乗りモノまるごとHOW マッチ!?


最新鋭戦闘機F-‌35のお値段

 米国ロッキード・マーティン社が開発し’06年から製造されている最新型単座式戦闘機F─35。いわゆるステルス戦闘機で、アメリカでは空軍、海軍、海兵隊に2000機以上が配備される計画。

 日本の自衛隊にも配備される計画の戦闘機だ。日本の航空自衛隊では43機の購入契約を結んだという。そして’16年度中に配備される4機について、1機あたり約96億円で購入契約を結んだ。実際には交換部品も含めた契約となっており、実質的には1機あたり102億円となる。最新技術を結集した戦闘機だが、中型旅客機よりもお安いことにちょっとビックリだ。

名機と呼ばれる90式戦車のお値段

 ’90年〜’09年にかけて341台が製造された第3世代主力戦車90式。主砲44口径で2万1500㏄の2ストロークV10ディーゼルターボエンジン(1500ps/450㎏m)を搭載。してお値段はというと、約8億円。さらに最新の10式戦車になると約9億5000万円となる。

次ページは : 『カシオペア』を牽く電気機関車のお値段