【スズキ歴史館へ突撃!!】 ももいろクローバーZ あーりん&しおりんの静岡ドライブ旅 Part2


 【やったー!! 驚きももクロ初登場!!】あーりん、しおりんの静岡ドライブ旅レポートにおいて、テレビ朝日系列の人気番組「ももクロChan」のロケに密着しあーりんとしおりんの「静岡ドライブ旅」を目撃した編集担当。

 後編となる今回はいよいよ川上アキラ店長も合流し、スズキ党の聖地浜松のスズキ歴史館に突撃! やらまいか!!

※川上アキラ…1974年埼玉県生まれ。「スターダストプロモーション」で多くのタレントのマネジメントを担当したのち、「ももいろクローバーZ」の結成に立ち会い、屈指のアイドルグループに育て上げた。現在同プロダクション執行役員兼プロデューサー。知る人ぞ知る大のクルマ好きで、2019年1月より『ベストカー』本誌にて「行くぜっ! 川上モータース」という連載を担当中。
写真:笹森健一/西尾タクト


■川上店長、じっとしてられず1人浜松へ!

 読者の皆さん、ご無沙汰して申し訳なかった! 前回のももクロ佐々木と玉井の「静岡ドライブ旅」はお楽しみいただけただろうか。

 実はまだ旅は続いていて、二人は今、浜松のスズキ歴史館に向かっているという。スズキ歴史館! プロレスでいえばまさに後楽園ホール。スズキの汗と涙が刻み込まれた聖地だ。

 そんな場所にももクロが行くというのに、スズキ党の俺が黙っているわけがない。仕事が手に着かないので新幹線に飛び乗り、先回りしてきたぜ。

 二人が来るにはまだ時間があるようなので、スズキの生き字引でもある広報部の大島憲一さん、馬越悟さんに同行いただき、館内を巡ってみよう。

写真の順番が前後するがしばらくオッサンの写真が続くので合流後の一枚を。RRの2代目フロンテ、今回お世話になったスズキ広報部の大島憲一さん(右)、馬越悟さん(左)とともに

■「蘭」から始まったスズキとの出会い

 スズキ歴史館は3階建てなのだが、なかでも3階の車両展示は圧巻だ。ずらりと並んだクルマとバイクに、俺は完全にノックアウトされた。

 ここでは世間の評価など完全に無視して、川上アキラ的な1台を語ってみたい。

 まず原付バイク「蘭」だ。原チャリだと馬鹿にするな。この蘭こそ、俺とスズキを結び付けた運命の1台なのだ。

川上アキラをスズキ道に目覚めさせた偉大なスクーター「蘭」。もとは母親の持ち物だった

大島「各社の競争が厳しかった時代の1台ですね。同じ頃「薔薇」というモデルも出ました」

馬越「蘭はベルト駆動ですが薔薇はチェーン駆動でした」

 この蘭、俺の高校時代に母親が乗っていた。当時の川上少年は原付小僧で、ほんとは先輩の乗るハスラー(TS50)とかが欲しかったのだが、そんなの買えるわけない。そこで母親に「借りる」という名目で私物化し、走りまくった。調子に乗って埼玉県日高の田んぼに落っこちたこともあるが、日光のいろは坂までツーリングにも行ったのだ。くーッ 懐かしい!

 お次は二人乗り軽自動車の「ツイン」だ。俺は最近こいつが気になって中古車検索ばかりしている。

大島「大切に乗られているお客様が多いです。燃費もよいと聞いています」

 このツイン、ガソリンエンジンのほかにハイブリッドもあった。全長が2.7mくらいしかないので、都内をちょこちょこ走るには最高の1台だと思う。

大島「車重が600kgしかないんで加速もいいですよ」

 うーん、ますます欲しくなった。掘り出しものを探そう。

スズキ広報の大島さんとツインの話で盛り上がる。都市型コミューターの傑作だと思う

次ページは : ■あー鳥肌が立つ(byあーりん)!