【フォレスター&ハイラックス アップデート!!】 夏に向けた大幅改良&特別仕様車情報!!


 トヨタ ハイラックス、スバル フォレスター、スズキのアルトラパン、エブリイ・エブリイワゴンが一部改良。40周年を迎えたスズキ アルトからは特別仕様車が登場。

 輸入車に目を向けると、アルピーヌA110から特別限定車、メルセデスからはBクラスのニューモデル、プジョーから2008から特別仕様車が登場…と、こちらもこちらも夏本番に向けてネタ盛りだくさんだ。

※本稿は2019年6月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年7月26日号


■トヨタ ハイラックス(一部改良・6月24日発売)

 トヨタのハイラックスが一部改良され、安全装備がより充実した。

トヨタ ハイラックス(ネビュラブルーメタリック)

 特別仕様車「ブラックラリーエディション」にも適用される。

 プリクラッシュセーフティの検知機能が向上し、新たに夜間の歩行者と昼間の自転車運転に対応したほか、レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報システム)には警報だけでなく逸脱抑制も行うヨーアシスト機能を搭載。

 さらに、レーダークルーズコントロール、ロードサインアシスト、先行車発進告知機能も採用した。また、リアデフロックの設定を拡大し、全車標準とした。

こちらは昨年11月に設定された「Black Rally Editio」。今回の一部改良はこのモデルにも適用される

●価格:332万1000円~

■スバル フォレスター(一部改良・7月18日発売)

 スバルのフォレスターが一部改良され、7月18日に発売された。

フォレスターは2018年度JNCAP衝突安全性能評価で最高得点を獲得し「大賞」を受賞している

 今回の改良では、後席への荷物等の置き忘れをブザーや画面表示で知らせるリアシートリマインダーを装備して機能性を高めた。

 さらに新色のマグネタイトグレー・メタリックを用意したほか、車両ナンバーを照らすライセンスランプにLEDを標準装備。e-BOXER搭載の「Advance」が最も人気で、販売台数の約半分を占めるとのことだ。

●価格:280万8000円~

次ページは : ■スズキ アルトラパン(一部改良・6月17日発売)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ