新型スープラがどうにもBMWなところ ついに!? やっと!? 日本発売!!!

 2019年5月17日、トヨタから新型スープラが正式に日本国内で発表された。いわゆる新車紹介的な記事はすでにアップされているので、ここではちょっと別の視点から新型スープラを見ていくことにしよう。

BMW Z4とは兄弟だけど別のクルマ

 スープラがBMW Z4との共同プロジェクトで誕生したことはご承知だと思うが、チーフエンジニアの多田哲哉氏に話を聞くと、「皆さんが思っている以上に、Z4とは別のクルマなんですよ」と。

 いわゆるプラットフォームは共通だ。直4、2Lターボ&直6、3Lターボエンジンも、8速ATのトランストランスミッションもBMWのものである。でも、「開発期間の後半2年……、ボディができてからの後、実車を前にボクはほとんどラップトップコンピューターをいじっているだけでしたよ」と多田チーフエンジニアは言う。つまり、エンジンもトランスミッションもハードはBMWのものだけど、チューニングはまったく異なっている、ということを言っているのだ。実際にスープラのエンジンを始動させてブリッピングすると、BMW Z4とは音も違えば吹け上がりのフィーリングも異なる。

5月17日、都内メガウェブで開催された新型スープラ発表会。赤いスープラの向かって右に立つのが開発責任者の多田哲哉チーフエンジニア、向かって左が友山茂樹GRカンパニープレジデント

 開発の拠点はBMWの本社のあるミュンヘンだという。

「Z4の開発チームとスープラの開発チームはそれぞれ別の部屋でそれぞれの開発を進めていくわけですが、ではお互いにまったく我関せずでそれぞれのクルマを作り上げていくのかというと、もちろんそんなことはなく、要所要所で情報交換をして、必要な部分はお互いに協力し合って、でも外装のデザインはもちろんですが、操安性の味付けやパワートレーンのチューニングなどはそれぞれの目指すところで進めていったのです」と多田チーフエンジニアは開発現場の真相を明かしてくれた。

 さて、そうして出来上がった新型スープラだが、エクステリアはZ4とはまったく異なる独自の世界。もちろんオープンのZ4に対しクローズドクーペのスープラだから、ルーフ周りのフォルムはスープラにしかないし、抑揚感のあるフェンダーラインなどもスープラのオリジナリティを感じる部分だ。

新型スープラの最廉価グレード、2L直4ターボ(197ps/4500rpm、32.6kgm/1450-4200rpm)を搭載するSZ
新型スーブラと同時並行開発されて誕生したBMW Z4
スープラのリアスタイル。抑揚感のあるグラマラスなリアフェンダーが特徴的だ
ソフトトップのオープンボディのBMW Z4。シャープな直線基調のフォルムを採用する

 一方インテリアに目を移すと、ワイドに左右に広がるダッシュパネルの造形はZ4とはまったく異なるスープラオリジナルデザイン。だがATシフトノブのあるセンターパネル周辺の形状はZ4と似ている。ATシフトノブの形状は異なるけれどシフトノブの左側に配置されるダイヤル式のモニター操作コントローラーはBMWのそれだ。そうそう、ステアリングコラムの左サイドから伸びるウィンカーレバー、右サイドから伸びるワイパー操作レバーの形状や操作性もBMW流である。

新型スープラの最上級グレード、直6、3Lターボを搭載するRZのインテリア
こちらはBMW Z4のインテリア。スープラとはインパネの造形が大きく異なっていることがわかる

 メーターパネルはTFT液晶表示でグラフィカルなデザインが施されている。最近のBMWは新型3シリーズやZ4もそうなのだが、パネルの左側に速度計、右側にタコメーターが表示されるのだが、スピードメーターの指針は時計回りに針が上昇するのに対し、タコメーターは反時計回りに指針が上昇するデザイン。対称的なデザインで先進的ではあるが、正直言ってちょっと見づらいと感じていた。

最新のBMW車はこのデザインのメーターを採用する。右側のタコメーター、反時計回りに指針が上昇する

 スープラのメーターはパネル中央に大きくタコメーターが配置され、その左側にデジタル数字で速度が表示される。タコメーターの針は一般的な時計回りでホッとする。

でもやっぱりBMWっぽさもある

 ちょっと面白いのは、ボンネットの開け方。運転席足元前方にあるリリースレバーを引くのは普通なのだが、2回引きなのがBMW流。“カチャカチャ”と2回レバーを引くと、フード先端左右にあるラッチのロックが解除されてスッとフードは開けられる。ちょっと開いたフード先端の隙間から指先を入れて解除するロック機構はない。スープラもこのBMW式フード開閉方式なのだ。

RZのエンジンはBMWの3L直列6気筒。最高出力340ps/5000rpm、最大トルク51.0kgm/1600-4500rpm。ボンネットフードは前端部左右2箇所のラッチで固定されるBMW方式だ

 運転席を開いたBピラー側車体に貼り付けられている型式プレートがモロにBMWなのが印象的だった。表示フォーマットがBMW式なのに加え、「Made by BMW」と明記してあり、さらに「BAYERISCHE MOTOREN WERKE AG」とBMWの正式な会社名が刻印されている。トヨタ車なんだけどBMW製、さらに細かく言えばBMWの委託を受けたオーストリアにあるマグナ・シュタイアー社で製造されているためこのような表記になるのだ。さて、新型スープラ、その走りはどのように仕上げられているのか!? 試乗が楽しみだ。

新型スープラの運転席を明けたBピラー側に貼られている銘板。BMW製であることを示している
新型スープラの価格は3L直6エンジン(340ps/51.0kgm)を搭載するRZが690万円、2L直4ターボのハイパワー版(258ps/40.8kgm)のSZ-Rが590万円、ローパワー版(197ps/32.6kgm)のSZが490万円

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ