カローラ新時代到来!! 百花繚乱!!!セダンは!? ツーリングはどうなる!? GT-Fourもでるの!!?

 間もなく年号が変わり、新しい時代がスタートする。日本のクルマも新しい時代に向けてニューモデルが数多くスタンバイしている。

 そしてそれはかつての日本の「国民車」、カローラについても例外ではなさそうだ。

 ベストカーwebでキャッチしている新型カローラの情報をすべてお見せしたい。どうやらこの先数年は新型カローラシリーズから目が離せそうにないぞ!!!

※本稿は2019年3月のものです
文:ベストカー編集部/写真:TOYOTA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年4月26日号


■よりスタイリッシュに。セダン&ツーリング

 昨年、先陣を切って登場したカローラスポーツ。評判は上々だがやはり“真打ち”はセダンだろう。今年9月に登場する見込みで、ショートデッキのノッチバックのデザインが秀逸、格好よさが目を惹く。

●トヨタ カローラセダン(2019年9月登場)

 パワートレーンはすでに報告のとおり、“カロ・スポ”同様、1.8Lハイブリッドと1.2Lターボ。それに加え廉価グレード向けに1.5L NAが用意される見通し。

 さらにカローラツーリングも同じタイミングで登場し、セダン同様3ナンバーボディとなることで、肝となるラゲッジ容量や居住性が先代より格段によくなる。

●トヨタ カローラツーリング(2019年9月登場)

 その2モデルに関して、おなじみの遠藤徹氏から新情報を入手。トヨタでは、新型のセダン&ツーリングと現行型のアクシオ&フィールダーを、1年間ほど併売する方向で検討しているようだ。

 というのも、5ナンバーボディの現行型は法人需要が多く、業務用として根強い引き合いがある。

 新型で3ナンバーボディになると、駐車スペースの問題や車両のランニングコストアップは避けられない。その対応策として現行モデルを残して併売し、当面の需要動向を見てこの先の戦略を練るという。

■さらに「トレック」とのコラボモデル、そしてGT-four

 さらに第4のモデルが、今年のジュネーブショー公開のカローラツーリングトレック。あの自転車ブランド「トレック」とのコラボモデルで、最低地上高が20mmアップするなどSUVテイストが注入されている。今年8月に欧州で発売、日本へは来年か!?

●トヨタ カローラツーリングトレック(2020年登場)

 楽しみなのは第5モデル、「ツーリングGT-Four」。かつてカルディナにあった、スポーツグレードの復活といっていい。注目の搭載エンジンは現在開発中の直3、 1.6L直噴ターボ。最高出力250psを発生するパフォーマンスタイプのターボ。ヤケドしそうな走りのワゴンだ。

●トヨタ カローラツーリングGT-Four(2020年登場)

 いずれも走りの楽しそうな注目のモデルたち。続報が入り次第、逐一お伝えしていきたい。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期フェアレディZ誕生へ】日本車 2020年期待の星|ベストカー12月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、伝統のある日本車のビックネームであるフェアレディZとパジェロの次期型情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、日本車2020年期待の星、GR SPO…

カタログ