洗車嫌いへ朗報!?世界初のセルフクリーニング技術

洗車嫌いな方への朗報!?

 ようやく秋の気配が漂ってきた今日この頃、気になるのが夏の直射日光を浴び、雨や埃などで汚れてしまった愛車のボディの状態。愛車が大事なのはクルマ好きなら当然のこととはいえ、ガソリンスタンドの洗車機では細かい傷も気になるし、料金だってバカにならない。そもそも自分で洗車すること自体、実に面倒くさい・・・。

 しかし、そんな面倒くさがり屋にぜひ注目してもらいたいのがこのリーフだ。実はこのリーフ、世界初となるセルフクリーニング機能を持っており、”洗車要らず”という画期的な技術が投入されている。

 この技術、英国日産の欧州テクニカルセンターが研究開発を進めていて、今年4月にノートのプロトタイプカーに採用して公開。そこから改良を進めて北米仕様のリーフにも採用し、今年7月にプロトタイプカーを北米日産が公開した。

洗車する必要がないクルマ

 「Ultra-Ever DRY」と称されたこの技術、そもそもは米国の環境系製品メーカーであるウルトラテックインターナショナル社が開発したもの。ボディの表面にナノ単位での隆起を構成している超撥水性のコーティング剤が施されている。

 このため、クルマが泥や埃だらけのなかを走りまわってもまったく汚れが付着しないようになっているというのだ。

 実際、北米日産が公開したリーフのデモンストレーションでは、ボディにかけられた汚れをみごとにはじく様子が確認できる。また、欧州日産では、ボディの半分にだけ「Ultra-Ever DRY」塗装を施したノートのデモンストレーション動画を公開。

 その塗装が施されたノートのボディ半分は雨上がりの泥だらけの道を走ってもまったく汚れがつかなかったが、塗装しなかったほうのボディ半分は瞬く間に泥だらけに。

A_02

 その汚れがつかないキモとなっているのは、前述通りボディ表面にナノレベルの目に見えないほどの鋭く尖ったごく微少な突起が構成されていること。これがボディに付着する雨や埃、泥や霜などさまざまな液体の表面張力を増やし、ボディに汚れがつくのを防いでいるんだとか。これは本当にすごい!!

Nissan LEAF
Nissan creates ìworldís cleanest carî ñ a zero emissions

 ただ、せっかくのこの技術、現段階では研究開発用のデモンストレーションを行ったのみということらしく、肝心の実用化について北米日産では「コスト上の問題から標準採用はまだ考えていないが、将来的にはオプションとして導入していくことも検討中」との考えを明らかにしている。やはり標準装備化にはコストがかなりかかるということか、う~む。

 でも、こんなにすばらしい技術はぜひ日本車にも採用してほしいと思い、さっそく日産広報に問い合わせてみたところ、「う~ん、海外で発表している技術ですし、今のところ日本での導入や展開予定はないですねぇ」とのつれない回答。

 洗車嫌いはもとより、屋根のない屋外駐車場のユーザーで愛車が汚れていくのに心を痛めていた人にはなによりの技術だと思うんだけど、どうでしょう日産さん。まぁ肝心なのは値段だろうけど、確実に需要はあると思いますよ!

自然にボディの傷が復元する塗装もありました!

A_06
先代エクストレイルに設定された「スクラッチシールド」  

 日産ではこれまでにも画期的な技術を開発し、実用化してきている。なかでも’07年8月、先代エクストレイルのデビュー時に採用された「スクラッチシールド」は白眉だった。ボディの塗装面についた細かい擦り傷やひっかき傷が時間の経過によって復元していくという世界初の塗装技術で、サファイヤブルー、バーニングレッド、ダイヤモンドブラックの3色に採用。

スクラッチシールド塗装が施された日産車に必ずついている注意表記。補修時には専用クリヤーが必須となる。
スクラッチシールド塗装が施された日産車に必ずついている注意表記。補修時には専用クリヤーが必須となる。  

 もともとは初代エクストレイルのモデル後期に登場した特別仕様車「スクラッチガードコートエディション」がその開祖。この時はまだ細かい擦り傷を従来の5分の1程度にまで低減し、ごく小さな傷お復元する程度だったが、これが大きく進化したのがスクラッチシールド。

 通常のクリアコートに特殊な高弾性樹脂を配合して柔軟性を向上させており、樹脂の結合密度を高めることで塗装の強靭性をアップしている。

 ちなみにこの技術は、NTTドコモが’10年に発売した携帯電話「N-03B」、’11年に発売されったビフレステック社の高級スピーカーにも採用されている。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ