発売されそうなコンセプトカーと夢物語のコンセプトカーの違い


 モーターショーで展示されて人気を集めるカッコいいコンセプトカーには、クルマファンならずとも憧れを抱くもの。

 しかし、ショーに登場したからと言って、市販化されるとは限りません。中には「ブランドの方向性」を表すだけの夢物語のコンセプトカーもあり、がっかりさせられることも多いのではないでしょうか。

 今回は、「発売されそうなコンセプトカーと、夢物語のコンセプトカーを見分けられる(かもしれない)方法」をご紹介します。
文:吉川賢一


■窓ガラスが狭いと夢物語、広いと市販車候補…?

 コンセプトカーは、デザイナーが車両生産の要件を排除した前提でデッサンしていることが多く、現実味のないボディ形状や、フロントタイヤが切れないほどに詰められたフェンダー周りなど、大胆に処理されていることがあります。

 皆さんも、雑誌やネットで見たことがあるかもしれませんが、デザイナーの書いたイラストには、とにかく巨大なタイヤと、伸びやかな流線形ボディ、そして極端な車高短など、現実味がない事例が多いです。

2018年のジュネーブショーに出品された日産のコンセプトカー「IMx KURO」。デザイナーが描いたイメージ図そのまんまのようなスタイルで登場

 その中で市販化されるのか見極める一番のポイントは、「窓ガラスの上下の広さ」です。市販化するには、乗員の視界確保や乗降性のために守らなければならない設計ポリシーが各メーカーにあり、窓ガラスのエリアはほぼ決まってしまうのです。極端に狭いのは、デザイナーによるカッコよい表現を優先した結果ですので、そうしたコンセプトカーは現実味がありません。

 ちなみに、市販前提のコンセプトカーの場合、ウィンドウに認証マークがついていることがあるそうです。すでにそのクルマは、市販に向けた量産開発体制が整っていることの証拠ですね。

市販車には必ず付いているウィンドウの認証マーク。モーターショー出品車のなかでも市販モデルや、それに準ずる(発売が直前に迫ったモデルなど)出品車には、このマークが付いてます

■タイヤトレッドが特殊パターンだと夢物語、市販パターンだと市販車候補

 コンセプトカーの印象を決めるひとつの要素としてタイヤがあります。インチサイズだけでなくサイドウォールのカラーやトレッドパターンにもデザインが施されることがあり、コンセプトカーのイメージを表しています。この、タイヤのトレッドが市販タイヤに近い溝パターンをしていると、市販車候補になる可能性が高いです。

2015年の東京モーターショーで出品された「テアトロ for デイズ」。軽自動車サイズのEVだったが、このデザインテイストは2019年に発売されたデイズのハイウェイスターに一部受け継がれているように見える

 タイヤのサイズは、ボディの大きさやセグメント、最高速度、車両重量などによって、ある程度決められた規格があります。市販化するには、乗り心地に影響するサイドウォール形状(丸み)や、排水を考えられたトレッドの主溝、ロードノイズ対策の非定常トレッドパターンなどが、織り込まれている必要があります。ボディデザインはあとで変更が効きますが、市販を前提に作られているコンセプトカーは、ほぼその市販モデルが装着するタイヤをはいていることが多いのです。

次ページは : ■「Concept」がつくと市販車候補、つかないと夢物語?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ