「MT車に出戻りたい!!」なんて密かに思ってる人にお薦めの「癒し系MT車」5選

「MT車に出戻りたい!!」なんて密かに思ってる人にお薦めの「癒し系MT車」5選

 AT車に慣れきってしまったというクルマ好きのアナタ、そのカーライフに満足してる? ドライブの際に刺激が欲しいと思っている人は、MT車に出戻ってみてはいかがだろうか。だからといって、スポーツカーをお薦めするのでは芸がない……ということで、ここでは癒し系MT車と題して、軽自動車にコンパクトカー、セダンにステーションワゴンにSUVまで新車で買える5台を紹介したい。

文/FK、写真/スズキ、トヨタ、ホンダ、マツダ

生産終了が決定したトヨタ・C-HRを新車で買うなら今のうち!

「MT車に出戻りたい!!」なんて密かに思ってる人にお薦めの「癒し系MT車」5選
ワイドスタンスを強調する前後の造形やクーペボディを連想させるルーフラインなどによってスタイリッシュな印象を与えるC-HR。MT車の車両本体価格は239万2000円から269万2000円

 徹底的なデザインへのこだわりで話題となった2016年12月登場のC-HR。発売1カ月後の受注台数も約4万8000台という好調な立ち上がりを記録した。

 しかし、ライバルたちに比べて、個性的なスタイリングを優先させたがゆえに実用面での使い勝手に劣る面が多々あったことからセールスは伸び悩み、残念ながら2023年7月に生産が終了することとなった。

 とはいえ、“センシュアルスピードクロス”をキーワードにスピード感のあるキャビン形状、彫刻的な面造形、ダイヤモンドをモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出したホイールフレアの対比といったC-HRならではのスタイリングはいまなお健在だ。

 そんなC-HRはハイブリッド2WD、ガソリン2WD、ガソリン4WDの3種類に大別されるが、そのなかで唯一、ガソリン2WDモデルには6MT車が設定されている。

 2019年8月に行われたマイナーチェンジでガソリン2WDモデルの6MTに新採用されたのは、変速・発進操作をアシストするインテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)。コンピュータがドライバーのクラッチ&シフト操作にあわせて最適なエンジン回転数になるように制御することで、不快なショックを感じさせないスムーズな変速操作をサポートしてくれるという優れモノなのだ。

 これなら、しばらくMT車から遠ざかっていた人も安心してドライブすることができるのはもちろん、爽快な走りと操る楽しさによってクルマ本来の楽しさも十分に味わえる。

次ページは : 軽商用車唯一の6MTと聞くだけでテンションが上がるホンダ・N-VAN

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!