トヨタ86 & スズキ スイスポに限定車登場!! でもどっちも海外だけってなんでだー!!

 トヨタから86の限定車「Hakoneエディション」、スズキからはスイフトスポーツの限定車「KATANA」が登場した。

 これがやたらとカッコイイので、写真てんこ盛りでご紹介したい。

 ただ残念なことにどちらも日本での販売はなし。「Hakoneエディション」は2月に発表された「ブリティッシュグリーンリミテッド」とエクステリア的にはほぼ同じものだとはいえ、和名を冠した限定車が日本で見られないのは寂しい限りだ。

※本稿は2019年5月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月26日号


■箱根ターンパイクをイメージした「86 Hakoneエディション」

 デビューから7年目を経過し、スポーツ系のなかでも古参モデルになってきたトヨタ86。その86に気になる限定車が登場した。その名も「86 Hakone エディション」。

特別設定色「ハコネグリーン」がよく映えている

 名前の由来は、「日本で最も愛されている自動車道路」として「箱根ターンパイク」をイメージしたのだという。

 ボディカラーには以前に国内でも販売された限定モデルの「ブリティッシュグリーン・リミテッド」と同じカラー、「ハコネグリーン」(呼び名のみ変更)が専用カラーとして用意され、17インチのブロンズホイール、ブラックカラーのスポイラーを装着する。

ブロンズカラーホイールは専用

 さらにインテリアはタンをさまざまな部分にあしらい、黒とタンのアルカンターラシートをはじめ、アームレスト、ダッシュボード、ステアリングホイール、シフトブーツなどにもタン色のステッチがあしらわれる。

タン色のステッチが各所に入る
ブラックとタンのコンビカラーがあしらわれたアルカンターラシートをはじめ、インテリア各所にタンの差し色が入る

 エンジンは水平対向2L NAのFA20型DOHCで、最高出力208ps、最大トルク21.1kgmを発揮し、6MT車はプラス5psとなる。

 今秋に北米で発売予定(予想価格は現地価格で340万円前後)となるが、せっかく「箱根」の名前が付くのなら日本でも発売してほしい!

鮮やかな“ハコネグリーン”が映える

■スズキの名車「カタナ」を名を冠したスイスポ限定車も登場!

 一方こちらはオランダで限定30台のみの販売となるスイフトスポーツの「カタナ・エディション」。

フロントグリルに入れられた赤がよく映えている。ボンネットやサイドに入れられたストライプはカタナをモチーフとしたもの
「カタナ」の由来は先ごろ19年ぶりに日本市場に復活したスズキの二輪車「カタナ」だ

 こちらの名前の由来は、スズキの二輪車の「カタナ」。このカタナが持つ世界観をスイフトスポーツに持たせた。

 インテリアはレザー仕上げスポーツシートやスポーツステアリングを装備。エクステリアではフロントグリル下部に「KATANA」のロゴが入り、足回りには専用スポーツサス&専用スポーツエキゾーストシステムを装着。

 これにより車高がベースよりも若干下がる。価格は2万8999ユーロ(約357万円)。

サイドビュー。こちらにも「KATANA」のロゴが
リアに添えられたシリアルナンバー
ハイグレードモデルとしてステアリング、シートもスポーツ仕様
シートにもシリアルナンバーが
赤い縁の中にも「KATANA」の文字が入れられている

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ