【上位4モデルを軽が独占!!】 あのクルマはナゼ売れる? 2019年上半期 国産車新車販売トップ30

 2019年上半期、1月から6月までの国産車・モデル別の新車販売台数が明らかになった。

 下の表は、昨年2018年上半期の販売台数ベスト20だ。本企画ではこの表とも比較しながら、今年前半の国産車トップ30車の売れゆきを分析。特に注目されるモデルに焦点を当て「売れてる理由」に迫る!

(画像ギャラリー)1位から15位でのモデルを画像で総チェック!

■「2018年」上半期 国産車モデル別販売台数 ベスト20
1位 ホンダ N-BOX(12万7548台)
2位 スズキ スペーシア(7万9718台)
3位 ダイハツ ムーヴ(7万4109台)
4位 日産 ノート(7万3380台)
5位 ダイハツ タント(7万1809台)
6位 日産 デイズ(7万1778台)
7位 トヨタ アクア(6万6144台)
8位 トヨタ プリウス(6万4019台)
9位 スズキ ワゴンR(6万1987台)
10位 日産 セレナ(5万6095台)
11位 ダイハツ ミラ(5万0138台)
12位 ホンダ フィット(4万7962台)
13位 トヨタ ヴォクシー(4万7702台)
14位 トヨタ シエンタ(4万5417台)
15位 トヨタ ルーミー(4万4923台)
16位 ホンダ フリード(4万3984台)
17位 スズキ アルト(4万3365台)
18位 トヨタ ヴィッツ(4万2529台)
19位 トヨタ C-HR(4万0998台)
20位 トヨタ カローラ(3万9607台)

※本稿は2019年8月のものです
文:渡辺 陽一郎、遠藤 徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年9月10日号


■今年上半期もN-BOXが圧倒的首位に!

(TEXT/渡辺陽一郎)

2019年上半期 モデル別販売台数トップ30(青地のモデルは軽自動車)

 最も注目すべきは上位4車種がすべて軽自動車になることだ。デイズの販売台数には、設計の古いデイズルークスも含まれるが、軽自動車の上位独占は間違いない。

 トップ30車を見ると、軽自動車が10車種入った。しかもその内の6車種は、10位以内にランクされる。

 逆に3ナンバー車は、トップ30車に5車種しか入らない。プリウスは5位だが、残りの4車種は20位以下だ。

 今は3ナンバー車の車種数が増えて、乗用車全体に占める2019年上半期の販売構成比は36%に達したが(5ナンバー車は29%、軽乗用車は35%)、販売ランキングの上位は軽自動車と5ナンバー車の天下になった。

■N-BOXが2位に大差を付けて圧勝!

 1位のN-BOX(少数のスラッシュを含む)は、2位のスペーシアに半年で4万台以上の差をつけた。比率に換算するとN-BOXはスペーシアの1.5倍売れている。

今年上半期新車販売のナンバー1はN-BOX。2位のスペーシアに万台以上もの差をつけ売れた

 N-BOXの人気は、先代型で確立された。

 燃料タンクを前席下に搭載して車内は抜群に広く、初めて見た人は必ず驚いた。この広さが必要か否かに関係なく、購買意欲を刺激し、外観や内装も親しみやすいからヒット車になった。

 現行型は先代の特徴を継承しながら、内装の質、座り心地、静粛性、安全装備などを向上させ、乗り換え需要も膨大だから安定して売れている。

 ただしN-BOXの投入で、フィットやフリードなどホンダの小型車が売れゆきを下げた。今では国内で売られるホンダ車の33%がN-BOXだ。

 収益によくない影響を与えるため、ホンダカーズ(ホンダの販売店)からは「軽自動車の販売にはこれ以上力を入れず、小型車を積極的に売るよう指示されている」という声も聞かれる。

(画像ギャラリー)1位から15位でのモデルを画像で総チェック!

■プリウスとノートが登録車の1位を入れ替えた理由

 ノートはe-POWERを加えて2017年に売れゆきを伸ばしたが、登録車(小型/普通車)の順位はプリウスに次ぐ2位であった。

 しかし2018年はプリウスが対前年同期比で28%減って3位に下がり、1位にノート、2位にはアクアが繰り上がった。

2018年上半期新車販売トップもN-BOXだが、登録車の1位はノートだった

 2019年上半期はプリウスが再び盛り返し、対前年同期比が9.8%増えて登録車1位を奪回。プリウスは2018年12月に改良を行い、不評だった内外装を変更して、通信機能の追加なども行ったのが奏効した。

 またノートが対前年同期比で6.6%下がったことも影響している。デイズがフルモデルチェンジを行い、ノートの需要を奪った影響もある。

2019年上半期新車販売の登録車でのトップはプリウス。ノートから首位を奪還した

 ただしプリウスとノートの台数格差は半年間でわずか1734台だから、今後ノートが再び1位になる可能性もある。

■C-HRが対前年同期比で21.4%下がった理由は?

 C-HRは2016年末に登場して、2017年上半期に7万9303台を登録した。登録車の順位も、プリウスとノートに次ぐ3位だった。

トヨタ C-HR。2016年のデビュー直後は好調な売れゆきをみせていたが、今年上半期の販売は前年比を下回った

 ところが2018年上半期には半減して、2019年上半期はさらに21・4%減った。台数は3万2221台だから、2年前の約40%にとどまる。

 C-HRの販売が急落したのは、実用性よりもデザインなどの趣味性で選ばれるクルマだからだ。

 スポーツカーと同様、ユーザーは「欲しい!」と思えば、愛車の車検満了時期に関係なく即座に買う。従って発売直後は売れゆきを急増させ、その後は急落する。

 逆に実用重視の車種は、車検満了時期に乗り換えるから、新型車の販売は一気には伸びない。その代わり魅力的な車種は長く安定的に売れる。

 例えばN-BOXは先代(初代)モデルを2011年末に発売したが、軽自動車の販売1位になったのは2013年、今と同じ総合1位は2017年が最初であった。

■2019年上半期の国産車MVPは?

 注目車はタントだ。2019年7月に一新したから上半期はモデル末期だったが、割安な特別仕様車の「VS」を設定して、売れゆきを対前年同期比で11.2%増やした。

ダイハツ タント

 販売会社が自社で届け出して、中古車市場に放出した車両も相応に含まれるが、特別仕様車を含めてタントの人気は根強い。

 新型タントの開発者は「先代型が予想外に売れていて……」と複雑な表情であった。

(画像ギャラリー)1位から15位でのモデルを画像で総チェック!

*   *   *

■2019年下半期 上位にランクインしそうなのは?

(TEXT/遠藤 徹)

 登録車はカローラ、フィット、セレナ、フリード、ヴィッツの5車種がランクアップしそうだ。フルモデルチェンジは今年9月カローラ、11月フィット、2020年は2月ヴィッツ(ヤリス)が予定している。

ホンダ フィット(現行型)。今年はこれからカローラやフィットといった売れ筋モデルの新型が登場する予定。特にホンダは次期型フィットで登録車販売ナンバー1を狙っているはず

 マイナーチェンジは今年8月セレナ、10月フリードが実施する。フィットは登録車のトップ奪還を目指すに違いない。フリードはSUVテイスト仕様を加えるのでこれまた注目だ。

 軽自動車はタントとN-WGNがいずれも今年7月にフルモデルチェンジし、ヒットしそうな状況だから来年も上位浮上が濃厚となっている。

(画像ギャラリー)1位から15位でのモデルを画像で総チェック!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ