スズキの懐刀 スペーシアの中古車を買うならいま!!


  現在の軽自動車の主力モデルといえば、広い室内空間と便利なリアスライドドアを採用したスーパーハイトワゴンであることはだれも疑う余地はない。

 ここで、今月発表されたばかりの2019年6月の軽自動車の販売台数をみてみよう。

  • 第1位がホンダN-BOX  23,605台
  • 第2位が日産デイズルークス(デイズ含む) 14,462台
  • 第3位がスズキスペーシア 12,807台
  • 第4位がダイハツタント 12,396台

第2位のデイズは今年フルモデルチェンジを行い、好調なセールスによるもの。

 そして、タントは7月9日にフルモデルチェンジを行っており、今後はN-BOX、タント、スペーシア、デイズルークスという順番になると考えられる。

 最新の販売台数ではデイズに逆転されてしまったスペーシアだが、2017年12月に登場した現行モデルはクロスオーバーSUVテイストのギアを追加するなどN-BOXとは異なる路線を歩んだことで、販売台数を延ばしている。

 しかしパレットの後継車として2013年2月に登場した先代スペーシアは良くできたクルマではあったのだが、タントのミラクルオープンドアのような特徴がなく、いつも4番目のモデルとして苦汁を飲まされていたのだ。実力は高いのだが、イマイチ人気がない。それが旧型スペーシアの評価で、こういったやや人気のないクルマこそ、中古車ではお買い得となりやすいのである。

 そこで、ここでは旧型スペーシアの中古車状況をチェックし、狙い目のモデルを導きだしたい。

 文:萩原文博 写真:スズキ


スペーシアの軌跡をたどる

2013年に発売した初代スペーシア

 初代スペーシアは2013年2月に登場。当初は標準車のスペーシアのみだったが、2013年6月に押し出し感を強めたスペーシアカスタムを追加し、ライバルと同じバリエーションとなっている。2013年8月には衝突被害軽減システムの「レーダーブレーキサポート」を設定。

 そして2015年5月にマイナーチェンジを行い、自然吸気エンジン車はエネチャージからSエネチャージに変更され、燃費性能が向上。さらに安全装備のレーダーブレーキサポートがデュアルカメラブレーキサポートに進化した。

 同年8月にはターボ車がSエネチャージに変更され燃費性能が向上した。モデル末期となる2016年12月にはスペーシアカスタムZを発売。大きなメッキグリルに加えて、充実した装備が特徴だった。

ライバル車とともに中古車相場をみると

 現在、先代スペーシアの中古車は約1850台流通している。先代のN-BOXが約6300台、先代になったばかりのタントが約4600台なので、中古車の流通台数も新車の販売台数に比例しているようだ。ちなみにだが、現行型スペーシアの中古車はすでに旧側の台数を超えて、約2200台も流通している。

 続いて平均価格を見てみると、先代のスペーシアは3カ月前が約98万円で、今月は約94万円と順調な値落ちが続いている。

 一方、ライバル車はどうかというと先代のN-BOXは3カ月前が106万円、今月は104万円。そして旧型になりたてのタントは3カ月前が127万円、フルモデルチェンジを行った今月は125万円と6月末からそれまでの横這いから一気に値落ちへと変じている。

次ページは : スペーシアの中古車を買うならこれだ!