎜(AMGラインは4440㎜)、全幅1800㎜、全高1420㎜というボディサイズは決してコンパクトではないが大きすぎることはなく、国産車でいえば全幅を除けばプリウスよりも小さく、アクセラスポーツに近いサイズ感。街中での取り回しは国産同クラスの感覚。全高が低くスタイリッシュな印象だ。

室内、特に後席の居住性が心配だという人もいるだろう。身長176㎝のボク(ベストカー編集部梅木)が座ってみると、前席背もたれの膝が当たる部分がえぐり取られる形状をしていることもあり、膝が当たることはない。

また頭上もコブシ1.5個ぶんの余裕があり、狭さを感じることはなかった。後席はフロアが意外と低いこともあり、腿がしっかりと座面に密着する姿勢となるためスッと包まれるような着座感で長時間のドライブでも疲労は少なそうだ。

A180スタイルAMGラインのシート。後席は身長176cmの担当が座ってもコブシ1.5個分の余裕があった

■「ハイ、メルセデス」と呼びかけると、ちゃんと反応してくれた!

インパネはワイド液晶モニターが横に2連奏され、グラフィックな表示でいかのも現代的

さっそく「ハイ、メルセデス」と呼びかけてMBUXを起動し、目的地を神奈川県葉山に設定。意外とラフな言葉遣いでも認識してくれてストレスはない。

ちょっと室内が暑くなってきたので「ハイ、メルセデス、ちょっと暑いんだけど」と呼びかけるとエアコン温度を下げてくれる。

日本語の方言をちゃんと認識するのか気になっていたので、関西弁で話してみた。「ちょっと暑いんだけど」のちょっと馴れ馴れしい標準語の場合では、「暑い」の単語に反応している。

タッチパネルで操作もできるMBUXのディスプレイ

「めっちゃ暑いねんけど」「ごっつ暑いやん」といった関西弁で話してみると「暑い」の単語に反応して、温度を下げてくれた。

地域によって語尾が違う方言でも対応はするとのことだが、完全に発する言葉が違う方言については認識しないのは当然といえば当然か。言葉が通じない場合は、「もう一度お話しください」と返される。

それにしてもワイドな液晶モニターを2連装したインパネはグラフィカルで美しいし、視認性にも優れる。

136ps/20.4kgmを発生する直4、1331ccターボは1500回転あたりから2500回転のトルクが力強く、実用域での加速に不足はない。

■価格は328万〜369万円というベンツ最安価格

ベーシックなA180のお値段は328万円。これに世界最高基準の予防安全&インテリジェントドライブシステムのレーダーセーフティパッケージ(24万5000円)とナビパッケージ(18万4000円)を装着して370万9000円。

A180スタイルはパーキングガイダンス機能付きパークトロニック、アクティブパーキングアシスト、前席メモリー付きパワーシート、シートヒーター、電動ランバーサポート、後席アームレスト、クライメイトコントロール(独立調整式オートエアコン)、10.25インチコクピットディスプレイ(A180は7インチ)といった装備が充実していて価格は369万円。

■最大のライバル、VWゴルフとBMW1シリーズと比較

さて、最大のライバルといえば欧州CセグメントVWゴルフとBMW1シリーズだ。ただ2車種ともに新型のフルモデルチェンジが2019年に控えている。

VWゴルフは8代目の新型が2019年9月のフランクフルトモーターショーで登場するといわれおり、日本デビューも2019年末と予想されている。

現行7代目ゴルフは2017年5月にビッグマイナーチェンジし、12.3インチのフルデジタルメーターを装備するなど、リフレッシュを受けている。

またBMW1シリーズも2019年3月のジュネーブショーで公開を控えており、日本導入も早ければ2019年秋にデビュー予定。これまでのFRからFFに変更される点に注目だ。

とはいえ、ベンツAクラスとVWゴルフ、BMW1シリーズを比較対象にして、購入を考えている人もいるのでこの3車種を比較してみた。

328万円という戦略的な価格のA180。スポーティでカッコいい

■メルセデスベンツAクラス

価格:A180/328万円、A180スタイル/369万円(AMGラインは25万5000円アップ)
ボディサイズ:全長4440×全幅1800×全高1420mm、ホイールベース:2730mm
エンジン:1.3L、直4ターボ(136ps/20.4kgm)
トランク容量:370L

■VWゴルフⅦ

2017年5月にビッグマイナーチェンジして内外装をリフレッシュした7代目ゴルフ

価格:TSIトレンドライン/253万9000円、TSIコンフォートライン/279万9000円、TSIコンフォートライン・テックエディション/302万9000円、TSIハイライン/331万9000円
ボディサイズ:全長4265×全幅1800×全高1480mm、ホイールベース:2635mm
エンジン:TSIトレンドラインとTSIコンフォートラインは1.2L、直4ターボ(105ps/17.8kgm)、TSIハイラインは1.4L、直4ターボ(140ps/25.5kgm)
トランク容量:380L

■BMW1シリーズ 

次期型はFFになるといわれており、走りを楽しみたいなら現行型のFRがオススメ

価格:118i/320万円、118i Mスポーツエディションシャドウ/382万円、118dファッショニスタ/407万円、118d Mスポーツエディションシャドウ/407万円、120iスポーツ/453万円、120i Mスポーツ/466万円、M140iエディションシャドウ/655万円
ボディサイズ:全長4340×全幅1765×全高1440mm、ホイールベース:2690mm
エンジン:
118i1.5L、直3ターボ(136ps/22.4kgm)。118d/2L、直4ディーゼルターボ(150ps/32.6kgm)。120i/2L、直4ターボ(184ps/27.5kgm)
トランク容量:360L

新型Aクラスのボディサイズは、全長4440×全幅1800×全高1420mm。先代Aクラスと比べると、120mm長く、15mmワイド、15mm低くなっている。ホイールベースは30mm伸びて2730mmとなった。

全長は4440mmとAクラスが最も長く、ゴルフよりも175mm、1シリーズよりも100mm長い。全幅はAクラスとゴルフが同じ1800mm、BMW1シリーズが1765mmと最も狭い。全高はAクラスが1420mm、ゴルフが1480mm、BMWシリーズが1440mmとAクラスが最も低い。

やはり現行ゴルフ、BMW1シリーズと比べると、音声認識システムや大型のフルデジタルメーター、コネクティビティなどの最新鋭装備は、新型Aクラスに軍配が上がる。

■高級ミニバンもベンツAクラスと同価格帯

国産ミニバンにカーナビをオプションで付けたらほぼ同価格帯だ。調べてみると、セレナe-POWERの車両本体価格は296万8920〜340万4160円、ステップワゴンハイブリッドが330万480〜360万2880円と国産ミニバンの上級グレードが同価格帯となる。さらに、アルファード2.5Lが337万6080〜420万6600円と同価格帯だ。国産ミニバンを狙っているユーザーもAクラスも視野に入ってくるので、検討してみてはいかが?

ミニバンと欧州Cセグメントの5ドアハッチバックという差はあるが価格帯は近い。セレナe-POWERは296万8920〜340万4160円とベンツAクラスの価格帯とほぼ同じだ

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ