【ついに改名アテンザ改めMAZDA6へ!! ほか】 真夏の特別仕様車&新型車情報!!

 アクセラのマツダ3改名をきっかけに、何かと忙しないマツダ周辺だが、フラッグシップモデルであるアテンザも、マイナーチェンジに伴い「マツダ6」となり登場。改良は小幅なものに留まるものの、2.5Lターボが導入されている。

 また、スズキからはクロスビーの特別仕様車「スターシルバーエディション」が登場。国産車ではこのほか三菱 ミラージュ、マツダ スクラムワゴンが一部改良。

 輸入車では、メルセデス・ベンツがGLEのフルモデルチェンジ、BMWからはX7のニューモデル、7シリーズのマイナーチェンジなどのニュースが届いている。

※本稿は2019年7月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年8月10日号


■マツダ MAZDA6(モデル名変更・8月1日発売)

 7月4日、マツダはブランド強化のためアテンザを「MAZDA6」へと車名を変更すると発表。

2018年7月に大幅に手を加えられており、今回は小幅な改良となる

 この直後7月18日には、デミオもマツダ2へと変更されることが発表されている(発売は9月12日を予定)。マツダ6への名称変更に合わせて2.5Lターボが導入される。8月1日発売。

 2.5Lガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」の最高出力は230ps/4250rpm、最大トルクは42.8kgm/2000rpmと、マツダのエンジンのなかではパワフル。

 2.5Lターボ搭載モデルには加速重視で選択したファイナルギア比(4.325→4.411)や、高いブレーキ性能の17インチ大径フロントブレーキを採用する。

「Gベクタリングコントロール+」を全車標準装備したほか、「マツダコネクト」がApple CarPlay/Android Autoに対応した。

●価格:284万400円~

■スズキ クロスビー スターシルバーエディション(特別仕様車・7月3日発売)

 スズキのクロスビーに特別専用色を採用した「スターシルバーエディション」が設定された。

上から「クラレットレッドメタリック「スピーディーブルーメタリック「スーパーブラックパール」の全3色。価格はベースグレードから4万3200円のアップとなる。内装色はアイボリーが採用されている

 HYBRID MZをベースに、クラレットレッドメタリックなど3色の車体色に、ルーフやドアミラーなどにスターシルバーメタリックを配した特別仕様車となっている。

●価格:204万6600円~

■三菱 ミラージュ(一部改良・6月27日発売)

 三菱自動車のミラージュが一部改良された。

 後席中央のヘッドレストを標準装備としたほか、助手席、後席のアシストグリップを格納式にするなどの改良が施された。価格は2160円のアップとなる。

●価格:138万2400円~

■マツダ スクラムワゴン(一部改良・7月4日発売)

 マツダのスクラムワゴンが一部改良された。

 安全装備が強化され、歩行者検知機能を備えたデュアルカメラブレーキサポートや後退時ブレーキサポート、後発進抑制機能などを追加。サポカーSワイドに相当するようになった。

●価格:149万0400円~

■メルセデス・ベンツ GLE(フルモデルチェンジ・6月10日発売)

 メルセデス・ベンツのGLEがフルモデルチェンジされ4世代目となり、内外装のデザインを一新された。

 エクステリアはこのところのメルセデスの新型車と同じ意匠を採用。エアロダイナミクスが先代モデルから大幅に改善し、このセグメントトップのCd値0.29となった。

 室内スペースも大幅に拡大し、GLEとしては初めて3列目シートを設定し定員が7名となった。MBUXも搭載されている。

 ラインナップは254ps/51.0kgmの2L直4クリーンディーゼルを搭載する300d 4マチック、330ps/71.4kgmの3L直6クリーンディーゼルを搭載する400d 4マチック、367ps/51.0kgmの3L直6エンジンに22‌‌ps/25.5kgmのISGを組み合わせる450 4マチックスポーツの3モデル。全モデル9ATが組み合わされる。

●価格:940万円~

■BMW X7(ニューモデル・6月24日発売)

 BMWのSUVラインナップに最上位モデルとなる「X7」が追加された。

ホイールベースは3105mmと長く、広い室内空間を実現。6人乗りモデルの2列目は独立したコンフォートシートとなっている

 全長5165mm×全幅2000mm×全高1835mmと大型なボディを持つ6/7人乗りモデルとなる。

 高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」や「リバースアシスト」といった最新機能のほか、BMWとしては初めてトラフィックサインアシスト(速度制限認識)機能が搭載されており、走行中にドライバーに対して制限速度を通知し安全な走行をサポートする。

 用意されるモデルは265ps/63.2kgmの3L直6クリーンディーゼル搭載のxDrive 35d系3種と、530ps/76.5kgmの4.4L V8ターボエンジン搭載のM50iの計4モデル。

●価格:1099万円~

■BMW 7シリーズ(マイナーチェンジ・6月24日発売)

 BMWの7シリーズがマイナーチェンジされた。

プラグインハイブリッドに搭載されるエンジンが2L直4ターボから3L直6ターボとなった。スペックは286ps/45.9kgm

 3シリーズと同じ12.3インチのディッスプレイと音声アシスタントAIを搭載。キドニーグリルの面積を40%拡大し、フロントライトをつなげるデザインに変更した。X7と同等の最新の運転支援システムも搭載される。

●価格:1090万円~

■プジョー 508SW(ニューモデル・6月28日発売)

 プジョーから508のステーションワゴンである「508SW」が発売された。

 ステーションワゴン化でヘッドクリアランスに4cmの余裕ができたほか、ラゲッジスペースは530L、後席格納時に1780Lと広くなった。

 パワートレーンは177ps/40.8kgmの2L直4ディーゼルと、180ps/25.5kgmの1.6L直4ターボの2種類が用意され、8ATと組み合わされる。

●価格:442万円~

■DS 3クロスバック(ニューモデル・6月26日発売)

 DSから新しいコンパクトSUV、DS3クロスバックが発売された。

 DSのSUV版という位置づけになる。DSらしいソリッドで彫刻的なディティールが特徴。ボディカラーは新色のブルーミレニアム、オルアンペリアルを含む全8色。

 ルーフに別色を選択し2トーン化が可能。PSAの新世代プラットフォームCMPをグループ初採用する。

 パワートレーンには130ps/23.5kgmのスペックを誇る直31.2Lターボエンジンを装備、電子制御8速ATと組み合わせる。ビーシック、ソーシック、グランシックの3グレードを用意する。

●価格:299万円~

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ