【フリード新型、ダイハツ新SUV、トヨタの消える車ほか】 下半期ニューモデル全情報!

 毎日新車ディーラーを回って「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回まずは、トヨタの車種統廃合についての新情報、そして全車種扱いへの反応について。

 また、今年後半に登場が予定されているホンダフリード、フィット、ダイハツの新型コンパクトSUVについての新情報、さらにタント売れ行き絶好調! の報もお届け。

※本稿は2019年7月のものです
文:遠藤徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年8月10日号


■プレミオ/アリオンは2020年中盤にモデル廃止か?

 今年、9月17日にカローラセダンがフルモデルチェンジし、2020年5月にはトヨタブランド車が全国的にトヨタ系列店全店扱いとなります。

 これによって小型セダンのプレミオ/アリオンはモデル廃止となるようです。

9月にフルモデルチェンジするカローラセダンは3ナンバーサイズにグレードアップする。これによりプレミオ/アリオンは2020年に廃止になる予定

 次期型カローラセダンは3ナンバーサイズに拡大し、パワーユニットは1.2Lターボ&1.8Lハイブリッドを搭載します。

 トヨタ系列店が統合し、全店併売となればプレミオ/アリオンの存在価値がなくなるのでモデル廃止となります。

 同じ頃、コンパクトハイトワゴンのポルテ/スペイドも廃止、ほかのミニバン、コンパクトワゴンの姉妹車も1本化が次第に具体化することになりそうです。

■来春、トヨタ全車種扱いへの各販社の受け止め方は複雑

 トヨタ販社は2020年5月1日から全系列店で、全トヨタ車併売体制に切り替えます。

 今年4月から東京地区が全店での全車種販売を先行して実施に踏み切っているわけですが、東京と東京以外の地域では基本的に体制が違います。

 東京は一部を除いて大半がメーカー資本のため、各トヨタ販社は合併し同一会社になり、販売のテリトリー分けをしており、そのなかではトヨタ車同士の競合はありません。

 ところが東京以外の地域は多くが地場資本であり、複数の別会社が存在し、これらは資本統合をすることなく、2020年5月1日から全トヨタ車を扱うようになるわけです。

 全トヨタ車が扱えるようになるため、それは各販社にとってメリットになりますが、一方で別資本会社との競争はかえって激しくなり、値引き競争が激化します。

 これまでトヨタ店はクラウン、ランドクルーザー、トヨペット店はハリアー、アルファード、カローラ店はカローラ、ノア、ネッツ店はヴィッツ、ヴェルファイア、ヴォクシーの各専売車があったため、これらは独占的な収益につながりました。

 しかし、これらの車種は今後、ほかの販社も扱うので、そのメリットはなくなります。

 代わりに全トヨタ車を自由に売れるようになるので一時的には販売はプラスのほうが大きくなりますが、トヨタ車同士の競合によって生き残れない負け組の販売会社が出てくる恐れがあります。

■フリードを11月にビッグマイナーチェンジ

 ホンダはフリードを11月にもビッグマイナーチェンジする予定です。

画像は「FREED Modulo X」

 内外装のデザイン変更と同時に先進安全装備「ホンダセンシング」の改良が主なマイナーチェンジのポイントで、2列シート車の「フリード+」にはSUVテイストの「クロス」仕様を設定します。

 これによってトヨタのシエンタを抜き、同クラスのトップセラー奪還を目指す構えです。

■次期型フィットは11月中旬に発表、発売する方向

 ホンダは、フィットを11月中旬にフルモデルチェンジする予定であることをホンダカーズ店に通達したようです。

4代目となるホンダ フィット(画像はベストカー予想CG)

 その新型の具体的な商品内容はまだ明らかにしていませんが、燃費性能の向上、安全対策の強化などを図っているようです。

 パワートレーンは、1.5Lハイブリッドを従来の1モーター式から2モーター式に切り替え、NAの1.3L&1.5Lエンジンは1L 3気筒ターボエンジンに代わる方向で開発を進めています。また先進安全装備のホンダセンシングは最新バージョンを装備します。

 こうしたことはいずれも大幅なコストアップの要因になり、これらをそのまま価格に反映させると、昨年12月に発売したインサイトのような割高な価格設定となり、極端な販売不振に陥る可能性があります。

 戦略量販モデルであるフィットがインサイトと同様の販売推移になると、ホンダの国内販売にとって大きな打撃になりかねません。そのため、価格は可能な限り小幅なアップにとどめ、従来モデルに比べて20万円程度のアップで設定する見込みです。

 その代わり販売店のマージン幅をさらに引き下げることを検討しており、滑り出しの車両本体値引きは5万円程度に引き締めることになると思われます。

 9月から事前予約を受け付ける方向でスケジュール調整を進めています。現行モデルは8月いっぱいでオーダーストップし、以降在庫一掃セールをスタートさせる予定です。

■ダイハツ 新型コンパクトSUVの名称は「DNトレック」か?

 ダイハツが今年10月にも発売する新型コンパクトSUVの名称は「DNトレック」となることが濃厚です。

第45回東京モーターショーに参考出品されたプロトタイプ。このときの名称が「DN TREC(ディーエヌ トレック)」だった

 首都圏のダイハツ販売店筋によるとエクステリアデザインは「ハリアーをふた回り小さくしたような丸みのあるフォルムを採用している」といいます。

 新開発のプラットフォームであるDNGAを採用し、パワーユニットは1L3気筒のNA&ターボを搭載します。駆動方式は2WDと4WDを設定します。

 対抗モデルはスズキの「クロスビー」あたりを想定しています。消費税込みの価格は160万~220万円程度に設定する見込みです。そして姉妹車をトヨタにOEM供給することになります。

■新型タントの売れゆきが絶好調の滑り出し

 7月9日に発表、発売したダイハツの新型タントの売れゆきが絶好調の滑り出しを見せています。6月下旬現在の納期は約2カ月で日を追うごとに先に延びる傾向が強まっています。

8月8日にダイハツが発表した最新情報では、月販目標台数(12,500台)の約3倍となる約37,000台を受注したとのこと。「子育てファミリーからシニアを中心に幅広い年齢層のお客様からご好評を頂いている」とのこと。めでたい

 新型はプラットフォーム、エンジン、駆動系など全面刷新し、使い勝手の向上、先進安全システムの「スマートアシスト」を進化させたことがウリとなっています。

 販売面では、初期の月販目標を2万台に設定し、軽自動車のトップセラー奪還を目指しています。現在販売ナンバー1であるホンダのN-BOXとのデッドヒートの行方が注目されます。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ