フォレスターは新旧どちらがいい? 新型が出ても旧型のほうがよかったと思えるクルマ5選


 新型車に生まれ変わったけれど、これだったら前の方がよかったとか、大して変わり映えしないので、あえて新型を買う必要はなかったかも、と感じる場合もあります。

 また新型が出てすぐにデザインを見て「あちゃー!」と思うこともありますし、しばらくしてからジワジワとそう感じるようになることもあります。

 はたして新型がいいのか、それとも旧型がいいのか? 本企画では「旧型の方がよかったと思えるクルマ」を5台集めてみました。

文/清水草一
写真/ベストカー編集部


■先代BMWF30型3シリーズ

2002年1月30日に日本で発表されたF30型旧型3シリーズ。ボディサイズは全長4625×全幅1800×全高1440mm。通常3シリーズはモデル途中で大幅にフェイスリフトが行われるが、F30型はビッグマイナーチェンジはあったものの、フロントマスクを大きく変更されることはなかった
2019年3月に発表された現行G20型3シリーズ。 BMWを象徴するキドニーグリルは従来の2分割型から、ひとつのフレームで縁取られるデザインに変更。車両重量は55kg軽量化されている

 個人的に先代F30型3シリーズのオーナーでして、「自分のクルマ(先代)のほうがイイんじゃないか」と感じておるのです。

 まぁ、身びいきもあるでしょうし、新型はまだ330iMスポーツしか試乗できてない段階ではありますが……。

 まず、新型はサイズが大きくなった。旧型は日本仕様のみドアノブ形状を変え、全幅1800mmに抑えるという大変良心的なクルマだったが、新型はついに全幅1825mmに。これで入れる立体駐車場がかなり限定された。全長も75mm長くなっている。

 同クラスのアウディA4やカムリはもっとデカいので、3シリーズを責めるのはお門違いではあるけれど、先代でも広さにまったく不満はないし、大きくされてもメリットはないというのが本音。

 あるのはデメリットのみではないか? 旧型がギリギリセーフな大きさだったので、その一線を超えたことにガックリしてしまうのですね。

 走りに関しては、いまのところ「ちょっとスポーティになったかな」と感じる程度で、根本的にあまり変わってない。

 先代が出たときは、安定感がぐんと増すと同時に足回りが非常にしなやかになったことに感動。その重厚かつ軽快な乗り味にマジでシビレたけど、新型にはそういう感動がなかった。

 デザインも変わり映えしないし、逆に細部を見ると先代のほうがカッコよかった部分も多い。

 加えて、BMWは中古車が非常に安く買えるという事情もある。新型の3分の1くらいのお値段で、熟成された先代の末期モデルが買えてしまう。それでもあえて新型を買うみなさんは本当にエライ!

■先代4代目フォレスター

2012年11月にデビューした先代4代目フォレスター。MT車やターボモデルは(2.0XTは280ps/35.7kgm)現行モデルにラインアップされていない。ボディサイズは全長4595×全幅1795×全高1715mm
2018年6月に発表された5代目の現行フォレスター。エンジンは2.5LNAと2.0e-BOXER。ボディサイズは全長4625×全幅1815×全高1715mm。先代よりも全長が30mm、全幅は+20mm、ホイールベースは30mm拡大

 確かに新型は走りがしなやかになって、いいクルマになったなぁとは思うものの、じゃあ新型が断然いいかと言えば、まったくそれほどでもない。

 BMW3シリーズ同様、サイズは微妙に拡大され、微妙に大きすぎる感がなきにしもあらず。デザインもあまり変わり映えしないし、テールランプの無意味に複雑な形状を見ると、「旧型のほうがよかったかも」とも。

 なにより残念なのは、ターボとMTの設定がなくなったことだ。旧型だって、実際に売れていたのはノンターボのCVTが大部分ではあったけれど、280psを誇る2Lフラット4ターボエンジンと6速MTの存在は、フォレスターオーナーの精神的な支柱になっていたはず(たぶん)。それがなくなったのはやっぱり非常にサミシイです。旧型のほうがよかったー!

次ページは : ■先代5代目ワゴンR