運賃箱など最新鋭のバス運行機器も展示……『バスフェスタ2023inモレラ岐阜』が熱すぎた!!

運賃箱など最新鋭のバス運行機器も展示……『バスフェスタ2023inモレラ岐阜』が熱すぎた!!

 数年ぶりに行動制限もなかった2023年の大型連休は各所で渋滞や混雑のニュースが流れ、かつての賑わいを思い出させるようであったが、そんな例に漏れず筆者も少しお出かけしてみた。連休中に開催されたバスのイベントの様子をお届けする。

文/写真:東出真
編集:古川智規(バスマガジン編集部)
(詳細写真は記事末尾の画像ギャラリーからご覧いただくか、写真付き記事はバスマガジンWEBまたはベストカーWEBでご覧ください)

■岐阜バスのICカード乗車券

岐阜バス
岐阜バス

 ゴールデンウィークがスタートした4月29日、岐阜県本巣市にあるショッピングモール「モレラ岐阜」にて岐阜バスが主催する『バスフェスタ2023inモレラ岐阜』が開催された。

 筆者が向かったのはJR岐阜駅で、モレラ岐阜へ向かうバスが出ている。時刻表を見ると1時間に1本程度だが、逃してしまうとしばらくはバス停で待つことになるので注意が必要だ。

 また事前にバス案内所で見てみると所要40分、運賃は420円だという。案内所で乗車券を購入可能ということなので買っておいたが、岐阜バスは独自にサービスしているICカード「ayuca(アユカ)」のみが利用可能。その他のSuica、マナカ等の鉄道系ICカードには非対応である。

岐阜バス乗車券
岐阜バス乗車券

 実は岐阜バスがICカード乗車券を導入したのは2006年と早かったのだが、運賃箱の改修などに費用がかかるため、なかなか踏み切れないうちに今のような状態になったようだ。ただ2024年からはいよいよ相互利用開始が予定されているので、それまではICカード利用は注意していただきたい。

 JR岐阜駅からバスに揺られること約45分で会場であるモレラ岐阜に到着した。天気予報では雨ということであったが、まだ降り出してはいないようだ。会場へと向かうとまずは岐阜バスが目に入った。

 こちらはおえかきバスで、専用シートに子供たちが書いたイラストなどを貼り付けるもの。貼り付けたおえかきバスは現在走行しているということで、描いた子供たちは見つけたら嬉しいだろう。

事業者別バス停の展示
事業者別バス停の展示

 ほかにも屋根下のスペースにはミニゲームを楽しむコーナーやキッチンカー、今回参加しているバス会社の地域にゆかりのある特産品の販売、また今回参加しているバス会社のオリジナルグッズの販売やバスに関するスマホアプリの紹介宣伝のコーナーなどがずらっと並び、とても賑わっていた。

次ページは : ■会場にはレシップ製品も展示!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します