【ブリティッシュグリーンの86見参!!】最新お得な新車限定車、特別仕様車、追加モデル情報!!

 トヨタ86のグリーンカラー特別仕様車(5月31日までの期間限定販売だ)、アウディによるクリーンディーゼル日本初導入車Q5をはじめとするQシリーズ3連発ほか、人気国産車・輸入車の特別仕様車、ニューモデル、一部改良情報を一挙ご紹介!

※本稿は2019年2月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月10日号


■トヨタ 86ブリティッシュグリーンリミテッド(特別限定車・2月12日受注開始)

 トヨタ86の特別仕様車が期間限定で設定される2月12日から5月31日までの期間限定で注文を受け付けている。発売は7月下旬を予定。

 GTをベースとし、ボディカラーに特別設定色のブリティッシュグリーン。シートは本革とアルカンターラを採用するほか、前席シートヒーターが付くなど特別装備を多数搭載。

 また、ブレンボ社製の高性能ブレーキやザックスアブソーバーなどをまとめたハイパフォーマンスパッケージをオプション設定として用意した。

一部改良も行われ、ダークグレーメタリックが新色マグネタイトグレーメタリックに変更され4月9日に発売される

■価格:325万1880円~

■光岡自動車 ビュート/ビュートなでしこ(マイナーチェンジ・1月20日発売)

 光岡自動車のビュートとビュートなでしこがマイナーチェンジされた。

 ビュートはボディカラーが標準15色+オプション28色へと拡大され、標準色が9色増えた。カラードアトリムの色がオプションで6色から選べるようになったほか、レザーカラーとクラシックインパネのオプションカラーバリエーションが増えた。

 ビュートなでしこは、ボディカラー以外はビュートと同様の改良内容となっている。

ビュートなでしこ
ビュート。平成5年に登場してから今年で26年目になる。現行は3代目となるが、基本的なデザインは変更されていない。ベースは日産マーチ

■価格:241万9200円~/181万4400円~

■BMW i3新型バッテリー120Ah(一部改良・2月6日発売)

 BMWの電気自動車i3のバッテリーが改良された。バッテリー容量は120Ahとなり、総電力量は従来の33kWhから42kWhへと増加。WLTCモードで360km、レンジエクステンダー装備車で466kmを達成した。

 急速充電規格のチャデモ(CHAdeMO)に対応し、50分の急速充電で80%まで充電可能。普通充電だと12時間で満充電となる。

価格は2万円のアップ。レンジエクステンダー装備車は2万円のダウンとなり、改良でお買い得度が増した

■価格:543万円~

■メルセデスAMG GT(マイナーチェンジ・2月14日受注開始)

 メルセデスAMG GTの7モデルがマイナーチェンジされた。4ドアクーペ110と同じLEDハイパフォーマンスヘッドライトにアロー形状のポジショニングライト&ウインカーを装備。ディフューザーなどリアデザインも刷新された。搭載されるV8ターボエンジンはエントリーから最高グレードのRになるにつれスペックが上がっていく。

クーペ
ロードスター。エンジンスペックはAMG GTが476ps/64.2㎏m、Sが522ps/68.3㎏m、Cが557ps/69.3㎏m、Rは585ps/71.4㎏m

■価格:1645万円~

■ポルシェ  911カレラS/4Sカブリオレ(フルモデルチェンジ・2月12日受注開始)

 新型ポルシェ911の受注が開始された。先代から30psアップして450psとなり、0-100km/hタイムは4秒を切り3.7秒(4Sは3.6秒)となった。

■価格:1891万円~

■VW ゴルフGTIパフォーマンス(特別仕様車・2月13日発売)

 2017年に500台限定で発売され、またたく間に完売したGTIパフォーマンスが特別仕様車として復活した。2017年モデルとは異なるアルミホイールを装着する。

 ベースモデルから15psアップし245psとなった2Lターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速DSGから7速DSGとなったほか、電子制御油圧式フロントディファレンシャルロック、大型ブレーキディスクを採用してスポーツモデルとして磨きをかけた。

 また、テクノロジーパッケージを標準装備する。

■価格:465万9000円

■VW up! GTI(特別仕様車・2月13日発売)

 こちらも2018年6月の特別限定車からの復活。up! GTIが特別仕様車として発売された。

 本モデルは、high-up!をベースに、新たにリアビューカメラを搭載。ビーツサウンドシステムを採用してオーディオ環境が向上した。

 1L直3ターボエンジンを搭載し、最高出力/最大トルクは116ps/20.4kgm。トランスミッションは6速MT。GTIシリーズ伝統のエクステリア、インテリアを採用している。

通常のup!から、エンジンスペックは36ps/10.7kgmアップしている

■価格:229万9000円

■アウディ Q2ブラックスタイル(特別限定車・2月19日発売)

 アウディのコンパクトSUVに限定375台の特別仕様車ブラックスタイルが追加され発売された。

 エクステリアにブラックスタイリングパッケージ(シングルフレームグリル、フロント/リアバンパー)のほか、Cピラーのブレードにマットチタングレーのカラーリングを施した。

 また、安全支援システムのアシスタンスパッケージを標準装備。ACCやアクティブレーンアシスト、歩行者検知機能付きの自動ブレーキ機能を搭載。

■価格:451万円

■アウディ Q5 40TDIクアトロ(グレード追加・2月19日発売)

 アウディのSUV、Q5のクリーンディーゼルモデルが発売された。

 アウディはクリーンディーゼルモデル日本初導入となる。Q5の新しいエントリーモデルとして位置づけられており、従来のエントリーモデル45TFSIクアトロより55万円安い。

 2.2Lディーゼルターボエンジンを搭載し、スペックは190ps/40.9kgm。欧州排ガス規制ユーロ6に対応、2019年度のエコカー減税対象モデルとなる可能性が高い。

特別仕様車ファーストエディションブラックスタイルも設定、250台限定で発売される

■価格:636万円

■アウディ Q7ブラックスタイル(特別限定車・2月19日発売)

 アウディのフラッグシップSUV、Q7の人気色オルカブラックに、ブラックスタイルパッケージなど黒基調のオプションを特別装備した限定モデル(125台)ブラックスタイルが発売された。

 45TFSIクアトロのエアサスペンション装着車をベースとし、Sラインエクステリアやブラックルーフレール、ブラックLEDリアライト、グロスブラックの20インチホイールを装備。内装もほぼ黒で統一されており、文字通り真っ黒なQ7だ。

低速走行時に最小回転半径の短縮が可能なオールホイールステアリングを装備するなど、運転支援機能を多数装備する

■価格:1019万円

■プジョー 3008ブルーHDi(特別仕様車・2月4日発売)

 プジョー3008に先進機能を多数標準装備した特別仕様車クリーンエディションが発売された。

 追加された先進機能はレーンキープアシスト、ブラインドスポットモニター、フルLEDヘッドライト、インテリジェントハイビーム、フロント&バックソナー、バックアイカメラ。

 クリーンディーゼル搭載の輸入車SUVとして400万円を切る戦略的な価格設定がなされている。

 エンジンは44L直4ディーゼルターボを搭載し、最高出力/最大トルクは177ps/40.8kgm。ボディカラーは青、白、赤、グレーの4色。

■価格:399万9000円

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ