N-BOX、デイズら軽が4位まで独占!! 2019年上半期 国産車新車販売トップ30


■プリウスとノートが登録車の1位を入れ替えた理由

 ノートはe-POWERを加えて2017年に売れゆきを伸ばしたが、登録車(小型/普通車)の順位はプリウスに次ぐ2位であった。

 しかし2018年はプリウスが対前年同期比で28%減って3位に下がり、1位にノート、2位にはアクアが繰り上がった。

2018年上半期新車販売トップもN-BOXだが、登録車の1位はノートだった

 2019年上半期はプリウスが再び盛り返し、対前年同期比が9.8%増えて登録車1位を奪回。プリウスは2018年12月に改良を行い、不評だった内外装を変更して、通信機能の追加なども行ったのが奏効した。

 またノートが対前年同期比で6.6%下がったことも影響している。デイズがフルモデルチェンジを行い、ノートの需要を奪った影響もある。

2019年上半期新車販売の登録車でのトップはプリウス。ノートから首位を奪還した

 ただしプリウスとノートの台数格差は半年間でわずか1734台だから、今後ノートが再び1位になる可能性もある。

■C-HRが対前年同期比で21.4%下がった理由は?

 C-HRは2016年末に登場して、2017年上半期に7万9303台を登録した。登録車の順位も、プリウスとノートに次ぐ3位だった。

トヨタ C-HR。2016年のデビュー直後は好調な売れゆきをみせていたが、今年上半期の販売は前年比を下回った

 ところが2018年上半期には半減して、2019年上半期はさらに21・4%減った。台数は3万2221台だから、2年前の約40%にとどまる。

 C-HRの販売が急落したのは、実用性よりもデザインなどの趣味性で選ばれるクルマだからだ。

 スポーツカーと同様、ユーザーは「欲しい!」と思えば、愛車の車検満了時期に関係なく即座に買う。従って発売直後は売れゆきを急増させ、その後は急落する。

 逆に実用重視の車種は、車検満了時期に乗り換えるから、新型車の販売は一気には伸びない。その代わり魅力的な車種は長く安定的に売れる。

 例えばN-BOXは先代(初代)モデルを2011年末に発売したが、軽自動車の販売1位になったのは2013年、今と同じ総合1位は2017年が最初であった。

次ページは : ■2019年上半期の国産車MVPは?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ