「デミオ」から「マツダ2」へ!! 続々と車名を捨てるマツダは大丈夫か!?

 最近のマツダは車名を次々と変えている。2019年5月には、アクセラがフルモデルチェンジを受けてマツダ3になった。

 7月に入ってアテンザがマイナーチェンジを実施してマツダ6、さらにデミオもマツダ2に変更された。日本国内の車名を海外と共通化した。車名がマツダ2とかマツダ3だから「マツダアクセラ」と表記する時は「マツダマツダ3」になる。

 最も新しい変更は、デミオがマツダ2になったことだ。

 これでマツダはアクセラ、アテンザ、デミオといった一般にも浸透した車名を廃止し、数字、アルファベット系ではない車名はロードスターのみとなった。

 マーケティング上の戦略であることはわかるが、本当に大丈夫なのか? 渡辺陽一郎氏が考察する。

文:渡辺陽一郎/写真:平野学、奥隅圭之、池之平昌信、MAZDA


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ