日産スカイラインとBMW3シリーズを公道試乗 運転が楽しいスポーツセダンはどちらだ!

  2014年2月に3.5LV6+モーターのハイブリッド車を先行発売し、6月にメルセデス製の2L直4ダウンサイジンターボを搭載した200GT-tを追加しモデルラインナップが完成した日産スカイライン。

 これでライバルと公言しているBMW3シリーズと商品ラインナップで肩を並べたわけだ。2台ともスポーツセダンを名乗るモデルだけにインプレッションを行いその走りの実力を検証を行った。

 まず試乗は2L直4ターボを搭載したスカイライン200GT-tとBMW320iから。試乗したグレードはスカイラインは新車価格が456万8400円の200GT-tタイプSP。BMW3シリーズは新車価格が504万円の320iスポーツだ。

 ボディサイズはスカイラインが全長4800×全幅1820×全高1450mm、車両重量1680kg。対してBMW3シリーズが全長4625×全幅1800×全高1430mm、車両重量1500kgとスカイラインのほうがボディサイズは大きい。

 そして装着しているタイヤはスカイラインが245/40RF19。BMWが225/50R17とスカイランのほうに攻めの姿勢が伺える。

  エンジンは共に2L直4DOHCターボで、スカイラインは最高出力155kW(211ps)、最大トルク350N・m(35.7kg-m)を発生し、BMWは最高出力135kW(184ps)、最大トルク270N・m(27.5kg-m)でスカイラインが大きく上回る。これで車両重量分は相殺されそうだ。そしていよいよ2台を乗り比べる。

最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ